国際ニュース

【鳥取から世界トップ大学へ】日本の高校卒業後、世界8位カリフォルニア大学バークレー校へ編入学を果たす | NEWSCAST

鳥取から世界へ―。一般的な日本の高校を卒業後、世界トップレベルのカリフォルニア大学(University of California, 以下UC)入学という大きな夢を叶えた鳥取県出身のT.Mさん。高校卒業後は地元で働いていましたが、外の世界を見てみたいと一念発起し、カリフォルニアへ。入学後は学業のみならずOPT(Optional Practical Training)で3つの活動をしながら充実した日々を送っています。

T.M.さんはカリフォルニア大学編入プログラムを提供する「U-LABO」を利用した1人です。一人では挫けそうな高い壁もU-LABOと共に乗り越え、自分の新たな道を切り開くことができました。

アメリカ留学に独学で挑む

T.M.さんの地元である鳥取では、地元での就職後に故郷を離れる人は少ないそうですが、以前から「海外に出てみたい」という思いがあったそうです。アメリカの文化や音楽、エンターテイメントなどが好きだったこともあり、アメリカ留学の夢が膨らんでいきました。

家族や友人にそのことを伝えると最初は驚きを示したものの、T.M.さんの夢に向かって一歩踏み出そうとする勇気に、「行ったほうがいい!」と皆が応援。金銭面での心配もありましたが、父親からの「稼げる男になってこい。借りたものはあとで返せばいい」という言葉が強く背中を押してくれたといいます。

周りに留学経験者やスクールなどはなかったため、情報収集や勉強はインターネットや本を参考にしながら独学で準備を進めていました。

特に、英語を定着させるためのアウトプット方法として、ニュース記事に対して自作した質問に自分で答えるという方法や、自宅付近を通りかかった宣教師に声を掛けて英会話の実戦練習をするなど、独自のやり方で工夫しながら英語力を鍛えていったそうです。

目指すは名門カリフォルニア大学

留学するからにはとにかく「トップクラスの大学に」と目標に定めたのはカルフォルニア大学。UCバークレー(世界8位)やUCLA(世界20位)をはじめとする10のキャンパスで構成されており、その全てが世界トップレベルを誇る全米No.1の公立名門大学群といわれています。

最先端の研究やスポーツの名門としても知られており、卒業生にはApple共同設立のスティーブ・ウォズニアック氏、Google元CEOのエリック・シュミット氏、サントリーホールディングス株式会社代表取締役会長の佐治信忠氏など、数々の著名人がいることでも有名です。

その中でもT.M.さんにとって憧れの存在だった、ソフトバンクの孫正義氏がUCバークレー出身だったこと、その他にも影響を受けた企業家たちがUCLAに入学していたことが進学を志すきっかけとなりました。

しかし、UCを目指すにはまだまだ英語力が足りないと感じていたT.M.さんは、まず州立の二年制大学であるコミュニティ・カレッジ(コミカレ)へ入学し、そこからUC編入を目指すというルートを選択しました。

U-LABOと二人三脚で不安解消

期待を胸に、いざやってきたアメリカ。しかし、慣れない土地での生活、食べ慣れない食事、新しい人間関係など、期待を上回るほどの不安が溢れ出す日々に「泣きながら自転車をこぐ日もあった」と振り返ります。

さらに新型コロナウイルスによるステイホーム期間と重なったため、家から出られないストレスで精神的にも余裕がなくなっていたそうです。

2021年冬頃、UCへの出願をどうすればいいか一人で悩んでいた時、WEB広告で見つけたのがU-LABOでした。出願サポートはもちろん、毎日の授業と生活で精一杯な状況下での精神的な支えにもなったといいます。

コロナ禍で課題活動ができない分を学業で補えるよう日々の学習に取り組み、「本当にこれで大丈夫かな」という心配もあったそうですが、U-LABOのサポートによりストレスをため込むことなく学業に集中することができたと満足した様子。エッセイでも、U-LABOが用意したシートで対策をしたことで、より良いものを提出することができたと語ります。

悲願達成!最難関カリフォルニア大学バークレー校合格

地道な努力が実を結び、T.M.さんは世界大学ランキングトップ10常連の最難関大学、UCバークレー校に見事合格しました。憧れの孫正義氏と同じ大学入学という大きな夢を実現させ、「ビジネスに関するメジャーを学びたい」と目を輝かせます。

現在は学業に励みながら、OPT制度を利用し、飲食店、ブックキーピング、無償のインターンの仕事を掛け持ちしているそうです。日本のような「お客様は神様」という風潮がないせいか、気を張らずに働くことができるため、「将来的にはアメリカで働くこともいいかも」とさらに夢を広げています。

留学生活を振り返り、「不安を解消するためには実力を付けることが一番の近道」と語るT.M.さん。今後の目標について「自分のアイデンティティである日本の良さを持ってグローバルに仕事をしていきたい」と意気込んでおり、鳥取から始まった世界への挑戦はまだまだは続きそうです。

U-LABOとは?

U-LABOは設立以来、UC合格率100%、UCトップ校合格率89%の実績がある留学・教育会社です。アメリカ大学への編入制度を熟知しているカウンセラーが入学から卒業後の就職までをサポートしています。「UCLAが選ぶグローバル社会に影響を与える事業100(原題:UCLA Bruin Business 100)」にも選出されています。

T.M.さんのように夢への第一歩を踏み出し、U-LABOと一緒に世界に挑戦しませんか?

カリフォルニア大学編入制度に関するセミナー

海外大学への進学は日本国内の大学への受験とタイミングが異なることもあり、まだ浸透しておらず、「編入試験」を視野に入れた海外留学ともなると、なおさら情報は少ないのが現状です。U-LABOでは「カリフォルニア大学編入プログラム無料セミナー」を開催しており、カリフォルニア大学の概要はもちろん、進学への近道、卒業後の進路などの情報を提供しています。興味がある方はぜひ参加してください。

会社概要

U-LABOについて

世界トップレベルのカリフォルニア大学(UC)への編入学を実現するための留学サポートを提供する留学・教育会社。編入制度を熟知した専門カウンセラーによる的確なアドバイスときめ細やかなフォロー、保護者への定期報告、UC編入後から就職までをもカバーする包括的なサポートを強みとしています。前身であるUC LABO設立以来、UC合格率100%、UCトップ校合格率89%の実績を誇り、今年度の「UCLAが選ぶグローバル社会に影響を与える事業100(原題:UCLA Bruin Business 100)」に選出されるなど、今留学業界で最も波に乗っているベンチャー企業です。

【会社概要】

会社名:株式会社U-LABO
所在地:東京都新宿区西新宿3-3-13 6F
代表取締役社長:小泉 涼輔
設立:2021年 (前身2012年創業)
URL:https://ulabo.org/

お問い合わせ先

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
e-mail:[email protected]

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button