国際ニュース

恐竜、宇宙、エボラ…コロナの他にも科学10大ニュース|NIKKEI STYLE

ナショナルジオグラフィック日本版

新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)の陰に隠れてあまり目立たなかったが、今年も大きな科学的発見がたくさんあった。2020年が終わろうとしている今、あなたが見逃していたかもしれない重要な発見をナショジオが選んでお届けする。さっそく、振り返ってみよう。

【1】地球最古の物質、太陽誕生より古かった

太陽が誕生する何十億年も前、瀕死(ひんし)の恒星が宇宙にダスト(微粒子)を放出した。ダストの一部はほかの岩石に取り込まれて宇宙を漂い、1969年9月に明るく輝きながら地球に落下した。落下地点がオーストラリアのマーチソン村だったため、マーチソン隕石(いんせき)と呼ばれている。

マーチソン隕石に含まれる古い岩石を科学者が新たに分析したところ、46億~70億年前の恒星のダスト粒子が発見された。こうした初期の恒星のダスト粒子を含む隕石は全体の約5パーセントしかないと推定されているが、科学者たちは、銀河系の歴史を知るための貴重な手がかりを今後も探し続けたいとしている。

隕石の中から見つかった非常に古い大きな粒子は、年老いて爆発した星から飛んできたダストだった可能性がある。写真ははくちょう座の方向、約3000光年先にある「卵星雲」。太陽型恒星の一生の一段階である原始惑星状星雲だ(IMAGE BY NASA, W. SPARKS (STSCI)AND R. SAHAI (JPL))

この研究で年代が決定された粒子の1つの走査型電子顕微鏡画像。粒子の直径は最大でも約8ミクロンしかない。ちなみに人毛の太さは50~100ミクロン(IMAGE BY HECK ET AL. PNAS 2020)

■恐竜を絶滅させた隕石衝突 温暖化緩和に貢献?

■衝突回避、生命の謎…米版はやぶさ欲張りなミッション

【2】ティラノサウルス類の孵化前の化石を初めて発見

2018年にカナダのアルバータ州にあるホースシューキャニオン累層で見つかった足の爪と、1983年に米モンタナ州ツーメディスン累層で見つかっていた下あごの骨は、どちらもふ化する前のティラノサウルスのものであることが明らかになった。

化石は7100万~7500万年前のもので、分析の結果、ティラノサウルス類は驚くほど小さく生まれていたことがわかった。長い尾をもっていたとみられ、大きさは成体よりもはるかに小さい。

ふ化したてのティラノサウルス・レックスの想像図。今回新たに報告された胚の化石は、ティラノサウルス・レックスのものではなく、近縁の初期のティラノサウルス類のものだが、まだ特定はされていない(ILLUSTRATION BY JULIUS CSOTONYI)

■凶暴なティラノサウルス類 生まれたては「チワワ」大

■成長期のティラノサウルス発見 新種論争に決着か

【3】火星で謎の「脈動」が聞こえた

2018年11月、火星探査機インサイトが火星の鼓動を探るため、冷たく埃(ほこり)っぽい火星の地表に降り立った。インサイトは初期の発見のいくつかを地球に送信し、世界中の科学者を喜ばせると同時に困惑させた。なかでも興味深いのが火星の音だ。持続して聞こえるその小さな低音は、火星の地震に合わせて響く脈動のように聞こえる。

火星の脈動がどこで起きているかは不明だ。地球にも風のうなりや岸に打ち寄せる波などの振動がたくさんあるが、火星の脈動は地球の自然の脈動に比べて音程(ピッチ)が高い。インサイトの地下の地質学的構造が特定の音を増幅しているのかもしれないし、インサイト自体がノイズを発生させている可能性も考えられる。

火星で観測を行う探査車「インサイト」の想像図。地殻の活動や隕石の衝突に耳をすませたり、火星の熱の流れを調べたり、太陽の周りを回る火星のふらつきを追跡したりするための観測機器を搭載している(ILLUSTRATION BY NASA/JPL-CALTECH)

■火星の南極地下に毒性の湖 幅20キロ、周囲に池も?

■ミッションは生命の痕跡探し NASAの探査車、火星へ


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button