ライフスタイル

Uber Eats 日本でのサービス開始から 5 周年! – カワコレメディア

13万件を超える登録店舗にて 47 都道府県で展開するまでに!

Uber Eats は、日本に上陸をしてから 5 周年を迎えました。

2016年9月29日に、世界で8番目の国として、東京の一部地域(渋谷・恵比寿、青山・赤坂、六本木・麻布エリア)の150のレストランパートナーとともにスタートしました。あれから5年が経ち、北海道から沖縄まで、全国47都道府県でサービスを提供しています。登録店舗数も13万店舗まで拡大し、行列必至の話題のお店や定番のチェーン店のお料理はもちろん、医薬品や日用品、電化製品までも注文することができます。

画像1: Uber Eats 日本でのサービス開始から 5 周年!

これまでの5年間のトレンドをデータとともに振り返ってみましょう。

世界6大陸、6,000 以上もの都市で展開をしている Uber Eats を使うと、海外に住む友人や家族など大切な方に向けて、日本にいながらにしてデリバリーを手配できます。これまでに日本からの注文で 59 カ国、計1万件以上もの配達を完了。お届け先で1番多かった国はアメリカで、次に台湾、オーストラリアと続きます。

カナダ、イギリス、フランス、メキシコ、スリランカ、ニュージーランド、ブラジルといった国々への配達もありました。この 5 年間で、国内のエリア毎の最高注文額も出してみました。すると、1 回におけるご注文の最高額は 約49万円(東京)という方も。続いて約25万円(大阪)、で約21万円(福岡)、 約12万円(名古屋)、約9万円(横浜)という結果が出ました。ご注文額上位のお客様は、ワインショップ・エノテカ エノテカ&バー 表参道ヒルズ店(東京) にて 2012 年ヴィンテージのシャトー・ムートン・ロスチャイルドなどの高級ワインや、【うなぎ専門店】江戸焼 うなぎ 菱富(大阪)の【Uber Eats 限定】特別うな重、北海道かに将軍 今池店(名古屋)にてタラバかに足一本ゆで、エンパイアステーキハウス六本木(東京)のプライムポーターハウスステーキなどを
ご注文されていました。ホームパーティや記念日利用といった、おうち時間の充実にデリバリーを活用いただいてる方が多くいることがうかがえます。

画像2: Uber Eats 日本でのサービス開始から 5 周年!
画像: 2016年9月29日の Uber Eats が東京で上陸した日の最初のオーダーは、バーガーマニア恵比寿のラテシェイクでした。

2016年9月29日の Uber Eats が東京で上陸した日の最初のオーダーは、バーガーマニア恵比寿のラテシェイクでした。

配達パートナーのトレンド

Uber Eats では、現在、約10万人もの配達パートナーが全国で活躍をしています。配達パートナーが、過去5年間で完了した日本での配達総距離は、なんと 3.8 億 km!これは、地球から月への片道旅行1,000 回分となります。Uber Eats の配達パートナーは、自転車での配達がもっとも多く、およそ7割が自転車を選択しています。今では当たり前になった街の風景ですが、実は国により車両の傾向が異なります。例えば、台湾では 9 割以上がバイクを利用し、アメリカやカナダでは車による配達がもっとも多いです。国内では、各地の警察と自治体と協力し、交通安全の啓発活動にも取り組んでいます。

数字から見る Uber Eats の 5 年の歴史、いかがでしたか。
Uber Eats では 5 周年を記念し、10/13(水)までの期間、お得なキャンペーンも開催されています。ぜひチェックしてください!


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button