ライフスタイル

泥酔したニコラス・ケイジ、靴を脱ぎ捨てレストランのスタッフと口論! スターらしからぬ衝撃的な動画が報じられる – セレブニュース | SPUR

2021年13日(現地時間)、酔っ払い、ラスベガスのレストランから追い出されたと報じられた俳優のニコラス・ケイジ(57)。裸足で店のスタッフに悪態をつく様子が拡散されると、SNSには「オスカー俳優とは思えない!」「ひどい有り様だ」といった落胆の声が続出した。

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

The Sun』に語った目撃者は「私たちはレストランのバーに居て、はじめは酔った状態のホームレスの男性がいると思っていた。彼がニコラス・ケイジだと分かり、衝撃を受けたよ。彼はひどく酔っ払い、スタッフと軽い口論になったり、裸足で歩き回っていたよ」と証言。

さらに「スタッフはその後、彼がテキーラのショット数杯に加え、1980年のマッカランのウィスキーを飲み、酔っ払ったことを教えてくれたよ」と明かした。

また『The Sun』は、その現場を収めた動画を公開。黒のTシャツとアニマル柄のパンツをまとったニコラスの足元は、なぜか裸足。髭の手入れも行っていないようで、ニコラスだと気付かなかったという目撃者の証言にも納得する風貌だ。

店のスタッフから退出するように促されると靴を履いて立ち上がるが、足元はおぼつかない様子。そんな光景に、ファンは「オスカー俳優とは思えない」とコメントしており、ショックを隠せない様子。

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

今年月には日本人俳優リコ・シバタ(26)と5度目の結婚を果たし、日本でも大々的に報じられたニコラス。結婚式の後日に行われたインタビューでは、「私たちはとても幸せだ」と喜びを語っていた。 

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

しかしその3カ月後となる月に、母のジョイ・フォーゲルザング(享年85)が他界。ジョイは長年メンタルヘルスの問題に悩まされており、亡くなる2週間前に入院していたとのこと。英エンタメサイト『Daily Mail』は、今回の泥酔に、母の逝去が関係しているのではないかという見方を示した。

Photo:Instagram(@spletnik_ru)
Photo:Instagram(@spletnik_ru)

2019月にエリカ・コイケと4回目の結婚をした時も、泥酔状態で結婚許可証の申請や挙式を行い、日後に婚姻無効の申請手続きをしていたニコラス。大きなトラブルに巻き込まれないことを、願うばかり。

text : Mariko Peeling


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button