テクノロジーニュース

メンタートークライブvol.2「共に生きるためのテクノロジー」緒方壽人/市川文子/田村大



本企画は神戸市主催のイノベーション創出プログラム「プロジェクト・エングローブ」の開講に際して行う、プログラムのメンターとファシリテーターよるトークライブです。フロンティアラボのメンターがプロジェクトの統括ディレクターとディスカッションする全4回のライブを行います。

第2回目のゲストは、Takramのディレクターで、デザインエンジニアの緒方壽人さん。緒方さんは、東大工学部からIAMAS、LEADING EDGE DESIGNを経てTakramに参加。月面探査車の意匠コンセプトから、メーカーの製品開発、ショップや展覧会のディレクションまで、デザイン、エンジニアリング、アート、サイエンスを行き来し領域横断的に活動してこられました。今年2021年の5月に『コンヴィヴィアル・テクノロジー–人間とテクノロジーが共に生きる社会へ–』を出版しています。

第2回のテーマは「共に生きるためのテクノロジー」
7/19(月)18:00-18:45 (zoom配信)
聞き手は「プロジェクト・エングローブ」の企画運営を行うリ・パブリックの共同代表の田村大と市川文子です。45分間の濃密なトークライブをお楽しみください!

ソース

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button