国際ニュース

今季躍進の3選手が上位を独占 – テニス365 | tennis365.net

男子プロテニス協会のATP公式サイトは17日、今シーズン世界ランキングで大きな伸び見せた選手のランキングを掲載。トップ50以内で年末を迎えた選手では19歳のJ・シナー(イタリア)が最もジャンプアップした選手となった。

>>【中川 直樹】ラケバ公開、錦織 圭とフォームが似てる? インタビュー後編<<

>>【中川 直樹】錦織 圭と西岡 良仁からの刺激が全日本優勝の要因、インタビュー前編<<

シナーは9月に行われた全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)でD・ゴファン(ベルギー)やA・ズベレフ(ドイツ)らを破るなど活躍。R・ナダル(スペイン)に敗れたものの、四大大会初のベスト8進出を飾った。また、11月にはソフィア・オープン(ブルガリア/ソフィア、室内ハード、ATP250)でキャリア初のタイトルを獲得し、1月の世界ランク78位から37位に大きく浮上した。

同ランキングでは、2位タイとしてC・ルード(ノルウェー)とU・アンベール(フランス)が登場。今季はともに21歳時点でそれぞれアルゼンチン・オープン(アルゼンチン/ブエノスアイレス、 レッドクレー、 ATP250)とASB クラシック(ニュージーランド/オークランド、ハード、ATP250)を制し初のトロフィーを獲得。今年始めの時点から27浮上し、ルードが世界ランク27位、アンベールが30位となっている。

<世界ランクトップ50以内で今季最も浮上した選手>
※左から選手名、ジャンプアップ数、昨年末と今年の最終ランク

1位:J・シナー +41 78位→37位
2位:C・ルード +27 54位→27位
  :U・アンベール +27 57位→30位
4位:K・エドモンド(イギリス) +21 69位→48位
5位:L・ソネゴ(イタリア) +19 52位→33位
  :T・サングレン(アメリカ) +19 68位→49位

また、ATPはトップ50以内には入ることはできなかったものの、今季の世界ランクで大きく浮上したランキングも発表。優勝こそ逃したものの、2月の南フランス・オープン(フランス/モンペリエ、 室内ハード、ATP250)とソフィア・オープンで準優勝を果たしたV・ポスピシル(カナダ)が150位から61位へランクを上げ、伸び率1位となった。

<世界ランクトップ50以外で最も浮上した選手>
※左から選手名、ジャンプアップ数、昨年末と今年の最終ランク

1位:V・ポスピシル +89 150位→61位
2位:P・マルティネス(スペイン) +86 171位→85位
3位:Y・ハンフマン(ドイツ) +75 174位→99位
4位:A・バラズ(ハンガリー) +42 134位→92位
5位:J・ヴェセリ(チェコ) +38 106位→68位
  :E・ルースボリ(フィンランド) +38 124位→86位

[PR]「錦織 圭・大坂 なおみ 2020 〜復活への想い、戴冠への軌跡、そして東京へ〜」
12/29(火)夜10:00

「国枝 慎吾・上地 結衣 2020 〜グランドスラム優勝への道のり、そして東京へ〜」
12/29(火)夜11:00

■放送&配信スケジュールはこちら>


■関連ニュース

・来季ツアー序盤の日程が発表に
・ATP会長がコメントを発表
・錦織ら 最終戦ベストプレー10選

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button