ライフスタイル

「ジブリパーク」が11月1日開園、ジブリが初めて手掛けた愛知観光動画も公開 | cinemacafe.net

愛知県「ジブリパーク」の開園日が11月1日(火)に決定。パーク施設の情報も明らかになった。

愛・地球博記念公園に設営される同パークは、5つのエリアで構成。

11月に開園するのは、展示室、子どもの遊び場、売店と喫茶、収蔵施設等を整備する「ジブリの大倉庫」。『耳をすませば』の地球屋、ロータリー広場、『猫の恩返し』の「猫の事務所」を整備する「青春の丘」。『となりのトトロ』のサツキとメイの家を中心とした昭和の田園景観をイメージし、遊具や散策路等を整備する「どんどこ森」の3エリア。

どんどこ森

さらに、エミシの村とタタラ場をもとにした和風の里山的風景をイメージし、タタラ場(体験学習施設)、炭焼き小屋、休憩処等を整備する「もののけの里」。『魔女の宅急便』『ハウルの動く城』などの北ヨーロッパ風の空間をイメージし、オキノ邸と庭園、ハウルの城と荒地、レストラン棟等を整備する「魔女の谷」は、先行する3エリアの開園から概ね1年後の開園を目指すという。

宮崎吾朗監督は、ジブリパークについて「スタジオジブリにテーマパークを作らないかというご提案は、各所から頂いていました。しかし、ジブリ作品はファンタジーの側面を持ちつつも、現実に立脚するものであり、所謂テーマパークとして再現することに違和感がありました。そんな中、愛知県さんから良いお話を頂いたという背景があります。今回、愛・地球博記念公園内の未利用の土地などにジブリパークが入らせてもらっています。公園に思い出や思い入れがある人はたくさんいるので、ジブリパークができることでそれらを壊したくはなかったのです」と思いを明かした。

また、スタジオジブリが初めて手掛けた観光動画とキービジュアル「風になって、遊ぼう。」も公開。ジブリパークのある愛知の魅力を、ジブリの世界観に沿って描いた観光動画で、観光スポットを取り上げ、パーク来場者に県内周遊を呼び掛ける内容だ。

「風になって、遊ぼう。」

映像について鈴木敏夫プロデューサーは「スタジオジブリがアニメーションではない実写の作品を作るのは珍しいけれど、観てみるとけっこういいじゃん(笑)」と率直な感想を述べ、パークについては「所謂テーマパークじゃない、基本的には公園であることを崩してはいけない、でも来たら楽しい場所にしたい」と明かしていたという宮崎監督の構想に触れ、「絵に描いた餅ではないかとも考えていたが、今日見たら、よかったんですよ、本当に」としみじみ語った。

動画は、動画配信サイトでの配信はもとより、駅のデジタルサイネージや各種イベントなどで積極的に活用。キービジュアルは、ポスターやパンフレットなどとして活用されるという。なお、ジブリパークの公式サイトが2月1日12時よりオープンすることも決定した。

“>

「ジブリパーク」は11月1日(火)開園予定。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button