ライフスタイル

2022年5月26日オープン ぎょうざ おとせ – 京都のお墨付き!

2022年5月26日オープン

2022年5月26日オープン ぎょうざ おとせ

2022年5月26日オープン ぎょうざ おとせ

京都市中京区に餃子のお店「ぎょうざ おとせ」さんが新店オープンしたので行ってきました。

場所京都府庁前で、丸太町駅から徒歩3分のところ。

オープン日(開業日)は2022年5月26日で、訪問日は2022年6月2日です。5月12日に店頭にオープン告知の貼紙が貼りだされていたので気が付きました。

※お店の方にブログ・SNSでの掲載許可をいただいて記事を書いています。

ぎょうざ おとせ とは

ぎょうざ おとせ(京都市中京区)

ぎょうざ おとせ(京都市中京区)

ぎょうざ おとせ さんは京都市中京区2022年5月26日に新店オープンした餃子のお店です。

京都府庁前スグのところにお店があります。

皮から作る餃子と中華そばのお店

皮から作る餃子と中華そばのお店

皮から作る餃子専門店で「餃子中華そばおつまみ」などを食べていくことができます。

以前紹介した「炒麺・餃子 二六(紹介記事はこちら)」さんが業態変更して「餃子・中華そば」のお店になりました。

実食レビュー

ぎょうざ おとせ

ぎょうざ おとせ

ぎょうざ おとせ さんは京都府庁前で開業した皮から作る餃子専門店です。

店名の「おとせ」は店主さんが銀魂好きが高じて付けたそうです。

メニューは「餃子・中華そば・おつまみ」

メニューは「餃子・中華そば・おつまみ」

メニューは「餃子中華そばおつまみ」とシンプルな構成。

土地柄、会社帰りに少し飲みながら餃子やおつまみを食べて、〆でラーメンをすするというお店だと思いますが、昼の12時から営業しているのでランチで利用してみました。

手作りの皮がモッチモチの餃子です

手作りの皮がモッチモチの餃子です

餃子は皮から手作りというこだわりで、モッチモチ食感の餃子。

味付けはお酒に合うようにアッサリめにしてありますが、具材には西京みそを使っていてコクを出す工夫がされています。

餃子のタレは酢こしょう

餃子のタレは酢こしょう

餃子のタレは酢こしょうで、お酒に合うようになっています。

醤油とラー油だと少し刺激が強いので、酢こしょうの方がお酒に合いますね。

具材は食感が残るよう肉野菜は大きめ

具材は食感が残るよう肉野菜は大きめ

具材は食感が残るよう肉野菜は大きめにカットしてあり、味付けは優しいですが西京みそと肉野菜の美味しさがよく分かるようになっていました。

美味しい餃子ということもありますが、食べやすいのでパクパクと何皿も食べられる餃子です。

実はこちらの餃子は東京・飯田橋のミシュラン掲載店でテレビでもよく紹介される「餃子の店 おけ以」さんをインスパイアしたものなのだとか。

昔ながらの中華そば

昔ながらの中華そば

ラーメンは昔ながらの中華そばで、鶏をベースに濃いめの醤油という王道的な味わい。

ナルトは関西では珍しいのと、味玉がよく出来ていて絶妙な柔らかさになっていました。

こちらもシンプルな味わいですが、食べ進めるうちにはまっていくお味で美味しい中華そばです。

スープによくなじむ麺は全粒粉15%配合

スープによくなじむ麺は全粒粉15%配合

はよくスープになじむようになっていて、全粒粉を15%使っているので食感も良い麺になっていました。

餃子も中華そばもよく考えられているのがよく分かる内容でレベルの高いお店でした。

メニュー

このお店のメニューは?

このお店のメニューは?

メニュー一覧や値段など「メニュー情報」です。

メニューは「餃子・中華そば・おつまみ」という構成。

値段は1000円前後程度となっていました。

メニュー リスト(クリックでオープン&クローズ)
値段は税込み価格です。
※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)。最新情報は公式情報でご確認ください。

アクセス(場所)

ぎょうざ おとせ さんの「行き方営業時間定休日」などの店舗情報についてです。

営業時間は「12時~22時」です。

定休日は「日曜日」となっていました(公式SNSで要確認)。

場所京都府京都市中京区の京都府庁前で丸太町駅から徒歩3分のところです。

住所でいえば「〒604-0005 京都府京都市中京区玉植町227−1」で、大きな地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください(地図)。

店舗情報(クリックでオープン&クローズ)
店舗情報
店舗名 ぎょうざ おとせ
オープン日 2022年5月26日オープン
ジャンル 餃子
食事予算 1000円前後
営業時間 12時~22時(変更になる場合があります)
定休日 日曜日(公式SNSで要確認)
駐車場・駐輪場 なし
住所 〒604-0005 京都府京都市中京区玉植町227−1
地図 こちらをクリック(Google Maps)
最寄り駅 丸太町駅から徒歩3分(約280m・ルート)
最寄りバス停 府庁前バス停から徒歩2分(約120m・ルート・バス停情報)
テイクアウト 対応
イートイン 不明
コロナ対策 手指消毒・マスク
公式SNS Instagram
電話番号 タップで電話発信(営業時間内におかけください)
QR決済 ✅ PayPay

飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す

京都で話題グルメ・名物


京都関連の記事を書いているライター

ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター

まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。



クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button