ライフスタイル

「CLUB JT」と「Retty」が飲食店共同サポートPJ、“サポ食”始動!! | ホテル・レストラン・ウエディング業界ニュース | 週刊ホテルレストラン HOTERESONLINE


「CLUB JT」と「Retty」がコロナ禍で大打撃を受けている飲食業界をサポートすべく、“サポ食”を始める。本取り組みは2社の共同プロジェクトとして発足し、飲食店の仕入れと集客の2点におけるサポートを併せて約3000店(※応募多数の場合は抽選)規模で実施していく。

まず仕入れサポートについては飲食店舗の再開や継続運営への支援として、飲料や食材の仕入れに掛かる費用に対し1店舗あたり3万円を上限としたサポートをする。国や自治体における自粛解除がなされたとはいえ、東京都などは連日の高水準で感染者数が発表され、新型コロナウイルスに関する根本的な解決策がない中で飲食店が抱える不安や負担は多い。中でも店を開くということは、お客さまの来店の有無に関わらず食材の仕入れが必要であり、例え来店者があったとしてもその数が少なければ店舗にとって負担となることに変わりはない。コロナ禍における損失に加え、営業再開までもが事業者を苦しめることになってしまっては本末転倒以外の何ものでもない。そんな事業者の負担に少しでも寄り添いたいということから本サポートが誕生した。

次に“サポ食”では飲食店への来店サポートも行う。これは「CLUB JT」が一店舗あたり30000円分の“サポ食チケット”を3000円×10枚のクーポンとして購入し、「CLUB」 JTの会員向け割引クーポンとして無料発行する。会員は一人につき1店舗1枚の獲得が可能だ(※利用開始後、クーポンの利用を以て新たなクーポンを獲得するスキームの構築が予定されている)。

「CLUB JT」:https://www.clubjt.jp/

今回の来店サポートの店舗の応募条件の一つとして、「CLUB JT」サイトの「喫煙所MAP」既存掲載店舗、もしくは掲載可能店舗=喫煙可能店舗となっている他、仕入サポートの当選店舗は来店サポートの対象外となる。“喫煙可能”については地域により法令がことなるが、喫煙専用室、加熱式たばこ専用喫煙室、喫煙可能室、喫煙目的室、店内禁煙で屋外に喫煙スペースありなどの設置が該当条件となる。

各応募期間は

・仕入サポートが2020年6月29日~7月12日

・来客サポートが2020年7月6日~7月19日

となっている。ぜひとも応募してみてもらいたい。

また「日本たばこ産業(株)」は「(株)ぐるなび」が新たに新型コロナウィルスの影響を受ける飲食店及び飲食店従事者を応援する発信サイトとして起ち上げた“つなぐ食”へも協賛し、多岐に渡り外食産業を支援していく。

「つなぐ食」:https://pr.gnavi.co.jp/promo/tsunagu-syoku/

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button