テクノロジーニュース

祈り×伝統芸能×最新テクノロジーによる新プロジェクト 【meme nippon project】始動 ~7月16日・17日、薬師寺で特別なプログラムを披露~ | 株式会社ドワンゴ

株式会社ドワンゴ

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:夏野剛)は、2022年6月1日(水)、祈り✕伝統芸能✕最新テクノロジーによる新プロジェクト「meme nippon project(ミームニッポンプロジェクト)」( https://meme-nippon-project.jp/ )を始動します。プロジェクト第1弾として「第一章『薬師寺ひかり響夜 – inori -』~歌舞伎と灯りと響きの夕べ~」を、2022年7月16日(土)・17日(日)に、世界遺産薬師寺を舞台に開催します。

media

【2022年7月、第一章「薬師寺ひかり響夜 – inori -」~歌舞伎と灯りと響きの夕べ~を開催】

「meme nippon project」は、“不確実”なこの時代だからこそ、日本の文化の中に息づく遺伝子・美意識を目に見えるかたちで表して皆さまにお伝えすることで、「平和」「安寧」といった和の精神をあらためて感じていただき、紡がれる文化の遺伝子を次世代につなげていきたいと願い、立ち上げることとなりました。
 プロジェクト第一章では、世界遺産であり、約1300年の間1日も欠かさず「祈り」を続けている薬師寺を舞台に、メイドインジャパンを伏線とした日本の一線級の演者・アーティスト・クリエイターを集め、デジタル技術を駆使した共鳴創作を発表します。
 大講堂では、主演を中村獅童、演出・振付を藤間勘十郎が務め、WOW( https://www.w0w.co.jp/ )の映像演出による新作歌舞伎舞踊を、また食堂(じきどう)では、サウンドアーティストevala( https://evala.jp/)が主宰するSee by Your Earsによる新作インスタレーションを開催。声明、プロジェクションマッピング、サウンドアート、そして歌舞伎舞踊が織りなす幽幻郷を創りあげます。いまこの時代だからこそ、ここ日本から「平和」「安寧」を 和の精神に重ね合わせ表現します。アーティスティックディレクターにJTQ谷川じゅんじ( http://jtq.jp/ )、総合プロデューサーをドワンゴ横澤大輔が務めます。ジャンルを超えた創作者の協演により、日本の美意識を集大した「祈りの空間」を創造します。
 本イベントのチケットは、クラウドファンディングの返礼品として販売します。後日プレイガイド各社でのチケット販売も予定しています。

●発起人 中村獅童からのメッセージ
新型コロナウイルス感染症の流行や、争いの絶えない世界情勢と、心穏やかでない出来事が続いております。そんな中、歌舞伎をはじめとするエンタテインメントに携わる身としてできることは何かと考えていた折に、病気平癒を願って建立された歴史深い薬師寺にて、歌舞伎舞踊を奉納させて頂く機会に恵まれました。薬師寺の特別拝観や灯篭の献灯という形で、お客様にもご参加頂くことで、共に平和・安寧の「祈り」を捧げることができましたら幸いです。

プログラムについて

-共創響演(大講堂前)
薬師寺僧侶による声明から始まり、大講堂を彩るプロジェクションマッピング、新作歌舞伎舞踊『瑠璃光』の特別プログラムを披露します。
-共振空間(食堂)
サウンドアーティストevalaによる音と光のインスタレーション。立体音響に全身をつつまれながら、おぼろげに仏画と光が立ち現れる、幻想的な時空間をつくりだします。

media

-祈りの献灯
「平和」「安寧」を願い、参加者がメッセージを書き込んだカップ灯篭と、
薬師寺の灯篭を灯し、薬師寺の夜空を、祈りのあかりで照らします。
-薬師寺特別拝観 阿弥陀三尊浄土図 (田渕俊夫画伯筆) 大唐西域壁画 (平山郁
夫画伯筆)

薬師寺に奉納されている普段は見られない壁画を特別に公開します。

イベント概要

【名 称】meme nippon project 第一章「薬師寺ひかり響夜 – inori -」~歌舞伎と灯りと響きの夕べ~
【開催日】2022年7月16日(土)、17日(日)15時00分~21時00分
【場 所】法相宗大本山 薬師寺(奈良県奈良市西ノ京町457)
【スケジュール】※スケジュールは変動する可能性がございます。
 15:00 特別拝観 開始
     食堂にて、共振空間(サウンドインスタレーション)開館
 17:15 参加者による祈りの献灯開始
     参加者が灯篭にお名前、お願いを記入し献灯
 19:00 大講堂前客席へ移動
 19:30 共創響演 開演
     -声明(薬師寺僧侶)
     -大講堂映像投影(映像演出:WOW/音楽:evala)
     -新作歌舞伎舞踊『瑠璃光』(脚本:戸部和久/演出・振付:藤間勘十郎/出演:中村獅童、他)
 20:30 共創響演 終了 退館開始
 21:00 閉場
【クラウドファンディング】
 ・募集期間:6月1日(水)17時00分~7月4日(月)23時59分
 ・URL: https://camp-fire.jp/projects/view/565880
 ・メニュー
 (1)7月16日(土)ご観覧+フォトブック+祈りの献灯+賛同者お名前入れ
 (2)7月16日(土)ご観覧+祈りの献灯+賛同者お名前入れ 
 (3)7月17日(日)ご観覧+フォトブック+祈りの献灯+賛同者お名前入れ 
 (4)7月17日(日)ご観覧+祈りの献灯+賛同者お名前入れ 
 (5)賛同者お名前入れ 
【動画配信】ニコニコ、YouTubeにて生配信 ※7月17日(日)のみ配信、視聴無料
【特設サイト】 https://meme-nippon-project.jp/

◇主 催 :ドワンゴ
◇制 作 :ドワンゴ/JTQ/WOW/See by Your Ears
◇協 力 :松竹
◇機材協力:プリズム
◇衣裳協力:Y’s
◇書   :木下真理子
◇特別協力:薬師寺

クリエイティブチーム

〇新作歌舞伎舞踊『瑠璃光』主演
中村獅童(歌舞伎俳優)
初世中村獅童の長男。祖父は三世中村時蔵。1981年6月歌舞伎座『妹背山婦女庭訓』御殿の豆腐買の娘おひろで二代目中村獅童を名乗り初舞台。常に新しい挑戦を続け、2016年より「超歌舞伎」に主演し続ける他、歌舞伎のみならず、数多くの映像作品への出演や、アニメで声優としても活躍するなど、歌舞伎の枠を超え、多方面で魅力を放ち、新たな歌舞伎ファンの開拓に貢献している。

media

〇アーティスティックディレクター
JTQ:谷川 じゅんじ (スペースコンポーザー/ 空間デザイナー)
JTQ株式会社代表 2002年、空間クリエイティブカンパニー・JTQを設⽴。“空間をメディアにしたメッセージの伝達”をテーマに、 さまざまなイベント・商空間開発・都市活性化事業・地⽅活性化プログラム・企業ブランディング等を⼿掛ける。独⾃の空間開発メソッド「スペースコンポーズ」を提唱、環境と状況の組み合わせによるエクスペリエンスデザインは多⽅⾯から注⽬を集めている。主なプロジェクトとしてパリルーブル宮装飾美術館Kansei展、平城遷都1300年祭記念薬師寺ひかり絵巻、NIKE WHITEDUNK、YOHJI YAMAMOTO BRANDING、GINZASIXグランドオープニングセレモニー、東京ミッドタウン⽇⽐ ⾕LEXUSmeets…“HIBIYA”など。現在、CCCマーケティング株式会社チーフクリエイティブオフィサー(CCO)、⼀般社団法⼈MediaAmbitionTokyo代表理事、デジタルハリウッド大学大学院専任教授などを務める。

media

〇映像制作
WOW:於保 浩介
ビジュアルデザインスタジオ「WOW」クリエイティブディレクター。
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒 大手広告代理店を経てWOWに参加。
広告を中心とした映像全般(CM、VI、PV)のプランニング及びクリエイティブディレクションを手がける。空間を意識した映像表現にも力を入れ、さまざまなインスタレーション映像を国内外で手がける。近年は活動領域を広げ、WOWのプロダクトレーベル[BLUEVOX!]を主宰。WOWが培った3Dデジタル技術を駆使し、日本のものづくりに新しい価値感を見出
そうとしている。

media

〇サウンドインスタレーション/楽曲提供
evala
音楽家、サウンドアーティスト。
新たな聴覚体験を創出するプロジェクト「See by Your Ears」主宰。立体音響システムを駆使し、独自の“空間的作曲”によって先鋭的な作品を国内外で発表。音が生き物のように躍動的にふるまう現象を構築する。
2020年、完全な暗闇の中で体験する音だけの映画、インビジブル・シネマ『Sea, See, She -まだ見ぬ君へ』を世界初上映し、文化庁メディア芸術祭アート部門優秀賞受賞。2021年、空間音響アルバム『聴象発景 in Rittor Base – HPL ver』が、欧州アルス・エレクトロニカ栄誉賞受賞。

media

〇総合プロデューサー
横澤大輔(株式会社ドワンゴ 専務取締役CCO ニコニコ超会議統括プロデューサー)
豊島区国際アート・カルチャー都市プロデューサー
一般社団法人日本ネットクリエイター協会代表理事
株式会社ドワンゴのコンテンツ戦略担当として、2001年よりドワンゴの携帯コンテンツ制作を始め、ニコニコ公式生放送や様々なイベント、新規事業を立ち上げる。ニコニコ超会議では統括プロデューサーとして16万人超規模のイベントを手がけ、伝統芸能の歌舞伎とデジタルを融合させたオリジナル新作歌舞伎「超歌舞伎」の総合プロデューサーを務めている。

media


《お問い合わせ先》 
株式会社ドワンゴ 広報部:E-mail:[email protected]

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button