国際ニュース

PlayStation 5:海外レビューのまとめ – GamesIndustry.biz Japan Edition

レビュアーたちは,ソニーのPS5は,紙の上のXboxとの比較を超えて,最初の瞬間から次世代機を “感じる “唯一の新しい家庭用ゲーム機であることに同意している。

 意図的にリードを埋めようとする誘惑が圧倒的だ。何か月もかけてゆっくりと大宣伝をし,約束を積み重ねてきたあと,情報が解禁され,新しいXboxとPlayStationの両方の家庭用ゲーム機に関する客観的な見解が公開された。2社のうちどちらが新世代への第一歩を最も自信を持って踏み出したのか,謎に包まれたままにしておくこともできるが,これだけはっきりしているのに,なぜ気にするのだろうか?

 レビュアーは確かにXbox Series X|Sに満足していたが(関連記事),賞賛は慎重に測定され,一握りの注意点で重み付けられていた。PlayStation 5では,それは明白だ ― あなたが現時点で次世代ゲーム機がどのようなものかを味わいたいならば,ソニーは本当に唯一の選択肢だ。

 実際,12以上の製品レビューを読んでみたが,大きな不満は1つだけで,ほとんどすべての記事にその不満が書かれていた。要するに,PlayStation 5は巨大であり,多くのレビュアーにとっては,そこはとくに魅力的ではないということだ。The Daily Telegraph紙のDan Silver氏は,ソニーのインダストリアルデザインに対する不満を多くの人よりも強く訴えている(参考URL)。

(PS5を)積極的に醜いと考える人もいるだろう。かさばる黒いレンガが魅力のない非対称の白い金属製フォルダーに包まれている -The Daily Telegraph

 「ソニーの新しい箱は,見栄えがしない」とSilver氏は語る。「実際,一部の人はそれを積極的に醜いと考えるでしょう:魅力的ではない非対称な白い金属製(※プラスチックです)のフォルダーに包まれたかさばる黒いレンガです。これは,明らかに即席のアイコン化を目指した試みですが,大きすぎて笑えないものになっています。PS5のサイズは,誰もが無視したくなる,部屋の中の象でもあります(※原文:The PS5’s size is both the elephant in the room and an elephant in the room.)」

 だが悪いニュースはそこで終わる。PS5の物理的な大きさと形状に耐えられる人にとっては,PS5は5つ星のうち4つの星を獲得し,心のこもった推奨品であることは明らかだが,ソニーは市場をリードするPlayStation 4の後継機にはほとんど手を加えていないように見える。The Washington Post紙のElise Favis氏によると(参考URL),その理由は「没入感」という概念をデザインの主要な決定事項の中心に据えたことにあるという。

 「これは,ゲームが存在している間中,ゲームのコンセプトとなっていたものですが,PlayStation 5ではその限界を超えています」とFavis氏は語る。「PS5では,五感を使ってゲームの世界に引き込まれます。PS5は,別の世界への窓というよりも,今までにない,見て,聞いて,感じて,その世界に引き込まれるのです」

PS5は,DualSenseコントローラや空間3Dオーディオヘッドフォンなどの先進的な周辺機器を搭載しており,Xboxよりも完成度の高い次世代機の体験を提供する
PlayStation 5:海外レビューのまとめ

 「確かに,キャラが岩山から落ちたり,敵の剣に打たれたりしたときのコントローラのガタガタ音には慣れています。しかし,それは昔の鈍感なアプローチでした。今では,雨粒が傘に落ちる音を手のひらで感じられるようになったのです。左耳を射抜く銃声に,本能的にそちらの方向を向くかもしれません。細かく調整された触覚フィードバックの瞬間と3Dオーディオの組み合わせが,PS5をまさに次世代機のように感じさせてくれるのです」

 その鍵を握るのは箱の中のアーキテクチャではなく,手に持ったコントローラなのだ。VG247のTom Orry氏はレビューの冒頭で(参考URL),Microsoftの新型ゲーム機に対する意図的な段階的で反復的なアプローチを薄っすらと批判している。PlayStation 5のコントローラは,そのライバルのアプローチを模範とする 「微調整はされたが,最終的にはサムいコントローラ」ではない。むしろ,試した幸運な人をすべて興奮させるような周辺機器だ。

 Orry氏は,「誰もが不満に思わないのは,DualSenseコントローラです」と語る。「正直なところ,新しいPS5のコントローラは,マルチプラットフォームを購入する際の判断を根本的に見直すことになると思います。これは素晴らしい技術であり,私がソニーの新しいゲーム機を使った初期の頃のハイライトの1つです」

正直言って,新しいPS5のコントローラは,マルチプラットフォームでの購入の意思決定を根本的に見直させると思います -VG247

 DualSenseコントローラへの賞賛は満場一致で,The VergeのAndrew Webster氏は(参考URL),家庭用ゲーム機に無料のゲームを同梱するというソニーの決断にさらなるポイントを与えている。Astro’s Playroomは,DualSenseが提供するもののショーケースであり,”感じる “よりも “見る “ことが難しい世代間の飛躍をどうやって伝えるかという問題を解決している。

 Webster氏は,「ハプティクスは,プレイを始めた瞬間から明らかです」と語る。「主人公のAstroを動かしていると,手に微妙な足音を感じることができ,その足音を模して左右に交互に動きます。それもいいのですが,違う路面を歩くとさらに面白くなります。言葉にするのは難しいのですが,砂の上を歩いているときの粒状感や,アストロが水の中に飛び込んだときの驚くほど正確な「平手打ち」の感覚があるのです。あるシークエンスでは,手のひらで雨のピタピタ音を感じることができ,凍てつくような雨に変わると,感覚はより鋭く,より重くなります」

 コントローラの適応性がある制動機は触覚の忠実度の同じような程度を提供する ― よりよくスクリーンの行為を模倣するために上昇し,下るあなたの接触への抵抗の量。Webster氏によると,比較的小さい変更のように見えても「これらの標準的なアクションは,信じられないほど満足のいくものに」なるのだ。

 「新しい感覚を見つけることができるかどうかを確かめるために,新しい領域やテクニックを探求している自分に気がつきました……。デザイナーは,根本的に彼らがWiiリモコンやKinectのような何かを使用する方法をコントローラで動作するように自分のゲームを変更する必要はありません。また,ローンチの時点でも,すでにサードパーティのデベロッパがデュアルセンスを活用している良い例があります」

PS5の最大の利点は,Astro’s PlayroomやSpider-Man: Miles Moralesなど,新ハードの最も先進的な機能を紹介するゲームを提供できることだろう
PlayStation 5:海外レビューのまとめ

 ここでもまた,競合するシステム間の比較でMicrosoftにお世辞にも有利とは言えない点がある。我々自身のRob Faheyが論説で指摘したように(関連記事),ソニーの「世代を信じる」という発言は,PS4ユーザーを歓迎するのと同じくらいMicrosoftのXbox Oneユーザーがゲーム機を購入することを妨げるものではなかった。しかし,Xbox Series X|Sの特徴は,前作と同じUI,ほとんど変わっていないコントローラ,そしてハードウェアのユニークな能力を示すファーストパーティのゲームがまったくないのに対し,ソニーはそれぞれの分野で何か新しいものを提供していた。

 Games RadarのSam Loveridge氏は(参考URL),PS5の「コントロールセンター」にとくに感銘を受けたという。ユーザーが何をしていたかのコンテキストに基づいて変化する UI の新しいセクションだ。

PS5の「コントロールセンター」は,ユーザーが何をしているかのコンテキストに基づいて変化する新しい UI セクションで,とくに印象的でした

 「ホームボタンの隣にはスイッチャーと呼ばれるセクションもあり,最近アクセスしたゲーム間を簡単にジャンプできます。これはゲームがサスベンドされていないかのように保持しているXbox Series Xのクイックレジューム機能のようなものではまったくありませんが,ゲームが起動するときの速度 ― ディスクや外付けSSDからも ― はそういったものがあるかのようにあなたをだまします」

 「さらに重要なのは,ゲーム内で何をしているかに関連した情報を提供してくれることです。これらの小さなアクティビティカードは,カラフルな観光案内板のようにポップアップし,次のトロフィーや最近のスクリーンショットを指し示したり,現在取り組んでいるミッションの詳細情報を提供してくれます。望むならば,完全に別のゲーム内アクティビティにジャンプすることも可能です……。それは本当に驚くべき技術であり,過去のローディング画面やメニューを一瞬でスキップします」

 GameSpotのMat Paget氏はレビューの中で(参考URL),InsomniacのSpider-Man: Miles Moralesで,PS5のコントロールセンターにあるアクティビティカードを使って,すべてのステルスチャレンジをクリアしたことを明らかにしている。これを可能にしているのは,PS5がすべてのゲームのロード時間を常に高速化しているからだと,同氏は語る。

 Paget氏は,「ホームページからのロード時間は10秒以内で,マンハッタンを一周したあとは,広大なオープンワールドのどこにいても,あと2〜3秒で移動できます」と語る。

 「この大幅な改善により,ゲームをプレイしている時間が増え,ゲームのロードを待つ時間が減るだけでなく,オープンワールドの実際のストリーミングにもメリットがあります。初期の印象的なショーケースの1つは,敵の隠れ家の中でミッションを完了したときのものでした。脱出を余儀なくされたあなたは,通気孔を狙ってそこからスパイダーマンを高速でシームレスにオープンワールドに放り込むのです。これは一瞬のことですが,次世代のオープンワールドゲームにワクワクさせてくれる技術的な成果です」

 これが,この新世代の幕開けとなるPlayStation 5とXbox Series X|Sの最も決定的な違いかもしれない。Microsoftが意識的に家庭用ゲーム機間の大きな飛躍から離れ,Game Passのエコシステムが求める一貫性に向かって進んでいるという事実を無視するわけにはいかない。しかし,Microsoftの選択は,ハードウェアのレビュアーが結論を出す際に求めるものである新世代の興奮を利用する機会を本質的に減少させていることも無視できない。

 これはすべてMicrosoftの長期的な戦略の一部であり,その妥当性は数か月,数年かけて証明されるだろう。ソニーが証明しているのは,ゲームの未来が最終的にどのようなものであろうと,今ここで興奮を煽るということになると,いくつかのベルやホイッスルに勝るものはないということだ。

※本記事はGamesIndustry.bizとのライセンス契約のもとで翻訳されています(元記事はこちら)


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button