ライフスタイル

GoToイートのお得な使い方 お金のプロがやさしく解説 – ライブドアニュース

10月から「Go To トラベル」の対象として東京都と東京都民が追加され、それと同時に「Go To イート」キャンペーンもスタートしました。おトクに旅や飲食をしようとする人も多いかと思います。
実際どんな制度なの? どう使ったらおトクなの? そんな疑問について、節約アドバイザーの丸山晴美さんに教えてもらいました。


Go To イートをおトクに使いましょう(※写真はイメージです)

Go To イートってどう利用するの?お金のプロがやさしく解説

旅行や飲食をおトクにしようという動きがある昨今ですが、今回はGo To イートをおトクに活用する方法をご紹介していきます。

「Go To イート」キャンペーンとは、10月1日からスタートした感染予防対策に取り組みながらがんばっている飲食店と、食材を供給する農林漁業者を応援するものです。
どちらも登録店舗のみで利用することができますので、利用したい店舗が対象であるかどうかの確認をしておきましょう。

「Go To イート」を利用するには2つの方法があります。

●プレミアムつき食事券を発行する


新潟県のGoToEatキャンペーン食事券(新潟県ホームページより)

この食事券は都道府県ごとに発行され、登録飲食店で使えるプレミアム食事券(購入額の25%分を上乗せ)1万円分購入すると、1万2500円分の食事券になります。
この食事券は、1回の購入あたり2万円分の購入制限はありますが、何度でも購入することができます。お釣りは出ませんが、現金と併用して支払うこともできます。

販売開始は都道府県によって異なりますが、先んじて新潟県が10月5日に開始されました。販売終了は全国共通2021年1月末まで、有効期限は3月末までなので、使用期限に注意が必要です。
プレミアムつき食事券は、コンビニや商工会、郵便局、インターネットなどで購入することができますが、都道府県によって購入できる場所が異なるので、事前に確認をしましょう。また、プレミアムつき食事券は店内飲食だけではなく、宅配やテイクアウトを実施している店舗であれば、その支払いにも利用することができます。ただし、宅配専門業者での注文、支払いには使えません。

【プレミアムつき食事券のおトクな使い方】

・食事券は予約不要なので、対象店舗でいつもの外食の支払いに利用しておトクに食べる。

・対象店舗が行うテイクアウトの支払いにも使えるので、ご飯をつくりたくないときに仕事帰りなどに寄って購入、支払いをする。

・対象店舗のオードブルや出前を取って、年末年始など人が集まる機会の飲食代として支払う。

●オンライン予約によるポイント付与


お気に入りの飲食予約サイトでポイントをゲット!(※写真はイメージです)

オンライン飲食予約サイト経由で、期間中に飲食店を予約・来店した消費者に対し、次回以降に飲食店で使用できるポイントが付与されます。
昼食時間帯は500円分、夕食時間帯(15時〜)は1000円分のポイントを付与。
ポイントの上限は、1回の予約当たり10人分(最大1万円分のポイント)
ポイントの付与は2021年1月末まで、利用は3月末までの期間限定ですので、失効に気をつけましょう。
主な予約サイトは、ぐるなび、食べログ、一休.comレストラン、EPARK、Yhoo! ロコ飲食予約、オズモール、LUXAなど15サイトです。
1回で10人分まで予約でき、予約した人が人数分のポイントをもらえますが、直接お店に予約をしてもポイント付与の対象とはなりませんので、必ず対象のオンライン飲食予約サイトを経由して予約をしましょう。また、デリバリーやテークアウトではポイントは付与されません。

ポイントの付与のタイミングやポイントはそれぞれのサイトによって異なります。この付与されたポイントはまた次回以降の飲食代として利用することができます。

食べログからGo To イートキャンペーンで予約をした場合を例にします。

【食べログを使った例】


食べログより

対象期間中に対象のお店をネット予約&利用

ランチは期間固定Tポイント500ポイント/人数(上限5000ポイント)、ディナーは期間固定Tポイント1000ポイント/人数(上限10000ポイント)が後日付与される。

もらった期間固定Tポイントは食べログ内のTポイントが使えるお店へのネット予約時に利用することができます。来年1月末まで何回でもポイントをもらうことができ、ポイントの有効期限は同年3月末までです。

【オンライン予約での上手な使い方】

・ランチは外で食べる派の人は少し手間でもオンライン予約をして、貯まったポイントでループさせる。
例えば、対象の店舗で1000円のランチを食べた場合、500円分のポイントが付与される。次回以降は予約と同時に500円分のポイントを利用しておくと、支払いは500円で済んで、また500円のポイントがもらえる。

・忘年会や新年会の幹事になると、最大10000ポイントが付与されるので、ポイント分おトクに!

・クリスマスのディナーでもポイントをつけたり、予約時にポイントで支払っておくと出費を抑えることができる。

・ポイントの利用は3月末までなので、年末年始にポイントを貯めてそれ以降の外食費の支払いに利用して外食費の節約に。

●おトクに使えば、外食費の節約にもうれしいキャンペーン

外食をすることで、新型コロナウイルスで重大な影響を受けた飲食店や食材供給を担う農林漁業者の支援を目的に税金を投入したキャンペーンでもありますので、上手に使えば節約にはとてもうれしいキャンペーンだと思います。これまで外食を控えていた人にも、ちょっとしたご褒美として利用してもいいかと思います。
また、これから年末年始を迎えるにあたって、外食費や交際費が増えがちですので、Go To イートを活用して、かかる費用を上手に節約しながら楽しみたいものですね。

Go To イートキャンペーンを利用する際には感染症対策として、手洗い・消毒の徹底、咳エチケットを守って、会話を控えめにすること、三密を回避して換気に協力をしましょう。自粛傾向からWithコロナになりつつあります。これからは対策をしながらも、経済を回していく時期であると考えて、Go To トラベルなどのキャンペーンも含めて上手に利用して、活気を取り戻したいですね。

※10月7日現在の情報をもとに記事を作成しました。今後制度に変更になる場合があります。

●教えてくれた人
【丸山晴美さん】

節約アドバイザー、ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザー。著書に『50代から知っておきたい! 年金生活の不安、解消します
』(共著、幻冬舎刊)などがある。新しい家計簿『節約家計ノート2021
』(東京新聞刊)も発売中


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button