テクノロジーニュース

激動の一年を象徴するYouTubeの勢力図 2020年「国内トレンド動画ランキング」 – KAI-YOU.net

YouTubeが音楽を除く2020年の「国内トップトレンド動画ランキング」を公開。

本ランキングは純粋な再生数ランキングではない

2020年にYouTubeに投稿された動画(音楽関連動画を除く)の中から、再生、シェアや評価の数等をもとに様々な要素で選出されているという。

また、あわせて2020年の一年間で「チャンネル登録者数を伸ばしたチャンネルランキング」を公開。

全体ランキングと、芸能界やスポーツ界などで活動する著名人のチャンネルを除いた部門(生粋の配信者と考えていいだろう)の2つを発表した。

2020年の「国内トップトレンド動画ランキング」(音楽を除く)

1位は、都知事にコロナ対策をわかりやすく取材して反響を呼んだHIKAKINさんの動画(関連記事)。

また、自宅ですごす時間の増加に伴って自室でできるフィットネス動画が人気を集めた。2位にはひなちゃんねるの足痩せトレーニング動画、5位にはHIKAKINさんらを擁する大手事務所UUUM所属の竹脇まりなさんの飛ばない脂肪燃焼ダンス動画などがランクイン。

3位には、2019年にも同ランキングで1位にランクインしたフィッシャーズから鬼ごっこ動画が。なお、彼らもUUUM所属。多数の人気YouTuberを抱えるUUUMの存在感は健在だ。

6位に俳優の佐藤健さん、8位にEXILEのATSUSHIさん(11月をもってEXILEを卒業)、10位に声優の杉田智和さんといった著名人の動画もランクインしている。

また、日本のヒップホップシーンに挑戦状を叩きつけ、大きなムーブメントを呼んだブライアンさんによるラップ動画も9位に(関連記事)。


2020年の一年間でチャンネル登録者数を伸ばしたチャンネルランキング

全体チャンネル部門

コロナ禍により激動の一年となった2020年。

この一年間でチャンネル登録者数を伸ばしたチャンネルランキング(全体チャンネル部門)は、やはりコロナ禍の影響もあって続々とYouTubeチャンネルを開設した著名人の求心力の高さを、雄弁に物語っていると言えるだろう。

1位に輝いたお笑い芸人の江頭2:50さんはじめ、佐藤健さんや女優の川口春奈さん、乃木坂46を卒業した白石麻衣さんらのチャンネルが並ぶ。

数少ない例外として、3位には宅トレ系YouTuber・竹脇まりなさん、10位にはGROVE所属の男女コンビYouTuber・パパラピーズが食い込んでいる。

順位 チャンネル
1位 エガちゃんねる EGA-CHANNEL
2位 佐藤 健 / Satoh Takeru
3位 Marina Takewaki
4位 手越祐也チャンネル
5位 貴ちゃんねるず
6位 中田敦彦のYouTube大学 – NAKATA UNIVERSITY
7位 宮迫ですッ!【宮迫博之】
8位 川口春奈オフィシャル はーちゃんねる
9位 my channel【白石麻衣 公式】
10位 パパラピーズ

芸能界やスポーツ界などで活動する方のチャンネルを除いた部門

芸能界やスポーツ界などで活動する著名人を除いた部門では、やはり竹脇まりなさんが1位、パパラピーズが2位に。

そして、SNSなどでバズレシピが大きな反響を呼んでいる料理研究家リュウジさんやIT知識を解説する金子晃之さん、カップルクリエイター・夜のひと笑いといった動画クリエイターらが出揃っている。

順位 チャンネル
1位 Marina Takewaki
2位 パパラピーズ
3位 料理研究家リュウジのバズレシピ
4位 はじめまして松尾です
5位 SAWAYAN GAMES / サワヤン ゲームズ
6位 オガトレ
7位 金子晃之
8位 Yuki Nakagawa
9位 夜のひと笑い
10位 ズボラストレッチ

1987年生まれ。ポップポータルメディア「KAI-YOU.net」編集長/株式会社カイユウ取締役副社長 。ポップリサーチャーとして、アニメ、マンガ、音楽、ネットカルチャーを中心に、雑誌編集からイベントの企画・運営など「メディア」を横断しながらポップを探求中。

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button