テクノロジーニュース

ラドウェアがQuadrant Knowledge Solution社からボット管理市場の2020年度テクノロジーリーダーとして認定

プレスリリース配信元:日本ラドウェア株式会社

サイバーセキュリティおよびアプリケーション・デリバリ・ソリューションのリーディングプロバイダーであるラドウェア、Radware(R)(NASDAQ: RDWR)は、Quadrant Knowledge Solution(以下「クアドラント・ナレッジ・ソリューションズ」)の「SPARK Matrix」(以下「スパークマトリックス」)の最新レポート「スパークマトリックス:ボット管理 2020年版」において世界のボット管理市場における2020年度のテクノロジーリーダーとして認定されました。

本レポートでは、ラドウェアをはじめとする9社のベンダーの製品ポートフォリオ、テクノロジー戦略、市場での存在感、顧客価値提案を評価しています。スパークマトリックスは、市場でのサービス提供者の概要と、そのポジショニングを視覚的に把握することができます。テクノロジーの優位性や顧客への影響力など、様々なパフォーマンスパラメータを軸にして、参加しているベンダーの競合他社との関係をランク付けし、戦略的に分析しています。

今回の調査結果によると、利用可能なボット管理ツールの大半は、一般的に有害なボットを検知し、自動化されたボット攻撃を防止する基本的な機能を備えています。ただし、機能の幅と深度は、ベンダーのサービスによって異なります。競争が激化し、技術的な強みが異なるさまざまなソリューションが登場したことで、ボット管理ベンダーは競争力を保つために、製品や市場戦略、技術的な価値提案全体の改善にますます注目するようになってきています。

ボット管理ツールを評価する際の主な差別化要因には、攻撃検知技術の高度化、高度な人間型ボットの検知能力、新しいボットトレンドを捕捉する堅牢な脅威調査とインテリジェンス、攻撃防御の高度化、検知精度と拡張性、統合性と相互運用性、テクノロジービジョンとロードマップなどがあります。

ラドウェアは、ボット管理の革新的なリーディングプロバイダーに挙げられています。ラドウェアのボットマネージャーソリューションは、インテントベースの深層振る舞い分析、さまざまな非侵入型防御オプション、詳細な分析とレポート機能、ボットの集約型インテリジェンス、API上のボット攻撃検知を可能にする専用アルゴリズムなどを用いて、有害なボットから包括的に保護します。Webアプリケーション、モバイルアプリ、 APIなどのさまざまなチャネルで、悪意をもったボットに対して全方位にリアルタイム保護を行います。

さらに、KubernetesコンテナオーケストレーションやKafkaなどの最先端テクノロジーを活用して、ネットワークトラフィックのピーク時にも高いスケーラビリティを維持します。ラドウェアのボットマネージャーをすべての機能を備えたWebアプリケーションやAPI保護スイート、そしてクラウドセキュリティサービスと統合することで、アカウント乗っ取り攻撃、Webスクレイピング、DDoS攻撃、高度なマルウェアの拡散などのさまざまな脅威から企業を保護できます。

クアドラント・ナレッジ・ソリューションズのアナリスト、サチン・バイラジダ(Sachin Birajdar)は次のように述べています。

「ラドウェアは、Webアプリケーション、モバイルアプリ、APIに対する自動化された脅威から企業を守る強固なセキュリティを提供しています。緻密なインテント分析のための振る舞いモデリング、ボットの集約型インテリジェンス、そしてブラウザ、アプリ、マシンのフィンガープリンティングを統合することで、すべてのプラットフォームで正確なボット管理が行えます。ラドウェアのボットマネージャーソリューションは、アカウント乗っ取り、ギフトカード詐欺、アプリケーションDoS攻撃、価格スクレイピング、コンテンツスクレイピング、デジタル広告詐欺、分析結果の改変、フォームスパムなど、さまざまな脅威からユーザーを保護します。卓越したテクノロジーと顧客への影響力というパラメータにおいて、全体的に優れたパフォーマンスを発揮するラドウェアは、世界のボット管理市場において、2020年度のテクノロジーリーダーとなりました」

ラドウェアでボット管理部門の責任者を務めるパバン・ジャジャ(Pavan Thatha)は、次のように述べています。「クアドラント・ナレッジ・ソリューションズが実施したグローバルなボット管理市場調査で、2020年度のテクノロジーリーダーに選出されたことを誇りに思います。チームとして長年にわたりボット管理と広範なサイバーセキュリティ市場で培ってきた革新的かつ専門的な努力が評価されました。パートナーやお客様がラドウェアに寄せていただいた信頼の賜だと思っています」

アジア太平洋地域セールス担当バイス・プレジデント ヤニヴ・ホフマンは次のように述べています。「ラドウェアがボットマネージャーソリューションの「テクノロジーリーダー」として認定されたことは大変光栄です。業界をリードするラドウェアの持つ最高の技術により、これからもさまざまなサイバー攻撃から企業を包括的に保護していきます」

ラドウェアについて

ラドウェア(R) (NASDAQ:RDWR) は、物理、クラウド、およびソフトウェアで定義されたデータセンター向けのサイバーセキュリティおよびアプリケーションデリバリーソリューションのグローバルリーダーです。受賞歴のある同社のソリューションポートフォリオは、インフラストラクチャ、アプリケーション、ビジネスのIT保護ならびに可用性のサービスを提供し、デジタル体験を守ります。ラドウェアのソリューションは、世界中の企業や通信事業者の速やかな市場課題への対応、事業継続性の維持、コスト削減、生産性の最大化に貢献しています。詳細については、日本ラドウェア株式会社https://jp.radware.com/ならびにwww.radware.com をご覧ください。セキュリティセンターのDDoSWarriors.comでは、DDoS攻撃ツール、トレンド、脅威に関する包括的な分析を提供しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button