テクノロジーニュース

東京2020公認プログラム 「Sharing The Dream 2020」子ども達が制作した参加国応援メッセージ集を橋本会長へ進呈

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、2021年7月23日から開催される東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、全国の小・中学・高校生が制作した参加国への応援メッセージ映像を、2021年7月17日に同大会組織委員会の橋本会長へ贈呈いたしました。

この映像は、パナソニックが推進する参加国への応援メッセージ制作プログラム「Sharing The Dream 2020 ~知ろう!伝えよう!動画に込めて~」により制作されたものです。子どもたちに対して、オリンピックの感動と興奮を支える「人」や「技術」に関心を持たせ、自身もオリンピックやパラリンピックの支援者になれることへの気づきを促しつつ、クリエイティブ能力を養っていくことを目的として、2015年から推進してきました。2016年からは東京2020公認プログラムとして実施しています。

東京2020参画プログラム
https://participation.tokyo2020.jp/jp/about/

具体的には、1校が1国を応援する形式で、参加国を学び、約30秒の応援メッセージの映像を制作します。これまでに小学校・中学校・高校57校 1,454人が参加し、参加予定国全てとなる206の国と地域に向けた応援メッセージが制作されました。

進呈式では、参加校の代表として、東京都立南多摩中等教育学校の生徒が晴海にある同競技大会組織委員会を訪問し、できあがったメッセージ映像全てを収めたDVDを、橋本会長へ贈呈いたしました。

子ども達の制作した応援メッセージは以下のサイトからもご覧いただけます。

「Sharing The Dream 2020 ~知ろう!伝えよう!動画に込めて~」

https://www.panasonic.com/jp/corporate/kwn/production/high_school_ws.html

■応援メッセージ制作プログラム
「Sharing The Dream 2020 ~知ろう!伝えよう!動画に込めて~」 概要
・参加対象:KWN日本参加校、パナソニックセンター東京への修学旅行校など
・実施期間:2015年8月~2021年3月
・作品テーマ:206の国と地域へ向けての30秒の動画応援メッセージを制作

■キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)日本 ホームページ

URL: https://www.panasonic.com/jp/corporate/kwn.html

また、東京2020大会に向け以下のプログラムも実施しております。

【東京2020公認プログラム】

学習教材「オリンピックとパラリンピックを題材とした教育プログラム」

http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/child/education/program.html

【これまでの取り組み】

パナソニック独自の教育プログラム~オリンピックとパラリンピックを題材として

学校でのオリンピックとパラリンピックに関する教育活動を支援する「東京2020公認教育プログラム」を、2015年11月より提供開始しています。オリンピックとパラリンピックを題材とした各教材は、パナソニックのノウハウを活用して制作され、これまでに(1)大会の意義とそれを支える人々、(2)多様性と国際理解、(3)テクノロジー&イノベーション、(4)多様性と共生社会~インクルーシブな社会を考える、(5)サスティナブルな社会づくりを提供。これまでに2,191校438,200人に教材を提供し、

21世紀型能力(※)を育む、新たな授業づくりの支援を推進してまいりました。

※ 教科・領域横断的に求められる資質・能力。「基礎力」「思考力」「実践力」で構成される。教育課程の編成に関する基礎的研究 報告書5 2013.国立教育政策研究所

【お問い合わせ先】

パナソニック株式会社 CSR・社会文化部

電話:090-8946-8800

■パナソニックの企業市民活動について

URL: https://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship.html

<パナソニックの企業市民活動>

パナソニックは、”A Better Life, A Better World″の実現に向けて、事業活動とともに企業市民活動を通じて、社会課題の解決や、より良いくらしの創造と世界中の人々の幸せ、社会の発展に貢献することを目指しています。私たちは製品・技術開発やモノづくりで培ったノウハウ・リソースを活かし、世界的な問題である「貧困の解消」を重点テーマに、誰もが歓びを分かち合い、活き活きとくらす「共生社会」を目指して、人材育成や機会創出、相互理解をテーマとする企業市民活動をグローバルに展開しています。

■パナソニックのオリンピックとパラリンピックに関する教育支援サイト

http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/child/education.html

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button