テクノロジーニュース

ニッポンはエライ! いまや世界中に広まった「世界初」の自動車技術4つ | 自動車情報・ニュース WEB CARTOP

ニッポンはエライ! いまや世界中に広まった「世界初」の自動車技術4つ

ドアミラー後進国から世界初の電動格納ドアミラーが生まれた!

 自動車の誕生には諸説ある。18世紀にフランスで誕生した蒸気自動車が世界初といえるし、現在の自動車のルーツとなるのは19世紀にカール・ベンツがパテントを取った原動機付の三輪車とも言われている。また、量産という点では20世紀初頭にフォードによるライン生産のスタートが歴史に名を残している。いずれにしても、自動車産業において日本は後進国といえる。

 とはいえ日本の自動車メーカーは、海外メーカーの後追いをしてきたわけではない。とくに1980年代以降は世界初の技術を連発していた時期がある。世界初という部分にこだわりすぎて本末転倒といえるテクノロジーも生まれたが、その後世界のトレンドを変え、定番になった機能を生み出したことも少なくない。ここでは硬軟織り交ぜ、定番になった日本生まれの技術4選をお伝えしよう。

1)電動格納ドアミラー

 まず、最初に紹介するのが「電動格納ドアミラー」。そもそもでいえば1983年まで日本ではドアミラーが禁止されていて、ドアミラー後進国だった。ドアミラーは輸入車だけの装備と認識される時代もあったのだ。しかし、ドアミラーが解禁された翌年の1984年には、はやくも世界初の装備として電動格納ドアミラーが誕生した(日産ローレル)。その電動格納機能は、いまや世界の常識的な装備となっていることに異論はないだろう。

1984年に登場した日産ローレル画像はこちら

 ちなみに、これから増えてきそうなカメラとディスプレイを使った電子ミラーも量産世界初採用はレクサスESと日本車だった。さらにホンダの電気自動車Honda eは電子ミラーだけの設定として誕生した。はたして電子ミラーの時代になっても日本車がトレンドを生み出していくのだろうか。

Honda eの電子ミラー画像はこちら

2)カーナビゲーション

 そうした電装系アイテムでいえば、日本発で世界のクルマ社会を変えてしまったのが「カーナビゲーション」だろう。世界初のカーナビは、ホンダが1981年に実現したものだった。とはいえ、当時の地図データはフィルムに印刷されたもので、それをブラウン管ディスプレイの前に差し込んで自車位置を示すというもの。

1981年に登場した世界初のホンダのカーナビ画像はこちら

 その後、1990年にマツダのフラッグシップ、ユーノス・コスモに世界初のGPSを利用したカーナビが設定されるなど、このカテゴリーにおいては日本車が世界をリードし続けた。ちなみに、ホンダの世界初カーナビゲーションシステムは、電気・電子の分野において達成された画期的なイノベーションとして『IEEEマイルストーン』に選ばれている。それほど世界を変えた技術というわけだ。

1990年に登場したマツダ・ユーノスコスモのフロントスタイリング画像はこちら

NEXT PAGE 目に見えない技術も登場した!

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button