テクノロジーニュース

滋賀大学の田中氏らが語る「産学連携のデータサイエンスプロジェクト」:THE AI powered by 日本HPセッション紹介

AIの開発やコンサルティング、国内最大級のAI専門メディア「Ledge.ai」を運営する株式会社レッジは、オンラインカンファレンス「THE AI powered by 日本HP」を2021年1月18日(月)から開催中です。

THE AIは最新事例を交えながら、ビジネスにおけるAI活用の第一歩、その次の一歩を知るカンファレンスです。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で「ニューノーマル時代」と呼ばれる現在、新たな生活様式が根づき始めています。昨今の第三次AIブームの最中でも、外的な環境変化により、AI活用の環境は著しく変化しており、この先の予測できない激しい社会変化に対して適応し生存できるのか、不安を抱えている方も多いと思います。

本カンファレンスはそんな方々に向け、長年グローバルで愛用されるオンプレ環境を提供する株式会社日本HPに全面協力いただき、「ニューノーマル時代におけるAI業界のメガトレンド」をテーマに、昨今の時代変化に合わせてどのようにビジネスを考え、2021年以降の日本でどのようにAI開発に取り組むべきかを考えるカンファレンスです。

参加費は無料です。

本稿では、滋賀大学 滋賀大学経済学部・教授の田中 勝也氏と株式会社ドコモ・インサイトマーケティング エリアマーケティング部の田村 隆太郎による「産学連携のデータサイエンスプロジェクト」や、株式会社オプティム マネージャーの増田 圭介氏による「デジタルシフト with /After コロナのAI活用」など、オススメのウェビナーをご紹介いたします。

産学連携のデータサイエンスプロジェクト

登壇者紹介


滋賀大学 滋賀大学経済学部・教授
田中 勝也

オレゴン州立大学Ph.D. 専門は環境経済学/空間計量経済学。滋賀大学では経済学部・データサイエンス学部の両方で講義とゼミを開講。持続可能な地域社会の実現に不可欠な3条件(地域活性化・生態系保全・災害リスク軽減)について、モバイル空間統計などのビッグデータ解析による政策研究に産学連携体制で取り組む。関連論文・国際共同研究多数。


株式会社ドコモ・インサイトマーケティング エリアマーケティング部
田村 隆太郎

2014年にNTTドコモに入社後、R&Dセンターにてトラヒックデータ分析及び統合分析基盤の構築/運用業務に従事。2017年よりインテージとドコモの合弁会社である、ドコモ・インサイトマーケティングに出向中。データアナリストとしてモバイル空間統計を主とした位置情報サービスの分析/開発を担当し、アカデミック/公共/民間の様々な分野でのデータ活用を進めている。

セッション紹介

滋賀大学のデータサイエンスに関する知見、ドコモ・インサイトマーケティングの持つモバイル空間統計のビッグデータ、そして日本HPの提供するワークステーションが組み合わさって取り組みが進められている産学連携プロジェクト。その裏側を紐解きながら、これからのビジネスに必要なデータサイエンスや、データサイエンティストに求められること、データサイエンスの環境についてディスカッションします。

検査の自動化・省人化を実現!AI外観検査ソリューション「WisSight」ご紹介

登壇者紹介


パナソニックソリューションテクノロジー株式会社 AI & ICTソリューション事業部 営業SE部 営業SE課 主事
矢島 博

製造業向け「AI画像認識・外観検査ソリューション」の営業SEを担当。ソフトウェア開発、情報セキュリティ啓蒙、ITインフラ構築、と幅広い現場SE経験を活かし、常に現場目線でのAI画像認識システムの提案・導入・AI学習トレーニングを手掛けている。趣味はカメラ。日々、学習用画像収集をライフワークにしている。

セッション紹介

AI知識不要、誰でも簡単にAIモデルを作成できる「WisSight(ウィズサイト)」をご紹介します。Windowsベースのユーザーインターフェイスで、初めての方でもAIモデルを簡単に作成でき、現場に素早く導入することが可能です。製造現場を知り尽くしたパナソニックの技術者が、「AIモデルの作成」から「検査システムの現場導入や導入後のサポート」まで手厚くサポートいたします。

デジタルシフト with /After コロナのAI活用

登壇者紹介


株式会社オプティム マネージャー
増田 圭介

前職IoT関連企業にて、IoT Platform等のコンサルティングセールス、マーケティング及び営業企画を経験。現職では、AI画像解析ソリューション「OPTiM AI Camera」のプロダクトセールスを担当主に販売戦略の立案、新規パートナーの発掘、パートナー支援業務に従事。

セッション紹介

世界的に猛威を振るっている新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によって、自治体・企業・個人にデジタルシフトが加速しています。Withコロナ時代に求められる「足元のWithコロナの活用事例」と「中長期的なAfterコロナでのAI活用の未来」をご紹介いたします。

複雑系科学とAI / DX用ブリッジAIシステム / 文字認識と文書のデジタル化

登壇者紹介


名古屋大学 名古屋大学大学院情報学研究科複雑系科学専攻/教授
時田 恵一郎

1994年東京大学大学院理学系研究科相関理化学専攻博士後期課程修了・博士(理学)1994年大阪大学理学部助手,2000年大阪大学サイバーメディアセンター助教授,ハーバード大学客員研究員などを経て,2013年より現職.複雑系,特にニューラルネットワーク,生体高分子,生態系などの大規模生物システムに対する理論物理学的解析を専門としている.


モビラス株式会社 代表取締役
宮田 明

1981年 名古屋大学 機械工学科卒業。同年 住友重機械株式会社建機事業部生産技術課入社。1989年 日本デジタルイクイップメント株式会社入社。1998年 日本SGI株式会社入社。2000年 デジタル・ボックス株式会社設立。2011年 Mobilous Inc., (米国)設立。2012年 モビラス株式会社設立

セッション紹介

セッションの前半では名古屋大学 教授の時田恵一郎氏による、ニューラルネットワークを含む「複雑系物理学」について事例を交えながら詳しくお話しいただきます。また、セッションの後半では、モビラス株式会社の宮田代表より、文書のデジタル化に関するシステムのご紹介を行っていただきます。

ニューノーマル時代における内視鏡AIの社会実装に向けて

登壇者紹介


株式会社AIメディカルサービス 製品開発部門 ディビジョンマネージャー
伊與田 正晃

2007年早稲田大学理工学研究科卒、在学中にトロント大学院へ1年間留学、AR・画像処理・認知科学、など幅広く研究、 卒業後は、警備会社のSECOMにて、ソフトウェアエンジニアとして主に画像監視関連の製品開発プロジェクトに携わる。 2018年AIメディカルサービスにジョインし、現在は製品開発部門長として、内視鏡AIシステム開発をリード

セッション紹介

AIメディカルサービスでは、日本はもちろんとして全世界における消化管のがん早期発見に貢献し”がん見逃しゼロ”を実現すべく、協力医療機関から良質な内視鏡動画像を収集し、専門医の手により作成された教師データをAIに学習させることで、早期がんを検出・鑑別するAIソフトウェアを開発しています。今回のTheAIでは、ニューノーマル時代における医療AI・内視鏡AIの最新動向に触れながら、弊社のAI社会実装に向けた取り組みについて紹介させていただきます。

NVIDIA、SONY、ABEJA、ウェザーニューズ、JDLA、オプティムなど

そのほか、本カンファレンスでは、日本HPをはじめ、NVIDIA、SONY、ABEJA、ウェザーニューズ、JDLA、オプティムなどのAI活用の最先端で活躍されている有識者を集め、セッションを実施していただきます。セッション内容は下記のTHE AI powered by日本HP 特設サイトからご確認ください。




クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button