テクノロジーニュース

ディオールの最新コレクションにD-Air Labエアバッグが融合!? ファッション×安全テクノロジーの未来を描く【DIOR 22/23 AW collection】(WEBヤングマシン)

MotoGPライダーを守るD-Airテクノロジーの進化ココにあり!

【動画+写真】ディオールの最新コレクションにD-Air Labエアバッグが融合!?

D-Air Lab(ディーエア・ラボ)の創設者は、ダイネーゼを創設したリノ・ダイネーゼ

ダイネーゼで培ってきた世界初のモーターサイクル用エアバッグシステム・D-air(R)のテクノロジーを核とし、ライフスタイルや労働環境に “安全”をもたらすプロダクトに昇華するための研究開発に特化すべくD-Air Lab(ディーエア・ラボ)はスタートした。

現在では、高所作業者用のエアバッグシステム Work Air(ワーク エア)の展開や、高齢者を転倒から守るウエアラブルエアバッグ Futurage (フューチャーエイジ )を開発中。Work Air(ワーク エア)はパートナー企業であるイタリアの電力会社エネルにも採用されており、世界各国から注目を集めている。

DIOR 2022-23秋冬 プレタポルテ コレクションをさっそく見てみよう!

人々の生活をより良くするテクノロジーやファッションの意義や価値観、思いをD-Air Lab(ディーエア・ラボ)と共有し、今回のプロジェクトはスタート。エアバッグシステムだけでなく、南極大陸で働く研究者や科学者のために設計・開発された体温と湿度を管理できるシステムも特別に提供。ディオールを象徴するジャケットやドレス、パンプスなどあらゆるアイテムにD-Air Lab(ディーエア・ラボ)の先進性がプラスされ、モダンなファッションであり作品として昇華された。

――1947年2月12日、クリスチャン・ディオールのデビューコレクションで発表され、以来メゾンのマスターピースとして知られている「バー」ジャケット。ムッシュ・ディオールが生み出した名作は、現在のディオールのアーティスティックディレクターであるマリア・グラツィア・キウリのクリエイションとD-Air Lab(ディーエア・ラボ)のテクノロジーの融合によって新しいシーンを生み出した。

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button