ライフスタイル

鈴木亮平“喜多見”の話術に絶賛、賀来賢人“音羽”には「究極のツンデレ」の声…「TOKYO MER」5話 | cinemacafe.net

鈴木亮平主演「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の5話が8月1日放送。大物政治家相手を手玉に取る喜多見の“話術”に絶賛の声が殺到。また“究極の選択”を迫られた音羽にも「めちゃくちゃ良い人」「究極のツンデレ」など賞賛の言葉が送られている。

最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車輌(ERカー)で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、負傷者にいち早く救命処置を施すモバイル・エマージェンシー・ルーム“MER”が東京に設立。この「TOKYO MER」に集った救命医や看護師たちの活躍と、TOKYO MERを巡る政治劇も描かれていく本作。

優秀な救命救急医だが経歴に“空白の1年間”を持つTOKYO MERのチーフ・喜多見幸太を鈴木さんが演じるほか、TOKYO MER解体の命を受けながら医師としての使命感から喜多見に協力していく音羽尚に賀来賢人。

初の女性総理大臣の呼び声も高い東京都知事の赤塚梓に石田ゆり子。赤塚をライバル視しTOKYO MER解体を企む厚生労働大臣の白金眞理子に渡辺真起子。白金のもとでTOKYO MER解体のため音羽に檄を飛ばす久我山秋晴に鶴見辰吾。またTOKYO MERのスタッフとして菜々緒、中条あやみ、小手伸也、佐野勇斗。レスキュー隊の千住幹生に要潤。喜多見の妹・涼香に佐藤栞里。東京都危機管理対策室室長の駒場卓に橋本さとしといった面々も出演。

「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第5話(C)TBS
※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
音羽が白金の後ろ盾で政界のドンと呼ばれる与党幹事長・天沼夕源(桂文珍)と乗ったエレベーターが火災により急停止する。エレベーターには涼香と妊婦も乗り合わせており、煙が充満し酸欠状態のエレベーターで妊婦の容態が急変する。出動したTOKYO MERには天沼の救出を優先するよう命令が下るが…というのが今回のストーリー。

ロープもちぎれ傾き煙が充満してるエレベーター内で手術を始める音羽だが、酸素が足りず意識が朦朧としていく。このままでは妊婦も涼香も、そして音羽も命が持たない。そんな状況でも一切協力しない天沼だったが、そこに到着した喜多見は笑顔で「天沼先生、協力してくれたら一躍ヒーローじゃないですか」と協力を求める。それを聞いた天沼はエレベーター内の防犯カメラで自分の様子が外部に映し出されていることに気付き、協力したほうが得策だと翻意する…。

「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第5話(C)TBS
「人を使うのが上手い!!モノは言いようよなぁ」「喜多見チーフのせかた上手い 一躍ヒーローね」「政治家動かしたんやばすぎるって笑笑」など、喜多見の“話術”に視聴者から喝采の声が上がる。

音羽がエレベーター内で手術したことで母親と赤ちゃんは両方無事に助かる。助かった母親のもとを訪れた音羽は赤ちゃんの顔を見ると微笑みを浮かべ、自分の母親が貧困のなか若くして亡くなったことから、医療の不平等を是正するために医師免許を持ちながら官僚になったことを告白。出産一時金をはじめとした医療制度の活用を勧める…そんな音羽にも「音羽先生の涙とか表情…言葉…全部グッとき過ぎ」「音羽先生ずっと謎だったけど、めちゃくちゃ良い人で感動」「音羽先生の妊産婦への医療制度に関しての言葉に泣きました」「音羽先生、究極のツンデレだよ本当に!!!」などの声が殺到している。


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button