ライフスタイル

最新のフードテック・レストランテックを導入した「ラーメンWalkerキッチン」 – CNET Japan

 角川アスキー総合研究所は11月6日、KADOKAWAが埼玉県所沢市に開業した日本最大級のポップカルチャー発信拠点「ところざわサクラタウン」の施設内にラーメン文化の発信基地を目指した“店主ブッキング型”のラーメン店「ラーメンWalkerキッチン」をオープンした。同社は雑誌「ラーメンWalker」やWebサイト、テレビ番組などのメディアを通じてラーメン文化の普及・発展に努めてきたが、今回の店舗開業をきっかけにメディアとリアル店舗が連動した新しいマーケティングソリューションを展開していくという。

2020年11月6日に埼玉県所沢市にオープンした「ラーメンWalkerキッチン」
2020年11月6日に埼玉県所沢市にオープンした「ラーメンWalkerキッチン」

 ラーメンWalkerキッチンは席数25席(カウンター:11席、テーブル:14席)の店舗で、11時~22時の営業時間となっている(定休日は月曜日、祝日の場合は翌日)。日本各地の有名人気行列店の店主が日替わりや週替わりなどで店主を務め、限定ラーメンやコラボラーメンなどを提供する。

ラーメンWalkerキッチンの店内。プロジェクタースクリーンなども用意されている
ラーメンWalkerキッチンの店内。プロジェクタースクリーンなども用意されている

 角川アスキー総合研究所 代表取締役会長の福田正氏は「ラーメンWalkerキッチンには7つの大きな特徴があるが、その中でも日本を代表する有名店主によるアドバイスとライブ出演というのが最も大きい」と語る。

角川アスキー総合研究所 代表取締役会長の福田正氏
角川アスキー総合研究所 代表取締役会長の福田正氏
ラーメンWalkerキッチンの7つの特徴
ラーメンWalkerキッチンの7つの特徴

 「今日に至るまで12名のスーパーバイザーにいろいろなアイデアを出していただいた。ラーメンを追求してきた皆さんのアーティスティックな腕をライブ的に披露することで、所沢から、日本から、そして世界へ発信していきたい」(福田氏)

ラーメンWalkerキッチンのスーパーバイザーに就任した有名ラーメン店主。左から「九段 斑鳩」の坂井保臣氏、「五福星」の早坂雅晶氏、「我武者羅」の蓮沼司氏、「金色不如帰」の山本敦之氏、「すごい煮干ラーメン凪」の生田悟志氏、「ソラノイロ」の宮崎千尋氏、「真鯛らーめん 麺魚」の橋本友則氏、「中華そば ムタヒロ」の牟田伸吾氏、「饗 くろ喜(本来は七を3つ並べた「喜」の崩し字)」の黒木直人氏、「麺や 七彩」の阪田博昭氏
ラーメンWalkerキッチンのスーパーバイザーに就任した有名ラーメン店主。左から「九段 斑鳩」の坂井保臣氏、「五福星」の早坂雅晶氏、「我武者羅」の蓮沼司氏、「金色不如帰」の山本敦之氏、「すごい煮干ラーメン凪」の生田悟志氏、「ソラノイロ」の宮崎千尋氏、「真鯛らーめん 麺魚」の橋本友則氏、「中華そば ムタヒロ」の牟田伸吾氏、「饗 くろ喜(七を3つ並べた「喜」の崩し字)」の黒木直人氏、「麺や 七彩」の阪田博昭氏
キャプション

内覧会には欠席したが、「Japanese Soba Noodles 蔦」の大西祐貴氏と「MENSHO」庄野智治店主もスーパーバイザーに就任した
内覧会には欠席したが、「Japanese Soba Noodles 蔦」の大西祐貴氏と「MENSHO」庄野智治店主もスーパーバイザーに就任した

 ラーメンWalkerキッチンはスーパーバイザーに就任した有名店主のラーメンを食べられるお店としてだけでなく、ラーメン文化を育成するインキュベーション施設のような役割も果たす。

 「スーパーバイザーとともに出店もしくはコラボする方やレシピなどさまざまなチャレンジを募集したところ、約800の応募があった。その中かからスーパーバイザーの皆さんとオーディションを実施し、チャレンジャー候補がノミネートもしくは登録されている。今年度から来年度に向けて、自らラーメンを作りたい、これからラーメン店を出したいという人と一緒にやっていきたい」(福田会長)

次世代のラーメン店店主を育成するインキュベーション施設としての役割も果たす
次世代のラーメン店店主を育成するインキュベーション施設としての役割も果たす

 レシピアイデア部門では、「自分で店は出せないけど、スーパースターたちに自分のレシピを表現してもらい、できたら店で出してほしいという人たちが応募し、実際に目の前で作っていただいた」(福田会長)という。

 店内はテーブル席とカウンター席に加えて、外を眺めながら食べられる「ビューシート」のほか、12店の店主と記念撮影ができる顔ハメパネルを置いた常設撮影スポットなども設置している。

ラーメンWalkerキッチンの座席配置
ラーメンWalkerキッチンの座席配置
顔ハメパネルなども用意される
顔ハメパネルなども用意される

 そのほか、入口付近に86インチディスプレイ1台、ファミリーシート上部には43インチ5台のデジタルサイネージを設置し、店内奥のプロジェクターも含めてさまざまな情報を提供できるエンタテインメントシアターも用意している。

さまざまな情報を提供できるエンタテインメントシアターも用意
さまざまな情報を提供できるエンタテインメントシアターも用意


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button