ライフスタイル

【グランドニッコー淡路】秋の野菜コース 和洋の饗宴 – 神戸経済新聞

グランドニッコー淡路(住所:兵庫県淡路市、総支配人:星野 美奈子)は、豊かな自然に恵まれた淡路島と兵庫県で採れた旬の食材を主役に、素材の味わい深い風味と秋野菜の色合いを活かした特別ランチ「秋の野菜コース 和洋の饗宴」を館内2つのレストランにて、2021年10月1日(金)からご予約限定で提供いたします。

秋の味覚を取り揃えた日本料理「あわみ」の会席コース

日本料理「あわみ」 前菜
日本料理「あわみ」でご用意する前菜は、柿のみぞれ和え、里芋のあられ揚げや焼き茄子のずんだかけなどを華やかに盛り付けた深まる秋の彩りを感じる一品です。朴葉と特製玉ねぎ味噌の芳ばしい香りとまろやかな味わいが淡路島えびすもち豚の旨味を際立たせる焼物「朴葉玉ねぎ味噌焼き」や、栗や茸など素材の旨味がじっくりと染みこんだ栗五目御飯蒸篭蒸し、淡路産和栗のモンブランと丹波産大納言ヨーグルトのアイスクリームなど、旬の味覚を心ゆくまでご堪能いただけるコース仕立てです。

旬の素材の美味しさを最大限に引き出す繊細なコース料理

ファンダイニング 「コッコラーレ」 スペシャリテ 肉料理
地中海フレンチを楽しめるファンダイニング「コッコラーレ」スペシャリテのスープ料理「蕪のブルーテ」は、じっくりと時間をかけて火を入れ、蕪の甘みを引き出した濃厚でまろやかなスープ。表面を軽くキャラメリゼした蕪を添えて、香ばしさをアクセントに加えた味わい深い一品に仕上げました。魚料理は、二度目の旬を迎え旨味が増した淡路産の名残鱧を蒸して表面を炙り、焼きなすと松茸香る鯛のスープを合わせた香り豊かな一皿です。コースのメインとなるのは、外側を香ばしくグリルした淡路牛に、神戸産赤ワインのソースを合わせて、淡路牛の濃厚な旨味がほとばしるシェフおすすめの肉料理です。コースの締めくくりには、竹炭と黒ゴマのムースに紫芋のクリームを合わせて、こっくりとした秋の色合いに心躍るデザートをお召し上がりいただきます。

秋の食材の芳醇な香りと深みのある味わいを活かして、和と洋それぞれの料理人が丁寧に仕上げた収穫の秋にふさわしい美味の数々をご堪能ください。

秋の野菜コース 和洋の饗宴 概要

■ 販売レストラン: グランドニッコー淡路 日本料理「あわみ」(3階)、ファンダイニング「コッコラーレ」スペシャリテ(2階)
■ 販売期間:2021年10月1日(金)から11月30日(火)まで
■ 提供時間:ランチ 11:30~14:30(3日前までに要予約)
■ 料金:お一人様 ¥5,500

※ 掲載料金はサービス料と消費税が含まれております。
※ 画像はすべてイメージです。
※ 食材の入荷状況により料理内容を予告なく変更する場合がございます。
※ 現在館内施設の営業内容を変更しております。詳細・最新情報については公式サイトhttps://awaji.grandnikko.com/ をご覧ください。
■ ご予約・お問い合わせ:グランドニッコー淡路(予約係) TEL:0799-74-1112(受付時間 10:00~18:00)

【グランドニッコー淡路の施設概要】
グランドニッコー淡路 外観
所在地: 兵庫県淡路市夢舞台2番地
延床面積:29,200平方メートル
ホテル: 地上10階
施設構成:客室数 201室、宴会場 7室、
     レストラン・ラウンジ4カ所、
     スパ、フィットネスジム、
     屋外プール、ウエディングチャペル ほか
アクセス:公共交通機関 高速バスで
     JR舞子駅から約15分、
     JR三ノ宮駅から約45分、
     JR新神戸駅から約60分
     大阪方面から車で
     神戸淡路鳴門自動車道・淡路ICを下り、
     国道28号線を海岸沿いに南へ5分
電話番号:0799-74-1111(代表)
公式サイト:https://awaji.grandnikko.com/


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button