国際ニュース

社長は弘中綾香アナの結婚相手! プログリット社員の平均給与はいくら?: J-CAST 会社ウォッチ【全文表示】

   上場企業の財務諸表から社員の給与情報などをさぐる「のぞき見! となりの会社」。今回取り上げるのは、英語コーチングサービスを提供するプログリットです。

   プログリットは、2022年9月29日に東証グロース市場に上場したばかりの会社です。上場翌日の30日、テレビ朝日の弘中綾香アナウンサー(31)が結婚相手と発表した「一般男性」が、実はマッキンゼー出身の同社社長、岡田祥吾氏(31)であったことが話題になっています。

  • 今回は「プログリット」に注目(写真はイメージ)

    今回は「プログリット」に注目(写真はイメージ)

  • 今回は「プログリット」に注目(写真はイメージ)

コロナ禍を乗り越え、2022年8月期は「過去最高」の見込み

   それではまず、プログリットの近年の業績の推移を見てみましょう。

kaisha_20221005092805.jpg

   プログリットは2016年9月に、東京・銀座で会社を設立。英語コーチングサービス「TOKKUN ENGLISH」を開始しました。2017年8月期の売上高は1億あまり。それから4期あまりでおよそ20億円にまで急速に売上を伸ばしています。

   ただし、利益には波があり、2019年8月期には経常利益が1億3109万円まで伸びましたが、コロナ禍で海外渡航制限やTOEICの公開テスト中止などのあおりを受け、2021年8月期は4581万円の営業赤字、7683万円の最終赤字に落ち込んでいます。

   この点について岡田社長は、ビジネスインサイダーのインタビューに「予測できない事態が起きた時に利益を保てるようなビジネスモデルではなかった」と経営上の問題があったことを語っています。

   なお、2022年8月期の業績予想は、売上高が前期比13.0%増の22億3900万円、営業利益が2億9000万円、最終利益は1億8600万円と、いずれも過去最高となる見込みです。

「英会話スクールではなく英語コーチング」

   プログリットは「英語コーチング事業」の単一セグメントですが、英語コーチングサービス「プログリット(PROGRIT)」と、サブスクリプション型英語学習サービス「シャドテン」を提供しています。

   2021年8月期の売上高構成比は、英語コーチングサービスが81.2%(前期比14.1%減の17億2845万円)と大半を占めています。ただし、サブスクリプション型英語学習サービスは前期比48.3%増の2億5265万円と大きな伸びを果たしており、2022年8月期第3四半期には売上高構成比を21%にまで高めています。

   「プログリット」のサービス内容は、「英会話スクールではなく英語コーチング」とうたわれています。コンサルタントが作成したカリキュラムをもとに、顧客が一日に2~3時間の「自学自習」を実施するもの。普通の英会話スクールのように、「コンテンツ/レッスンの提供」のみならず、「最適な学習方法の選択」や「学習継続支援」を行うところが特徴です。

   「ビジネス英会話」「TOEIC L&R TEST」「初級者」「TOEFL iBT/IETS」の4つのコースがあり、ビジネス英会話の12か月コースの料金は、入会金5万5000円を含む216万7000円です。

   「シャドテン」で用いられているシャドーイングとは、英語を聞きながらそれを真似して、発音するトレーニング方法。当初は、「プログリット」の卒業生のみを対象に提供していましたが、2020年6月に一般向けに提供開始以降、急成長をしています。

   料金は月2万1780円(税込)。課題をシャドーイングした自分の音声を1日30分「シャドテン」に録音し、英語のプロフェッショナルのアドバイスを受けることで、リスニング力に加えてスピーキング力の向上も期待できるとのことです。

株価の下げは嫉妬によるもの?

   プログリットの2022年7月末の従業員数は141人。平均年齢は30.3歳で、平均勤続年数は2.5年。平均年間給与は470.9万円です。上場したてなので、過去のデータは公表されていません。

   プログリットの採用サイトを見ると、新卒のほか、「英語コンサルタント(東京/神奈川/名古屋)」「英語カウンセラー(BtoC営業)」「プロダクトマネージャー」「Webディレクター」「広報・PR」「法人営業」などの中途採用が募集されています。

   英語カウンセラーの応募資格は、年齢35歳以下、英語力のある人(目安:TOEIC最低800点相当以上)、もしくは海外への留学経験がある人。入社後にTOEIC950点を目指してもらうそうです。

   想定給与は月給28~35万円。固定残業代月30時間分を含み、入社2年目の31歳で月給40万円+賞与、計550万円の年収例が示されています。

   2022年9月29日に東証グロース市場に上場。公募価格は730円で、直近の第三者割当増資(2021年10月)の株価1502円を割り込みました。株価は上場当日に1182円まで上がりましたが、翌30日には750円と落ち着いています。

   ツイッターには、「きっと今プログリットの株価が落ちてるのは弘中アナとの結婚を憎んだ一部の男性による株価下げなので、つまりプログリットは今買い時」との声もありますが、今後の株価が注目されます。

(こたつ経営研究所)

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button