テクノロジーニュース

お客様満足度向上を目的に、テクノロジープラットフォーム「Qualtrics CustomerXM」を導入:ドリームニュース – Miyanichi e-press

お客様満足度向上を目的に、テクノロジープラットフォーム「Qualtrics CustomerXM」を導入

2021/01/19 11:00

【ドリームニュース】https://www.dreamnews.jp/press/0000229730/

「未来のくらし 楽しく シンプルに」をコーポレートスローガンに掲げ、注文住宅から不動産事業まで、より良い住まいに関するサービスを提供するオールハウス株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、代表取締役:原田 尚明、以下:オールハウス) は、お客様満足度の向上のため、2021年1月12日にクアルトリクス合同会社(米国クアルトリクスの日本法人本社:東京都千代田区、カントリーマネージャー:熊代 悟、以下 クアルトリクス)が提供するテクノロジープラットフォーム「Qualtrics CustomerXM(以下:クアルトリクス)」を導入しました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000229730&id=bodyimage1】

クアルトリクスは、お客様や企業・組織のエクスペリエンス・データ (X-data)の収集から管理・分析、およびそのデータに基づくアクションに至るまでを同じプラットフォームで運用を行うテクノロジープラットフォームです。100種類を超える設問タイプ、博士号を持つ調査科学研究者が設計した組込済みの調査テンプレートを利用して、数分で顧客アンケートを作成することができます。アンケートを通じて集められた顧客体験のデータを分析し、全体的な顧客満足度のリアルタイムな測定、ビジネス上の決定に影響を与えるインサイトの取得ができるようになります。

▼qualtrics公式サイト
https://www.qualtrics.com/jp/

オールハウスでは従来から業務効率化、サービスの質の向上、お客様満足度向上といった取り組みの一環として、デジタルツールの活用を推進してきました。しかし、従来の手法ではお客様満足度をリアルタイムで把握するという面で課題があり、改善を行っていくことが困難でした。

Bain & Company社の調べによると、企業のCEOが顧客に対し最高のエクスペリエンスを提供していると回答した割合は80%。それに対し、顧客が最高な体験をしたと回答した割合は8%といった結果が出ています。このように企業と顧客間ではサービスに対する満足度のギャップがあります。

オールハウスは企業と顧客間での満足度のギャップを埋めるため積極的にお客様の声を収集し可視化した上で、分析と改善を行っていく必要があると考えクアルトリクスの導入を決定しました。

クアルトリクスの導入でお客様満足度に影響を与える要因をサーベイ調査の結果から理解し、改善アクションの実行を日々の業務として行うことが可能となります。オールハウスでは今後積極的にお客様の声を元にサービスの改善を行い、お客様満足度の向上とサービスの質の向上を目指します。

【クアルトリクス合同会社概要】
会社名:クアルトリクス合同会社 / Qualtrics Japan LLC
カントリーマネージャー:熊代 悟
所在地:東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビルディング 9階
TEL:03-4520-0520 (代表)
事業内容:日本におけるクアルトリクス 製品の販売・サポート・導入支援
企業や組織向けアンケート調査のプラットフォームの提供4つの重要なエクスペリエンス
(顧客・従業員・製品・ブランド)データの分析のクラウドプラットフォームの提供

本社:(米国) クアルトリクス / Qualtrics LLC
本社所在地:米国ユタ州プロボ
代表者:共同創設者&会長 ライアン・スミス
URL:https://www.qualtrics.com/jp/

【オールハウス会社概要】
会社名:オールハウス株式会社
代表取締役社長:原田 尚明
所在地:広島県安芸郡府中町八幡1-4-23
TEL:082-890-1002
FAX:082-890-1003
URL:https://www.allhouse.co.jp/
事業内容:注文住宅・不動産売買・不動産賃貸・リフォーム・賃貸管理

配信元企業:オールハウス株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ



クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button