ライフスタイル

NY伝説の味「ピーター・ルーガー」ステーキ店、東京にオープン – Bloomberg

ニューヨークの伝説の味がついに東京でも味わえるようになる。ミシュランガイドで紹介されている「ピーター・ルーガー・ステーキハウス」が14日、ニューヨーク以外で初の店舗を東京にオープンする。

  渋谷区恵比寿の閑静なエリアに位置する店舗は、脂ののった和牛の人気で知られる東京で、ドライエイジングビーフ(乾燥熟成牛肉)を世界に広めたピーター・ルーガーの出店を果たすため、何年もかけて取り組んできた努力のたまものだ。

  ステーキ店が入居するレンガ外壁の3階建てビルは、1887年にニューヨークのブルックリンにオープンした家族経営のレストランをほうふつとさせる。高級ステーキ店の出店が多い六本木や丸の内の金融街からは離れているが、ニューヨークの店舗と建物が似ていることからこの場所が選ばれた。

relates to NY伝説の味「ピーター・ルーガー」ステーキ店、東京にオープン

「ピーター・ルーガー・ステーキハウス 東京」(東京・恵比寿)

 

  ピーター・ルーガーの東京店をオープンするワンダーテーブルの秋元巳智雄社長は「まさにブルックリンの本店がそのまま東京に降りてきた」と語る。同社は米ロウリーズ・ザ・プライムリブのフランチャイズも展開する。

  和牛が海外でファンを獲得しているように、日本でもここ10年、ドライエイジングビーフの人気が高まっている。米国産牛肉の輸入規制緩和を背景に「ウルフギャング・ステーキハウス」「ベンジャミンステーキハウス」「エンパイアステーキハウス」「モートンズ・ザ・ステーキハウス」がいずれも東京に出店している。

和牛ブームのNY発、伝説のステーキハウスが20年までに日本上陸

  ピーター・ルーガーの東京店で使用する牛肉は毎週、米国から日本に空輸され、店舗内の専用の熟成庫で28日以上、熟成される。看板メニューのTボーンステーキ(2人用)はオープン時で2万2000円(消費税・サービス料抜き)。ニューヨークの店舗と同様、時価での提供となる。 

  ただ東京の店舗は2つの分野でニューヨークと異なる手法を用いる。ピーター・ルーガーはずっと支払いは現金、予約は電話のみとしてきた。しかし、日本では現金での会計を行わず、人工知能(AI)を利用したLINE提供の電話予約システムに加えネット予約も受け付ける。

  オープンから60日間の予約は、先月の受付開始から数時間でいっぱいになった。現在は予約を90日先まで受け付けており、ディナーの枠は年末までほぼ埋まっている。

  秋元社長によると、東京出店の費用はライセンス料と建設費を含め約10億円。オープンは当初、東京五輪開催前の2020年を目指していたが、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)でさらに遅れた。 

relates to NY伝説の味「ピーター・ルーガー」ステーキ店、東京にオープン

ピーター・ルーガー・ステーキハウス 東京の料理

 

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button