テクノロジーニュース

在宅勤務は生産性向上させる、新テクノロジーも経済効果に寄与-調査 – Bloomberg

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で、大規模な在宅勤務の実験が余儀なくされた。オフィス勤務と比べた在宅勤務における従業員の効率性について企業幹部の間では意見が分かれ、果てしない議論を巻き起こした。

  実際のところは、リモート勤務によって生産性は向上すると、新たな調査結果が示した。

  同調査によれば、在宅勤務ブームによって米国経済の生産性は5%向上する見通しだ。通勤時間を省けることが主な理由だ。またパンデミック中に新しいテクノロジーが急速に浸透したことも持続的な経済効果をもたらし、生産性の押し上げに寄与する。

Work From Home Works for Some

Share of jobs that can be done at home, by industry

Source: National Bureau of Economic Research


  誰もがリモート勤務に賛成なわけではない。米ゴールドマン・サックス・グループのデービッド・ソロモン最高経営責任者(CEO)は、リモート勤務体制を「例外的」な状況だとして、「可及的速やかに是正する」と述べた。ソロモン氏は、新入社員にとっては特にウォール街の文化を吸収することが重要だと主張する。

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button