テクノロジーニュース

コリアーズ Colliers 発_不動産マーケット最新トレンド「通いたくなるオフィス、人を惹きつけるだけの魅力が重要」適正規模化 再設計 再構築を_レポート全文紹介 | tokyo chips

不動産マーケットの最新トレンドは「通いたくなるオフィス」―――そんなレポートが、カナダに拠点をおく世界有数の商業用不動産サービス企業、コリアーズ(Colliers)から発信された。

その気になるトピックスをまとめると↓↓↓

オフィスの緊急課題「オフィス回帰が困難」

2020年のリモートワーク移行よりも、オフィス回帰のほうがはるかに困難。

フルタイムのオフィス勤務に同意する人は、10人に1人という少なさ。多くはリモートワークとの組み合せを希望している。

人材、テクノロジー、変革、気候変動…対応と透明性

「社員はオフィスに来ることで仕事とプライベートの両方に満足できるのか?」

「オフィスのコラボレーションは十分な成果を上げているか?」

「オフィス文化はポジティブな影響を及ぼしているか?」

「テクノロジープラットフォームは利便性を高め、生産性を向上させているか?」

どこで、週に何日働きたいか、オフィスにいるときに何が重要か……など、「未来に向けたオフィスの適正規模化、再設計、再構築」を行うべきとコリアーズは考える。

やはり、イノベーション、知識の共有、アイデアの創出を促進には、対面式が重要。

たとえば部門を超えた製品革新、若手をオフィスに惹きつけるメンタリング、社会的なスキルや専門的なスキルのトレーニングなどでも、対面式が重要と唱える。

きょうは、あしたは、どんな勤務形態か

リモートワークは今後も続く。

要は、自宅から人を惹きつけるだけの魅力を備えたオフィスなのかが問題であり、オフィスとは、その時間である。

ワークプレイス起点で仕事をデザインすれば、従業員はより多くの選択肢、フレキシビリティ、充実感を感じることができ、会社に貢献できる。

―――ということで、「詳細が気になる」という人に、コリアーズ(Colliers)発 最新レポート全文を紹介↓↓↓

直面しているオフィスの緊急課題

今日のCEOの最重要課題は何でしょうか? 人材、テクノロジー、変革、気候変動への対応とその透明性、そしてその核となるのは今日、そして明日のワークプレイスです。

オフィスは持続可能でデジタルな未来を実現するものとして、より大きな意味を持つようになりました。ワークプレイスは、優秀な人材を獲得するための熾烈な競争を勝ち抜くための基本であると同時に、今日の最も差し迫った課題のひとつである「オフィス回帰」を解決するためのものでもあります。

実際、コロナ禍の深刻な結果として、2020年に起きたリモートワークへの移行よりも、人々をオフィスに呼び戻すことがはるかに困難であることがわかってきています。

人々は雇用主のオフィスワークへの回帰に異議を唱え、10人に1人だけがフルタイムのオフィス勤務に同意し、大多数はオフィス勤務とリモートワークの組み合わせを選択し、激しい賃上げ圧力をあおっているのです。

従業員は、リーダー、同僚、そして目的に対するより有意義なつながりを求めています。

数十年ぶりのインフレと金利の高騰に加え、スキル不足、地政学的・環境的な懸念の高まりに直面し、企業は困惑しています。

その結果、多くのリーダーが、ワークプレイス戦略を後回しにし、様子見に終始しているのではないでしょうか。これは間違いなく、良い考えとは言えません。

長期的な視野に立ち、ワークプレイス戦略の成熟度を再評価し、大きく進化した競争環境に対する自社の立ち位置を理解し、不動産がビジネス全体に与える影響を最適化するための戦略的措置を講じることは、企業にとって極めて重要なことなのです。

いまこそ、不動産ポートフォリオのバランスを見直し、ワークプレイス戦略を活性化させ、雲行きが怪しくなってきたときに望ましくない状況を回避できるように、独自のオフィス体験を実現するための準備を整えるべきときです。

ポートフォリオのバランス調整

オフィスは新しい仕事の世界に合わせて再構築される必要があります。課題は、どの程度のサイズに変更するのか、ダウンサイジングするのか、アップサイジングするのかを見極め、適切なポートフォリオのバランスを見出すことです。

万能の解決策はありませんが、フレックス制を導入することで、多くの社員がハイブリッドワークのカードを手にすることができます。

そのため、ビジネス上のニーズに応じて、Flex and CoreTM、ハブ・アンド・スポーク、デジタルキャンパス、管理オフィス、あるいはリバースフレックス(フレキシブルワークスペース運営会社と提携して未使用のスペースを再利用)などを選択することができます。

どのようなモデルであれ、各拠点のフレキシビリティの可能性を理解することは、ポートフォリオの俊敏性を高めるために不可欠なことです。

「フレキシビリティの可能性を測定することは、拠点間のフレックスワークの機会を特定するための最初のステップです。これは、コストを最適化し、不確実な時代を乗り切るために中核的な資産を戦術的に拡大または縮小する能力を構築するのに役立ちます。

最適な方法は、データ駆動型のアプローチをとることです。定量的および定性的なデータポイントを組み合わせて、各ロケーションのフレックス制ランキングを導き出すのです」と話すのは、オーストラリアのオキュパイアーサービスのマネージングディレクターである Doug Henry 氏。

ポートフォリオのバランスは、社員がどこで働きたいか、週に何日働きたいか、オフィスにいるときに何が重要か、といった基本的な詳細にも左右されます。長期的な人員予測に基づいた稼働率の管理は、最も重要なことです。

しかし、現実はさまざまであり、その利用率の低さは依然として重要な問題です。

「私たちは、考え方の変化と適応の遅れをめぐる根強い問題を目の当たりにしています。企業はハイブリッドやアクティビティベースのワークモデルを早急に導入することに賛成していますが、従来の経営陣はオフィスを手放すことに抵抗があるようです。

そのため、従業員もそのスペースにしがみつ いているのです。未来に向けたオフィスの適正規模化、再設計、再構築を行うべきです」 とアジアのワークプレイス・アドバイザリーディレクター Shona Tay は述べています。

「データ、テクノロジー、分析を統合し、オフィスポートフォリオのパフォーマンスを向上させること。

また、収集したデータがどのように不動産方程式のさらなる節約につながるか、ポートフォリオの権利化がESG目標に向けてどのように貢献できるか、といった疑問を分析すること。

企業はこの時期を利用して、これらでトップに立つ必要があります」(オキュパイアーサービス マネージング・ディレクター/オーストラリア)

―――コスト、事業環境、リスクを考慮した上で、計画的かつ戦略的にポートフォリオを最適化することで、企業は必要な投資や拡張のための資金を確保し、収益、利益、効率を最大化することができます。

ワークプレイス戦略の見直し

ワークプレイス戦略は、物理的なデザイン、技術的なツールやインフラを超えた見直しが必要です。

「今日のワークプレイスは、会社のビジョン、ミッション、目的に沿って構築され、従業員のエンゲージメントを向上させ、新しい体験を呼び起こす、向上心に満ちたものでなければなりません。

オフィスがどのようなものでなければならず、どのように価値を生み出すことができるかは、リーダーシップのスタイルや文化、オフィスで達成したいこと、従業員の福利厚生、そしてより大きなESG目標によって決まります」(Abhishek Bajpai オキュパイアーサービス マネージングディレクター/アジア)

「企業は、従業員それぞれのニーズ、仕事の習慣や好み、1日の過ごし方などを理解するために時間とお金を投資する必要があります。そうして初めて、従業員の真のニーズに応えるオフィスを設計することができるのです」と話すのは、シンガポールのエンタープライズ・クライアントの責任者 Chloe Teo 。

―――結局のところ、今日、従業員は企業にとって最大の資産であり、顧客よりも、株主よりも3倍以上重要なステークホルダーなのです。エデルマンの2021年版レポートでは、従業員の5人に4人が、雇用主が社会的課題に取り組むことを期待していることも明らかにされています。

このような緊急性は、ESG主導のワークプレイス戦略が、信頼の構築、競争優位の創出、そして価値主導のエンゲージメントを実現するために不可欠であることを示しています。

今日、イノベーション、知識の共有、アイデアの創出を促進するために、コミュニティの中で対面式のコラボレーションを行うことが重要視されています。

コリアーズのアジアにおけるオキュパイアー・ストラテジー部門の責任者 Amit Oberoi はこう語る。

「オフィス環境で最もよく機能するものがあります。例えば、異なるチームが全体的に集まって製品革新を行うなどです。特に、若手社員をオフィスに惹きつけるためには、メンタリングが重要です。

また、技術的なスキルアップは遠隔でも可能ですが、社会的なスキルや専門的なスキルのトレーニングは共同作業環境で行うのがベストです。ワークプレイス戦略におけるこれらの側面はエンゲージメントとエンパワーメントの強化に不可欠であり、オフィス復帰を効果的に推進するものです」

人事政策が職場にどのような影響を与えるかも同様に重要です。例えば、新入社員は入社後すぐに職場の一員となる必要があります。

また、給与や特典とオフィスでの勤務状況とを関連付けるなど、報酬の決定には透明性が求められます。

ユニークなエクスペリエンスのための再構築、重要な課題

エクスペリエンスは採用、人材確保、生産性、文化、モチベー ション、コラボレーション、コミュニティなど仕事のあらゆる側面に関わるものです 。

ワークプレイスエクスペリエンス(WX)とは、人間主導のアプローチでワークフォースとワークプレイス(物理的、デジタル的)の間に正しい公式を設定することです。

静かな空間から、コラボレーションやソーシャルな空間まで、WX はさまざまな空間をつくり出し、かつ簡単に再構成できるようにしなければなりません。重要な課題は以下の通りです。

社員はオフィスに来ることで仕事とプライベートの両方に満足することができるのか?

オフィスでのコラボレーションは十分な成果を上げているのか?

オフィス文化はポジティブな影響を及ぼしているか?

テクノロジープラットフォームは利便性を高め、生産性を向上させているか?

―――そのアプローチは、利便性、充実感、幸福感、目的、デザインといった主要なプルファクターを中心に、戦略的に WX を構築することでしょう。

「オフィスは、私たちが家を出るときから始まって、帰ってくるまでの時間です。私たちはこのことをしばしば忘れがちで、それがオフィスに戻ることに大きな抵抗があることの一因になっています。

今日、チームの分散化は容認されていますが、オフィスは1つの場所に統合されることはなく、リモートワークは今後も続くでしょう。WXは、自宅から人を惹きつけるだけの魅力を備えているかどうかが問題なのです」(Amit Oberoi オキュパイアー・ストラテジー部門責任者/アジア)

無料食事券や食券、高額な交通費支給、過去最大規模の健康補助金など、企業は社員をオフィスに呼び込むためにあらゆる手を尽くしています。

また、通常のオフィスワークの中に気候変動対策を組み込むことも、企業が取っている方法のひとつです。

今後数年間は、包括性を実現し、ESGの評価を高める技術が注目されるでしょう。例えば、座席予約アプリは、ビル管理システムとの連携を強化し、コストとカーボンフットプリントを削減する方向へ移行しています。

最終的には、ワークプレイスを中心に仕事をデザインすることで、従業員により多くの選択肢、フレキシビリティ、充実感を与え、会社の目標に軸足を置き続けることを可能にするのです。

(以上、コリアーズ(Colliers)発 最新レポート全文)


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button