ライフスタイル

業界最高権威のラーメンアワード本“東京・ラーメン・オブ・ザ・イヤー” 『第21回 TRYラーメン大賞 2020-2021』が、10月22日発売!!|株式会社講談社のプレスリリース

今年のTRY(トライ)発表の季節がやってきました。21年目を迎えたラーメン業界最高権威のアワード本『第21回 TRYラーメン大賞 2020-2021』が、10月22日に発売決定! 

「TRY(トライ)」とは、Tokyo Ramen of the Yearの略称。「東京で一番旨いラーメンを決めようじゃないか」を合言葉に、『TOKYO★1週間(現在は休刊)』誌上で2000年よりスタートし、今年で21年目を迎えるラーメンアワードMOOKです。

審査員は、「TVチャンピオン」最後のラーメン王・青木誠氏、“元祖ラーメンクイーン”レイラ女史、そして“最強のラーメンブロガー“であり、昨今は「マツコの知らない世界」(TBS系)に出演するなど多方面で活躍中のしらす氏(斉藤光輝)に加え、今年初参戦となる田中一明氏、尾瀬氏、まろ氏の3名が登場!

2019年7月1日~2020年6月30日にオープンした新店に贈られる「TRY新人大賞」「TRY新人賞部門」ほか、既存店の中でもっとも優れた店舗へ贈られる「TRY大賞」、しょう油、しお、みそなどの味のジャンルごとに分けた「名店部門」など、全21部門が決定。

栄えある新店の頂点「TRY新人大賞1位」や、既存店の最高峰となる「TRY大賞1位」に輝いたお店は……? そして、史上初の3店舗が「殿堂入り」!  かつてないコロナ禍という激動年で、受賞を果たしたラーメン店を発表!

 

●TRYとは?
通称“TRY(トライ)/Tokyo Ramen of the Yearの略称”は、「東京で一番旨いラーメンを決めようじゃないか」を合言葉に2000年より情報誌「TOKYO★1週間」誌上にてスタートし、2010年よりMOOK化。今年で21年目を迎えるラーメンアワードMOOKです。

本年の審査は、東京・神奈川・千葉・埼玉の一都三県にある「ラーメン専門店」を対象に、ラーメンに精通した審査員6名+ゲスト審査員2名による投票でランキングを決定。

賞は、2019年7月1日~2020年6月30日にオープンした新店に贈られる「新人部門」と、既存店に贈られる「名店部門」を軸に、それぞれ最高の賞として「TRY新人大賞」と「TRY大賞」を設けている。

●TRY公式TwitterとInstagram

Twitter:@ramentry

Instagram:tokyoramenoftheyear

●今年初! 受賞店全店お役立ちアイコン付き

今年は、受賞店全店に「通販」「テイクアウト」「デリバリー」の3つのお役立ちアイコンを掲載。店舗に食べに行くだけではなく、「通販」で冷凍ラーメンをお取り寄せしたり、店舗へ行って「テイクアウト」したり、出前館やUber Eatsなどから「デリバリー」をしてみては? さまざまな方法でTRY受賞店の味を試してみてください。

●書誌情報

【書名】第21回 業界最高権威 TRYラーメン大賞 2020-2021

【発売日】2020年10月22日(木)

【定価】900円(税別)

【ページ数】132ページ

【発行元】株式会社 講談社

 

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button