国際ニュース

ハッキングはさらに楽しく! 『ウォッチドッグス レギオン』プレイレポート【特集第2回/電撃PS】 – PlayStation.Blog

ユービーアイソフトより本日10月29日(木)発売されたPlayStation®4(*)『ウォッチドッグス レギオン』。通信手段はもちろん、エネルギーや交通インフラまでもがネットワークによって管理される、スマートシティを舞台としたオープンワールドアクションの最新作だ。
*PS5版はパッケージ版が11月26日(木)発売、デジタル版が11月12日(木)発売となります。またPS4版『ウォッチドッグス レギオン』を購入された方は、追加費用なしでPS5版にアップグレードできます。

舞台はイギリス・ロンドン。この街は、ゲーム冒頭で発生した大規模な爆破事件によって混乱の極みにある。政府に代わって治安維持にあたる民間軍事企業のほか、犯罪者や未来主義者といったさまざまな組織が抑圧する人々を開放するため立ち上がったのが、正義のハッカー集団“デッドセック”だ。今作はプレイヤー自身がデッドセックを組織し、すべての元凶である謎の存在“ゼロデイ”を追うのが目的となる。

『ウォッチドッグス レギオン』ストーリートレーラーはこちら

今回は製品版をもとに、実際に遊んでわかったプレイ感覚やゲーム内容について解説していく。

条件さえ合えば本当に誰でも仲間になる! 住人ごとに異なる採用ミッションをクリアせよ!

本作最大の魅力は、なんといっても町の住民からメンバーを採用して自分だけのデッドセックを組織できるところ。最初のひとりは数十人いる候補の中から選ぶ形となるが、ふたり目以降はプレイヤー自身が「これは!」という人物を探して採用していく。

住民の能力やプロフィールは、対象にカーソルを合わせてL1ボタン長押しで確認できる。プロフィールを確認し、デッドセックに対する嫌悪感を抱いていない人物のみ採用可能だ。ロンドンのデッドセックは、ゲーム冒頭の爆破事件を起こしたテロリストという濡れ衣を着せられていて、序盤ではほとんどの人がデッドセックを嫌っている。

この状況をくつがえすには、アクティビティをクリアしてデッドセックの好感度を上げ、人々の支持を取り戻す必要がある。人々の好感度はロンドンの地区ごとに設定されていて、好感度がいっぱいになるとその地区の人々の意思を民間軍事企業などによる抑圧への反抗へとかき立てるミッションが発生。クリアするとその地区で採用できる住人が多くなるというわけだ。

メンバーにふさわしい住人を見つけたら、採用ミッションがスタートする。ロンドンの住民たちはそれぞれ悩みを抱えていて、デッドセックがこれを解決することで仲間になってくれる。ミッションは住民ごとに異なり、それぞれイベントシーンも用意されているという凝りよう。採用までひと手間あるとはいえ、仲間になる人物へより深い愛着がわく内容だと言えるだろう。

採用したメンバーは、ほとんどのシーンで操作を切り替え可能。ミッション途中で別の能力や装備を持ったメンバーが必要になったら、積極的に切り替えていけばクリアしやすくなるはずだ。さらに、メンバーはデッドセックで開発した武器や装備を持たせることで、より使いやすくカスタマイズできる。

住人たちは能力やプロフィールが非常に多彩で、気に入った人材を見つけても別の人についつい目移りしてしまうほど。操作している人物はメインストーリーのイベントシーンにしっかり登場するので、プレイする人の数だけ異なるシーンが展開する。

ボタンひとつでいろいろできる簡単ハッキングの魅力はそのまま!

事前情報ではメンバーの採用システムに注目が集まっていた本作だが、もちろんシリーズ共通の魅力であるハッキングの楽しさは失われていない。ボタンひとつで電子機器のコントロールやデータを奪う、ハッキングはすべてのメンバーが使用可能だ。

ハッキングは、対象にカーソルを合わせてL1ボタンを押しながら、△○×□ボタンでハッキングで行なわせたい動作を選択するのが基本的な操作。爆破や電源停止など、とっさに使いたいときはL1ボタンを短く押すと対象ごとに設定されたハッキングが即座に行なわれる。

また、本作では障害物越しにハッキング可能な機器を探知するスキャン機能も用意されている。監視カメラなど一部の機器は探知後にそのままハッキング可能。建物の外から内部を監視し、データのダウンロードなど物理力をともなわないアクセスならスキャンからのハッキングで十分対処できる。

スイッチの操作など物理力をともなう機器の操作が必要なら、序盤で開発可能な“スパイダーボット”の出番だ。スパイダーボットはその名のとおりクモ型の小型ロボットで、プレイヤーが遠隔操作して、敵の監視の目や狭い場所をくぐり抜けて目標へアプローチできる。敵に見つかって破壊されても一定時間たてば再使用できるので、低リスクで目標へ侵入できる便利な手段だ。

ハッキング操作は、戦闘や乗り物の運転と並行して使いやすく、内容も細かく指定できる。監視カメラ越しに対象をハッキングしたり、カーチェイスの最中に車止めを起動して後続車をクラッシュさせたりと、プレイしていて非常に楽しい。ぜひ多くの人に体験してほしいところだ。

なお、上記のようなハッキングやステルスアクションを使わず、銃器や格闘武器で強引に目的地まで進むプレイスタイルももちろん可能だ。デッドセックではいくつかの武器が開発できるほか、メンバーによってはより強力な武器をもっているのでそういった戦闘向けの住民を採用すればより戦いを優位に進められるだろう。

観光地巡りや収集要素集めといったオープンワールド探索のおもしろさもたっぷり!

本作の舞台はロンドン。海外ゲームというとたいてい右車線左ハンドルなのだが、イギリスは左車線右ハンドルの国なので、日本と同じ感覚で運転できるのはちょっとだけうれしいところ。民間軍事企業“アルビオン”が治安を担っている世界なので部分的なアレンジはされているが、ロンドン各地のランドマークも忠実に再現されているようだ。

街の特徴としては、自動車と並行して数多くのドローンが街を行き交っているところだろう。車道の上空を飛んで荷物を運ぶものやカメラを搭載してあちこちでニュースを集めているものまで種類は多彩だ。ほとんどのドローンはハッキングでハイジャック可能で、立ち入り禁止区域の偵察に利用可能だ。

とくに目を引くのは大型の貨物輸送ドローンだろう。この機体は飛行速度こそゆっくりだが、人を載せて飛ぶことができる。ビルの屋上など高所にある目標へアプローチするのに欠かせない存在となるだろう。

また、本作でも街の各所にデバイスの開発に必要な“テックポイント”をはじめとした、さまざまな収集要素が存在。清掃用の“シザーリフト”などを使い、収集物のある場所へのルートを開拓する楽しみもバッチリだ。

本作の序盤をプレイしただけで、本作は前作のハッキングのおもしろさをしっかりと継承しているという印象を受けた。さらに、無数にいる住民をデッドセックメンバーに採用するという途方もないオリジナル要素も組み込まれているのだから驚きだ。とはいえ、メンバーの採用は必ずしなければならないということはほとんどなく、最初のひとりとストーリー上加入するメンバーで最低限ゲームが進められそうなあたりにも、懐の深さが感じられる。

本作は、過去作を遊んだことがなくても心配はない。ストーリーは独立しているので、シリーズに触れたことがない人でも問題なくゲームの世界に没入できるだろう。シリーズ初心者にこそ、ハッキングアクションという、このシリーズならではの魅力を秘めたオープンワールドゲームの世界を体感してほしい。もちろん、従来作のファンは間違いなくマストバイとなる作品だ。


ウォッチドッグス レギオン

・発売元:ユービーアイソフト
・フォーマット:PlayStation 4 / PlayStation 5
・ジャンル:オープンワールド / アクション
・発売日:PS4 好評発売中
     PS5 パッケージ版 2020年11月26日(木)予定
       ダウンロード版 2020年11月12日(木)予定
・価格:パッケージ版 通常版 希望小売価格 8,400円+税
    パッケージ版 アルティメットエディション 希望小売価格 14,400円+税
    パッケージ版 コレクターズエディション 希望小売価格 20,000円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 9,240円(税込)
    ダウンロード版 ゴールドエディション 販売価格 13,200円(税込)
    ダウンロード版 アルティメットエディション 販売価格 15,840円(税込)(*)
    *特別割引価格 14,520円(税込) (2020年11月18日(水)23:59まで)
・プレイ人数:1~4人
・CERO:Z(18才以上のみ対象)

※ダウンロード版ご購入の際のご注意
このコンテンツをPS Storeでご購入いただくには、クレジットカードによる決済が必要です。

※PS4版からPS5版へのアップグレードについて
『ウォッチドッグス レギオン』のPS4版(ディスク版、デジタル版)をご購入いただくと、同作のPS5版デジタル版に追加費用なしでのアップグレードが可能となります。ディスク版の場合、PS5でアップグレードされた『ウォッチドッグス レギオン』のPS5版デジタル版をプレイする際には、ご購入いただいた『ウォッチドッグス レギオン』のPS4版ディスクをPS5に入れておく必要があります。
ディスク版のアップグレードを行なうにはPS5が必要です。PS5 デジタルエディションでは、アップグレードを行なうことはできません。ディスク版のアップグレード時には、ご購入いただいた『ウォッチドッグス レギオン』のPS4版ディスクをPS5に入れておく必要があります。
デジタル版のアップグレードを行なうには、PS5またはPS5 デジタルエディションが必要です。
いずれの場合も、PlayStation®Networkへの登録、十分なストレージ容量、高速インターネット接続とその接続料金が必要となります。


PS.Blogの『ウォッチドッグス レギオン』記事はこちら


『ウォッチドッグス レギオン』公式サイトはこちら

PS4『ウォッチドッグス レギオン』をPS Storeで予約購入する

PS4『ウォッチドッグス レギオン ゴールドエディション』をPS Storeで予約購入する

PS4『ウォッチドッグス レギオン アルティメットエディション』をPS Storeで予約購入する

© 2020 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Watch Dogs Legion ®, the Watch Dogs Legion ® logo, Ubisoft, and the Ubisoft logo are registered or unregistered trademarks of Ubisoft Entertainment in the U.S.and/or other countries.

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button