ライフスタイル

【新型コロナ】東京都が飲食店に営業時間の短縮を要請。夜10時まで、協力金は20万円 | Foodist Media by 飲食店.COM

画像素材:PIXTA

東京都は7月30日、都内で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、酒類を提供する飲食店とカラオケ店に対し、営業時間を朝5時から夜10時までに短縮するよう要請した。期間は8月3日から8月31日までで、全面的に協力に応じた中小事業者には一事業者あたり一律20万円の協力金を支給するという。

東京都では同日、新規感染者が367人確認され、これまで最多だった今月23日の366人を上回り、過去最多を記録した。小池百合子知事は記者会見で、感染状況について4段階ある警戒レベルのうち最高レベルであると説明。「先生方からの意見を踏まえると、現状はこれまで『感染拡大警報』と申し上げていたところに2文字を加えて、『感染拡大特別警報』である状況だと認識している。一刻の猶予も許されない。すみやかな取り組みの推進が必要である」と危機感を示した。

【注目記事】【新型コロナ】消費者の多くが飲食店に「厳密な衛生管理」求める。Retty調査で明らかに

画像素材:PIXTA

営業時間短縮以外に飲食店がすべき対応は?

小池都知事は、会食などを通じた感染が相次いでいることを指摘した上で、事業者に「感染防止徹底宣言ステッカー」の掲示を求めた。「感染防止徹底宣言ステッカー」は、「東京都感染拡大防止チェックシート」に掲載されている事業者が実施すべき感染防止対策をすべて実施し、専用フォームから申請すると取得できるもの。今回の営業時間短縮の協力金を受け取るには、このステッカーの掲示が条件となっている。また一方で、消費者に対しては、ステッカーを掲示していない飲食店に行くことは避け、掲示されている安心な飲食店を利用するよう訴えた。

最後に小池都知事は、「今後、状況がさらに悪化した場合には、東京都独自の緊急事態宣言を発することも考えざるを得ない。今こそ、すべての都民の皆様、事業者の皆様が一体となって、国難とも言えるような状況をともに乗り越えていきたい。都民一人ひとりのご理解とご協力を強くお願い申し上げたい」と、改めて感染拡大防止への協力を求めた。

8月3日より、都のホームページでは「感染防止徹底宣言ステッカー」を掲示している施設や店舗の名称と位置情報を公開するという。その情報を飲食店選びの参考にする消費者もいるだろう。まだステッカーを掲示していない店舗は、ステッカー取得の検討を早急に進めたい。

■「感染防止徹底宣言ステッカー」についての詳細は東京都防災ホームページを参照

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)

Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)


※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button