ライフスタイル

宅配市場調査レポート 2022、サイズ、CAGR 値、成長率、最新動向、将来の需要、事業投資計画、SWOT 分析、2031 年までの予測

Research Nester の一部門である Kenneth Research は、最近 2021 年 12 月 16 日に、「宅配市場: グローバルな需要分析と 2030 年の機会の見通し」というタイトルの調査レポートをリリースしました。2022年から2031年までの予測期間における市場規模と成長をカバーする宅配市場に関するレポートがKenneth Researchによって追加されました。市場調査には、さまざまな要因に基づいて、多くの分析ツールを使用して、製品の需要と市場を分析することが含まれます。

米国市場は急速に回復。 2021 年 5 月 4 日のリリースで、米国局および経済分析局と米国国勢調査局は、2021 年 3 月の米国の国際貿易の回復について言及しています。同国の輸出は 2000 億ドルに達し、2021 年 2 月には 124 億ドル増加しました。傾向として、輸入額は 2,745 億ドルに達し、2021 年 2 月には 164 億ドル増加しました。しかし、COVID19 は依然として世界中の経済を悩ませているため、米国の平均輸出額は 2020 年 3 月から 2020 年 3 月までに 70 億ドル減少しました。 2021 年 3 月、輸入は同じ時期に 207 億ドル増加しました。これは、市場が回復しようとしている様子を明確に示しており、これはヘルスケア/ICT/化学産業に直接的な影響を与え、宅配市場の製品に対する大きな需要を生み出します。

無料サンプルコピーのリクエスト:-https://www.kennethresearch.com/sample-request-10325811

国際環境機関 (IEA) の統計によると、2018 年に世界の電気乗用車の在庫は 500 万台を超え、2017 年から 63% 増加しました。

レポートのタイトル: インドの宅配市場 – ドライバー、制約、機会、傾向、および 2025 年までの予測

Infoholic Research による市場調査レポートには、インドの宅配市場を商品 (生鮮品と生鮮品)、種類 (自己配送、共同配送、第三者配送)、および都市ごとに詳細に分類した情報が含まれています。 (デリー、​​コルカタ、バンガロール、ムンバイ、その他の都市)。生鮮食品はさらに、加工食品 (そのまま食べられるもの) と非加工食品 (果物、野菜、その他の食品) に分類されます。生鮮食品はさらに大型家電(電化製品・アクセサリー)、小型家電、化粧品・トイレタリー(日用品)、衣類・アクセサリー、書籍・書類、その他(エンターテインメント・メディア)に分類されます。市場調査レポートでは、Amazon Transport Services (Amazon)、Ekart Logistics、Uber Eats、Swiggy、Zomato、DHL、Blue Dart、FedEx、および Microlise が、インドの宅配市場で営業している主要ベンダーとして特定されています。

インドの宅配市場の概要

Infoholic Research によると、インドの宅配市場は、2019 ~ 2025 年の予測期間中に 23% 以上の CAGR で成長すると予測されています。生鮮食品 (食品およびレストラン関連サービス) は、2018 年のインドの宅配市場で最高の CAGR を占めました。このセグメントは、スタートアップ数の増加、いくつかの確立されたベンダーが市場に参入し、消費者による宅配サービスの採用が拡大しています。さらに、インドの宅配市場は、主に消費者支出の増加と消費者のライフスタイルの変化によって牽引されています。さらに、働く女性の数とインドの人口統計の増加は、インドの宅配市場の成長をさらに後押ししています。
インドの宅配市場は、競合分析と主要ベンダーを調査します
このレポートは、インドの宅配市場の主要ベンダーをカバーし、分析しています。主要なベンダーは、この市場でますます製品と投資を開発しており、その結果、インドの宅配市場は今後数年間で大幅なペースで成長すると予想されています。インドの宅配市場の主要なプレーヤーは、市場で競争上の優位性を得るために、合併と買収、コラボレーションとパートナーシップ、合弁事業、拡張、およびその他のいくつかの戦略など、さまざまな有機的および無機的な成長戦略を採用しています。

この戦略レポートのサンプルをダウンロードする – https://www.kennethresearch.com/sample-request-10325811

インドの宅配市場における主要ベンダーの数
• アマゾン トランスポート サービス (Amazon)
• エカートロジスティクス
• ウーバーイーツ
• スウィギー
•ゾマト
• DHL
• ブルーダーツ
• フェデックス
•マイクロライズ
これらの企業は、インドで宅配サービスを提供しています。ポートフォリオ、地理的プレゼンス、マーケティングおよび流通チャネル、収益創出、およびエコシステム全体の分析のための研究開発への多額の投資に基づいて調査されたベンダーは他にも多数あります。

インドの商品別宅配市場
• 生鮮食品
o 加工食品(そのまま食べられるもの)
o 非加工食品 (果物、野菜、その他の食品)
• 腐りにくい商品
o 大型家電 (電子機器および付属品)
o 小型家電
o 化粧品とトイレタリー (日用品)
o 衣類とアクセサリー
o 書籍とドキュメント
o その他 (エンターテイメント & メディア)
商品に基づいて、インドの宅配市場は生鮮品と生鮮品に分割されます。生鮮食料品セグメントは、オンライン食品配達サービスの採用が増加しているため、大幅な速度で成長すると予想されています。

タイプ別のインドの宅配市場
•セルフデリバリー(所有および運営)
• 共有配信 (アグリゲータ)
• サードパーティの配送 (パッカーズ & ムーバーズおよびその他の物流サービス)
配達の種類に基づいて、インドの宅配市場は自己配達、共有配達、およびサードパーティの配達に分割されます。インドでは、日課、ライフスタイル、食習慣の変化により、セルフデリバリーとシェアードデリバリーが宅配市場で大きなシェアを占めると予想されています。都市別インドの宅配市場
• デリー
• コルカタ
• バンガロール
•ムンバイ
• 他の街
インドの先進都市は、主に消費者支出の増加と所得水準の上昇により、2019年から2025年の予測期間中にインドの宅配市場に大きく貢献するでしょう。

インドの宅配市場 メリット
レポートは、インドの宅配市場の詳細な分析を提供します。宅配サービス プロバイダーは、さまざまな配送オプションを提供することで消費者のエクスペリエンスを向上させるために、いくつかのテクノロジを採用しています。 2019年から2025年にかけて、フードデリバリーのスタートアップとデリバリーアグリゲーターの数が増加し、インドの宅配市場の成長を後押しするでしょう。

この戦略レポートのサンプルをダウンロードする – https://www.kennethresearch.com/sample-request-10325811

インドの e コマース業界は、2022 年までに収益が 1,080 億ドルを超えると予想されており、世界で最も急成長している e コマース市場の 1 つです。この業界では、オンラインの食品およびレストラン サービス プロバイダーが急速に成長しており、インドの実店舗のレストラン ビジネスにとって困難な環境を作り出しています。
e 小売業者は、消費者体験を向上させるために、配送サービスを継続的に開発しています。いくつかの組織は、配達範囲と速度を向上させるために、配達ステーションを拡大しています。たとえば、Amazon はインドで最大の配送ステーションであるプネに配送ステーションを開設すると発表しました。これにより、プネーやこの都市の他の地域でのAmazonの配送サービスが大幅に改善されます。

現在、多数の宅配業者が、オンライン小売業者全体で使用されているいくつかのソリューションを提供しています。このレポートでは、商品、種類、および都市の観点から市場について説明しています。さらに、レポートは、市場の成長に影響を与える主要な課題とドライバーについての詳細を提供します。

ケネス・リサーチについて

Kenneth Research は、業界の専門家や組織が市場動向を解読して重要な決定を下し、戦略を計画するのに役立つ定期的なシンジケート レポートを提供します。ヘルスケアと製薬、ICTとテレコム、自動車と輸送、エネルギーと電力、化学、FMCGと食品、航空宇宙と防衛など、幅広い業界に対応しています。私たちの研究チームは、グローバルレベルで戦略的なビジネスコンサルティングサービスを提供するために、定期的に業界を追跡および分析することを保証します.私たち Kenneth Research は、クライアントが十分な情報に基づいた意思決定を行えるように、重要なトピックについて記述的な洞察を得ることに長けています。
お問い合わせ

ケネス・リサーチ

電子メール : [email protected]

電話: +1 313 462 0609

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button