ライフスタイル

「台湾巨匠傑作選 2020」開催記念、コラボ台湾スイーツが登場 | cinemacafe.net

9月19日(土)より新宿K’s cinemaにて開催される「台湾巨匠傑作選 2020」が、開催を記念して「LITTLE SPICE THE CAFEミライ」(東京・月島)にてコラボキャンペーンを実施することが決定した。

「LITTLE SPICE THE CAFEミライ」は、お気に入りの映画館(ミニシアター)のロビーで寛ぐひとときのような時間を過ごせる、映画のエッセンスを少しだけ散りばめた一軒家カフェ。

ミライ店内
今回のコラボキャンペーンでは、関連グッズプレゼント、コラボメニュー販売、半券チケット提示で「アイス茉莉花茶」プレゼントと、3つのコラボ企画を実施。

コラボメニューには、緑豊かな南国のバナナを夢見て台湾へ渡った青年が主人公の『バナナパラダイス』の日本劇場初公開を記念した「バナナパウンドケーキ」が登場。ほかにも、台湾スイーツが期間・数量限定で販売される。

タピオカドリンク「台湾巨匠傑作選 2020×「LITTLE SPICE THE CAFEミライ」コラボ
さらに関連グッズプレゼント企画では、CAFEミライの商品を一度に合計3,000円(税別)以上、テイクアウトで購入すると、先着10名様に「台湾巨匠傑作選2020」関連グッズがプレゼントされる。

「台湾巨匠傑作選 2020」では、本邦劇場初公開となる台湾映画界のレジェンド、ワン・トン監督の『バナナパラダイス』のほか、エドワード・ヤン監督上映可能全作品、ツァイ・ミンリャン監督4部作、『怪怪怪怪物!』『幸福路のチー』『祝宴!シェフ』『天空からの招待状』『星空』など人気の台湾青春映画、アニメ、ドキュメンタリー、ホラー、サスペンスと、幅広いジャンルの作品がラインアップ。全33作品の台湾映画が楽しめる。

●『バナナパラダイス』デジタルリマスター版 本邦劇場初公開

『無言の丘』『村と爆弾』などの監督作品に加え、『熱帯魚』『藍色夏恋』などをプロデュース、100本以上の作品で美術指導を担当した台湾映画界のレジェンドワン・トン監督。日本人の知らない戦後台湾史を、ユーモアあふれるエピソードと奇想天外な展開で描き出す最高傑作が、30年の時を経て、遂に日本劇場初公開!

広告の後にも続きます

『バナナパラダイス』サブ
1949年、幼なじみのダーションを頼って国共内戦中の国民党軍に潜り込んだ青年メンシュアンは、寒風吹きすさぶ荒涼たる中国華北から、バナナが実る緑豊かな南国台湾へとたどり着く。その新天地で2人にスパイ容疑がかけられ、メンシュアンは命からがら部隊を逃げ出す途中、ある男の臨終に出くわしたメンシュアンは、その妻ユエシャンに彼女の夫になりすまして仕事に就くことを持ち掛けられる…。

LITTLE SPICE THE CAFEミライ「台湾巨匠傑作選2020」開催記念 3つのコラボレーションは9月5日(土)~10月16日(金)まで。
※実施期間はコラボ企画によって異なる

「台湾巨匠傑作選 2020」は9月19日(土)~11月13日(金)新宿K’s cinemaにて開催。


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button