テクノロジーニュース

テクノロジーが与えるメンタルの治癒力:SZ Newsletter VOL.137[WELL-BEING] | WIRED.jp

お知らせ:Thursday Editor’s Lounge

6月30日(木)のテーマは、『WHOLE EARTH CATALOG』入門:ツールを編むという行為をめぐって:雑誌『WIRED』日本版VOL.45「AS A TOOL」刊行記念イベント(CATALOG as a TOOL編)。ゲストは尾崎正和(CATALOG&BOOKs代表)。みなさまのご参加をお待ちしております。詳細はこちら。

【SZメンバー優待20%OFF】
デジタルガレージ主催「web3 Summer Gathering @Tokyo 未来からのテクノロジーの波をサーフしろ」(6月14日開催)の参加チケットがSZメンバーは優待20%OFFに。詳しくはこのニュースレター末尾をご覧ください。

雑誌の次号を先週校了し、滑り込みで梅雨前の穏やかで心地よい晴天の日々を享受している。校了ウィークは今週のテーマであるウェルビーイングとは程遠い日々で、乱れた睡眠サイクルのツケがいまだに身体に残っているのだけれど、今週、鎌倉のWIRED編集部分室で青空と風に揺れる新緑を眺めていると、ついつい「さくらんぼの実る頃」でも口ずさみたくなる。嗚呼、ウェルビーイング。

昨日、FMヨコハマの「Brand New! Friday」でもZiNEZ(ジンジ)さんと語ったのだけれど、「WELL-BEING」をテーマにキュレーションした今週のSZメンバーシップでは対称的なふたつの記事が並んだ。

今週の記事:SNSを読み耽ってしまう? 心理学を応用してドゥームスクローリングをやめる方法

現代人のスクリーンタイムはますます増え、画面を眺める時間が長いほど、あるいはSNSに没頭すればするほど人は不幸になっていく、という言説はいまや広く受け入れられている。スマートフォンを長時間スクロールする人は、鬱や不安症、孤独、自傷行為、あるいは自殺のリスクが高くなるのだとすれば、テックジャイアントがこぞってVRヘッドセットをぼくたちに装着させようと躍起になっている現状がますます不安に思えてくるだろう。

関連記事:ザッカーバーグはわたしたちをメタバースに住ませたがっている

読むと気分が害されて憂鬱になるのがわかっていながら、ネットで悪いニュースを延々と読みつづけてしまう「ドゥームスクローリング」や、自分の憎しみの対象を延々と追い続ける「ヘイトスクローリング」、あるいは妬みの対象から目が離せなくなる「エンヴィスクローリング」については、胸に手を当てて振り返ってみれば、誰もが多かれ少なかれ経験していることではないだろうか。

関連記事:ネットで悲観的な情報を読み続ける「ドゥームスクローリング」が、あなたの心をむしばんでいる

問題は、そうした負の感情が文字通りインフィニティスクロールによって無限に終わらないことに加えて、「健全なメンタルヘルスにとって最も大切な要素を、つまり、健康的な睡眠、有意義な社会交流、仕事における充実感、趣味の時間などを、人から奪っていくのです。悪循環の出来上がりです」と今週の記事は指摘する。その対処法として最も有効なのはセルフアウェアネス、つまり、自分がそうした行為をいましていること、それがどんな(無意識の)動機によるものであり、それによって自分がどんな気分になっているか、に自分自身で気がつくことだ。

関連記事:「有意義な時間」を取り戻すために、いまこそセルフアウェアネスという叡智を:トリスタン・ハリスが「Wisdom2.0 Japan」で語ったこと

セルフアウェアネスという叡智が必要なのは何もユーザーに限ったことではない。トリスタン・ハリスらが設立した非営利団体Center for Humane Technologyはこれまで「time well spent/有意義な時間」(ユーザーが画面を見ている時間に代わる指標)や「human downgrading/人間の格下げ」(テクノロジーが人間の認知能力に与える長期的な悪影響を示す)といった言葉を提唱し広めてきた。そして今春からは、人間性に根ざしたテクノロジーについてのオンラインコース「Foundations of Humane Technology」を開始して、エンジニアやテック企業で働く人々に、本当に大切にしたい価値と現在の仕事やビジネスモデルとの乖離について気づかせるプログラムを提供している。

関連記事:大手テック企業は“良心”を取り戻せるか? テクノロジーの悪影響について問うオンライン講座の試み

一方で、もしあなたがSNSのコードを書くエンジニアではないとしたら、使う側の自己防衛としてのセルフアウェアネスが必要だ。実際に一部の研究から、ユーザーが責任をもってSNSを活用すればメンタルヘルスにもプラスの効果があることが示唆されているのはグッドニュースだろう。セルフアウェアネスのために思いつくのは、深呼吸、マインドフルネス瞑想、自然の中の散歩やトレイルランなどなど。こうした身体性を通してメンタルを整え、ウェルビーイングを実現する道筋については、『WIRED』の「デジタル・ウェルビーイング」特集や、個人的にも何冊か翻訳書を手がけてきた。

関連記事:ヨガもランニングも、ハイキングもない会議? そんな働き方はもう古い

特に、ベストセラー『脳を鍛えるには運動しかない!』の著者ジョンJ.レイティ博士の続編として刊行した『GO WILD 野性の体を取り戻せ!』では(ちなみに両書ともパンデミック中によく読まれたのだという)、「その不調、野生に戻れば治ります」というキャッチフレーズでこう謳っている。

進化のルールに照らせば、現代人のライフスタイルは、人間としての健康や幸福につながらない。文明が進み、スマホやパソコンのOSがどんなにアップデートされようとも、あなたの体は20万年前から変わらない〈人類1.0〉のままだ。そもそも野生の体には、ガンも鬱も肥満も高血圧もない。人間の体と心が本来持つ治癒力を使い、現代生活の痛みやストレスから逃れて健康と幸せを手に入れるために、ライフスタイルを再び野生化させよう!

だが、今週のSZの記事によれば、事はそれほど単純な話ではないようだ。同じく今週、「フードイノベーションの未来像」のウェビナーで人類学者の小川さやかさんがいみじくも語っていたように、「石器時代人」といっても多様なライフスタイルがあるはずなのだ。それは、現代において「近代以前の祖先の生活」を概ね維持しているアマゾンのチマネ族も同様だ。

今週の記事:「メンタルの不調はテクノロジーのせい」は本当か? アマゾンでの調査からわかったこと

チマネ族の人々は「これまで記録された集団のなかで、冠動脈疾患のレベルがもっとも低い」ことが報告されている(ある80歳のチマネの心臓は、米国人の50代と同じレベルだった)。また、工業化された社会で暮らす人々に比べて、脳は年齢による萎縮がはるかに小さい。脂肪肝はほぼ皆無で、男性の前立腺の肥大は米国男性に比べて遅い。しかしこれほど活動的で強固な共同体があるにもかかわらず、あまり動かない孤立した米国人と同じく、彼らも鬱病になりやすい。

実際のところ、チマネ族が鬱状態を示す例は米国人の2倍にのぼり、これほど活動的で共同体が強く、テクノロジーに縛られてもいないチマネ族に鬱病が拡がる原因に研究者たちは頭を悩ませた。そして調査からは、抑鬱症状のもっとも強力な2大予測因子が「身体的損傷」と「社会的摩擦」であることがわかった。つまり活動的なチマネ族は常に病気や怪我といった身体の脅威に晒され、また強力な社会的絆がかえってプレッシャーとなって日々の生活にのしかかっていたのだ。「チマネ族の憂鬱」は、「高い身体活動と相互依存──前向きなウェルビーイングを保証するはずのまさにその美徳」ゆえだったことになる。

ここからは「GO WILD!」という掛け声で解決しえない、別のストーリーが見えてくる。「身体的損傷」と「社会的摩擦」は、ある意味ではインターネットと相性がいい。いまや多くのメディアで取り上げられているオリィ研究所運営の「分身ロボットカフェ」(審査員を務めたACC TOKYO CREATIVITY AWARDSのクリエイティブイノベーション部門でも2020年にグランプリを獲っている)は、「外出困難者」がロボットを介して従業員として働く機会を生み出している。つまり地理的、身体的な制約を超える試みだと言える。

また「社会的摩擦」についても同様に、チマネ族の「社会」が地理的条件に制約されるネイバーフッド型のコミュニティだとすれば、インターネットが加速するのは目的によって集まるアソシエーション型のコミュニティだ。この場合、どちらが優れているということよりも(SNSがときに社会的摩擦を最大化することを思い出そう)、選択肢が存在することが大切であり、Web3時代のDID(分散型アイデンティティ)のように、インターネットの力学はますます摩擦の分散化に向かっている。そして見逃してはならないのは、そのことに恩恵を受けてウェルビーイングを享受している人がたくさんいるという事実だ。

これは順応主義の類の話ではなく、現にぼくたちが旧石器時代の暮らしに戻ることもなければ、明日からスマホを手放そうとも決してしないことが明らかな以上、そのことで毀損されたウェルビーイングと獲得したウェルビーイングの両方を冷静に意識することが第一歩だと思うのだ。テクノロジーが「スターウォーズのフォースやポリネシア人のマナのような、本質的に善でも悪でもない強力な潜在能力」だとすれば、そこからいかにポジティブな治癒力を引き出すことができるのか、セルフアウェアネスとして重要なのは、その気付きでもあると思うのだ。

『WIRED』日本版編集長
松島倫明

【SZメンバー優待20%OFF】
デジタルガレージ主催「web3 Summer Gathering @Tokyo 未来からのテクノロジーの波をサーフしろ」(6月14日開催)の参加チケットがSZメンバーは優待20%OFFに。購入時に以下のクーポンコードをご入力下さい→「NCCWIRED」
https://ncc.garage.co.jp/

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button