テクノロジーニュース

EY、エンタープライズ向けのスケーリングソリューション「EY OpsChain APIサービス」をリリース | EY Japan

  • イーサリアムおよびPolygonネットワークへのスケーラブルなアクセスをサポート
  • ユーザーによる、コントラクトの展開、NFTなどのミント、転送およびバーンが可能に
  • トークン・メタデータの取得と更新をサポート

EYは、エンタープライズユーザー向けにEY OpsChainアプリケーション・プログラミング・インターフェイス(API)サービスの提供を開始したことをお知らせします。APIをエンタープライズシステムに適用することで、企業は、ブロックチェーンシステムの複雑さに向き合うことなく、パブリックブロックチェーン上でトランザクションを処理することが可能になります。EY OpsChain APIサービスは、企業に、イーサリアムのメインネットとPolygonのプルーフオブステーク(PoS)ネットワークへのアクセスを提供します。

EY OpsChain APIサービスには、トークンコントラクトのディプロイ、ミント、転送、バーンなど一連の機能が含まれています。また、本サービスを利用することで、シリアル化されたパーツ、バッチ、製品などのデータを一般的なエンタープライズシステムから出力し、それをブロックチェーントークンに変換して取引履歴と発信元情報を保持できます。初期サービスでは、ERC-721に準拠したNFTが実装され、その後、ERC-20やERC-1155トークンなど他の規格にも対応予定です。

EY Global Blockchain Platform リードSam Daviesのコメント:

「APIサービスを使用することで、ブロックチェーンを既存システムと連携する際の手順が簡素化されます。これにより、企業は、本番システムから直接にデータを出力し、そのデータをトークンに変換することが可能です。APIが一日にミントできるトークンは最大6万にも及びます。EYプロフェッショナルチームでは社内向けにもAPIを活用しており、例えば、新年の挨拶として8,000個ものNFTアートを配布するなどしています」

EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社 デジタル&エマージングテクノロジー アソシエートパートナー松尾 康男のコメント:

「エンタープライズシステムとの連携は、企業がブロックチェーンを活用する上で必須の機能といえます。典型的な利用シナリオをAPIサービス化したことで、企業のブロックチェーン活用を促進すると期待しています」

2021年にリリースされたEY OpsChain APIの初期バージョンは、複数のクライアントに利用されています。

ANSAのChief Technology Officer、Marco Beltrameのコメント:

「当社のユースケースでは、EY OpsChain APIサービスを導入したことで、ブロックチェーンとのインターフェース構築が大幅に簡素化されました。ブロックチェーンのバックエンドについては、EYプロフェッショナルチームがすべてサポートしてくれるので、私たちは優れたエンドユーザーエクスペリエンスの構築に向けた取り組みに専念することができました」

EY OpsChain APIサービスのAPIドキュメントと利用方法は、blockchain.ey.comでご確認頂けます。本ソリューションのご利用を開始するには、まず、ユーザー登録をして、開発のためのテストネット(テスト・開発環境)へのアクセス権を取得します。その後、EYのクライアント・アクセプタンス・プロトコルに従って、メインネットへのアクセス認証・承認が行われます。

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button