ライフスタイル

ダニエル・オートゥイユ主演最新作『ベル・エポックでもう一度』、蘇る“あの日”本編映像公開 – CDJournal ニュース

 第72回カンヌ国際映画祭正式出品作品、フランス映画界のトップに立ち続けるダニエル・オートゥイユ主演最新作『ベル・エポックでもう一度』が、6月12日(土)より東京・シネスイッチ銀座ほかにて公開。このたび、本編映像が公開されています。

 本作は、2019年のカンヌ国際映画祭で上映されるや、「甘くて独創的なリチャード・カーティスのような、観客を楽しませるロマンチック・コメディーだ。」(Screen Daily誌)と評され、その後のフランス公開時には当時全世界でスーパーヒットを記録していた『ジョーカー』から興行ランキングの首位を奪って初登場第1位を記録。国内最高峰の賞となるセザール賞3部門受賞&8部門ノミネートも果たした大注目の作品が、ついに日本にも温かな旋風を送り込みます。

 監督・脚本・音楽は、『タイピスト!』などに俳優として出演し、本作が監督2作目となるニコラ・ブドス。主人公のヴィクトルには、長きにわたってフランス映画界のトップに立ち続けるダニエル・オートゥイユ。妻のマリアンヌには、国民的大女優ファニー・アルダン。フランス映画界の至宝と称えられる2人の共演が実現しました。フランスが誇る名優と若き才能のハーモニーで紡ぐ、今を生きるすべてのひとを応援する人生讃歌です。

 この度公開された本編映像は、アントワーヌ(ギョーム・カネ)による合図「全員 位置について」で“キャスト”たちが動き出す様子から始まります。劇中でアントワーヌが提供する〈タイムトラベルサービス〉は、どんな過去でも美術セット・照明・俳優を使って注文通りに再現し、客はその世界の住人として1日を体験することが出来る体験型エンターテイメントサービスです。今回の体験者は主人公ヴィクトル(ダニエル・オートゥイユ)。自身がオーダーした“1974年5月16日のフランス・リヨン”の街並みの再現度に驚嘆し、キョロキョロとあちこちを見ながら歩みを進める様子が実に愛らしいです。それもそのはず、すれ違う人たちの服装は70年代当時のファッション、街を走る車はシトロエン・アミ8コンフォートやシムカ・1000らしき当時の名車たち。スマホも携帯もないので街角には公衆電話。一部壁紙が剥がれた箇所を見つけ、にんまりしながらこれが“セット”であることを再認識するヴィクトルですが、眼前に現れた想い出のカフェに目を奪われ、思わず口をポカンと開けたまま立ち止まり、目を輝かせます。あの頃毎日のように通ったカフェのドアを開け恐る恐る入店するヴィクトルを、馴染みのマスターらしき“キャスト”が「やあ調子は?」と“いつものように”迎え入れます。カウンターに寄りかかり、店内の様子をゆっくりと眺めるヴィクトルの表情からは、かつて自分がここに通った70年代の輝かしい日々や当時抱いた感情がじわじわと蘇ってきて、それをゆっくりと味わっている様子が窺えます。誰しも一度は夢見る漫画のような話ではありますが、仮にこのようなサービスがあって、自分が過去を再体験できるとしたら、いつ・どこに……そんな妄想タイムに突入してしまう人も少なくないでしょう。

 なお、既に公開済みの予告編でも語られていますが、ヴィクトルがオーダーした“1974年5月16日のフランス・リヨン”のこのカフェ“ラ・ベル・エポック”で、彼は運命の女性に出逢います。彼がこのあとどんな“再体験”をするのか、是非スクリーンで見届けて欲しいです。

©2019-LES FILMS DU KIOSQUE-PATHÉ FILMS-ORANGE STUDIO-FRANCE 2 CINÉMA-HUGAR PROD-FILS-UMEDIA

『ベル・エポックでもう一度』
2021年6月12日(土)より東京 シネスイッチ銀座ほか公開
www.lbe-movie.jp
配給: キノフィルムズ


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button