国際ニュース

P&G とマイクロソフト、デジタル製造業の未来を築く共同イノベーションに向けて提携 – News Center Japan

マイクロソフトのテクノロジが消費財トップメーカーの事業拡大を支援

※本ニュースリリースは米国時間 2022 年 6 月 8 日に発表された ”P&G and Microsoft co-innovate to build the future of digital manufacturing” の抄訳を元にしています。

シンシナティおよびワシントン州レドモンド – 2022 年 6 月 8 日 –水曜日、The Procter & Gamble Company (NYSE:PG) (P&G) とマイクロソフトは、Microsoft Cloud を活用した製造業のデジタル化の未来に向け、複数年にわたる提携を締結することを発表しました。

両社は、P&G のデジタル製造プラットフォームを加速・拡大し、IIoT (Industrial Internet of Things) を活用して、消費者への商品の早期提供、顧客満足度の向上、生産性向上によるコスト削減を実現するための共同イノベーションを進めていきます。

P&G CIO のヴィットリオ・クレテラ (Vittorio Cretella) 氏は次のように述べています。「P&G はマイクロソフトとの協力により、大規模な品質予測、予防保守、リリースコントロール、タッチレスオペレーション、サステナビリティ最適化を実現し、製造プロセスをよりスマートにすることを目指しています。製造業界において、これらの取り組みが今回ほどの規模で行われたことはありません。P&G は事業戦略の中心にデータとテクノロジを置き、優れた消費者体験の創造に向けて活用しています。この共同イノベーションに関する提携は、デジタル化とデータ統合を進展させ、品質、効率、そして、資源利用の持続可能性を高め、お客様の体験向上を支援していくでしょう。」

P&G とマイクロソフトMicrosoft Azure を基盤とした今回のコラボレーションは、P&G にとって、世界 100 カ所以上の製造拠点のデータをデジタル化・統合し、AI、機械学習、エッジコンピューティングサービスを強化し、リアルタイムの可視化を実現する最初の機会となります。これにより、P&G の従業員は、製造データを分析し、人工知能を活用して、改善と飛躍的効果をもたらす意思決定を即座に行うことができるようになります。このレベルの大規模なデータアクセスの実現は、消費財業界では稀なことです。

P&G は、4 年にわたるデータと AI に関する協力関係の実績に基づき、デジタル製造業の未来を構築するための優先的クラウドプロバイダーとしてマイクロソフトを選択しました。この新たな協力関係により以下の達成を目指します。

  • データ、AI 機能、デジタルツインテクノロジの活用を可能にする
  • 製造環境の持続可能性への取り組みを最適化する
  • ワークフォースの効率性と生産性を向上する

マイクソフトのチーフコマーシャルオフィサー、ジャドソン・アルソフ (Judson Althoff) は次のように述べています。「市場環境に容易に適応できる革新的で俊敏なソリューションにより今日の消費財業界の変動に対応できるよう、Microsoft Azure、AI、IIoT を活用したデジタル製造プラットフォームを強化することで、P&G を支援できることを大変嬉しく思っています。この協力関係は、人材、資産、ワークフロー、ビジネスプロセスをシームレスに接続し、レジリエンスを高めるデジタルテクノロジを通じて、P&G のビジネス変革の推進と成長を支援していきます」

IIoT による技術者の強化とオペレーションの進化

すでに、P&G は、Azure IoT Hub と IoT Edge を積極的に活用し、技術者がより迅速かつ効率的にインサイトを分析できるよう支援し、エジプト、インド、日本、米国における試行プロジェクトにより、ベビーケア製品や紙製品の製造プロセスを改善しています。

紙おむつとデータ: 品質管理とプロセス改善

P&G は、紙おむつの製造工程において、機械学習を利用してライン停止や手戻りの重大な要因を自動的に検出・解決することで、製造停止時間の短縮、廃棄品の最小化、保守費用の低減のための改善を進めています。紙おむつの製造には、最適な吸収力、防漏性、快適性を実現するために、何層もの素材を高速かつ高精度で組み立てることが求められます。新しい IIoT プラットフォームは、遠隔測定と高速分析を用いて生産ラインを継続的に監視し、素材の供給に潜在する問題の早期発見と予防を提供します。これにより、サイクルタイムの向上、手戻りロスの低減、品質の向上を実現すると共に、操作担当者の生産性も向上できました。

ペーパータオルのパイオニア

マイクロソフトとの試行プロジェクトにより、P&G はペーパータオルの仕上がり長さをより正確に予測できるようになり、消費者に適切な量の製品を提供する能力を向上できました。新たな IIoT プラットフォームにより、P&G は生産ラインのセンサーからデータを収集し、先進的アルゴリズム、機械学習、予測分析などのテクノロジを使用して、製造プロセスの効率を向上できるようになりました。

持続可能性の向上と機器故障の予測

P&G は、製造プロセスの持続可能性を最適化するために、マイクロソフトの機械学習とデータストレージのプラットフォームを活用して、Family Care の製紙機械設備全体のエネルギー利用率を向上していきます。クラウドコンピューティングならではの効率性と迅速性により、P&G のチームは大量のデータを総合的に分析し、製造プロセス全体のエネルギー効率と機械保守の機会を正確に把握できるようになります。Azure プラットフォームにより、P&G は、生産ライン稼働、ダウンタイム、切り替えなどのイベントサマリーデータを、履歴データも含めて容易に統合できるようになります。

新設の DEO とインキュベーターによる共同イノベーション

テクノロジ統合を加速し、試行プログラムをサポートするために、マイクロソフトと P&G は、両組織の専門家からなる Digital Enablement Office (DEO) を共同で設立しました。両社は共同で Azure プラットフォームを展開していきますが、さらに、DEO はインキュベーターとして、製品の製造やパッケージングのプロセスの分野で、P&G 全体に展開できる重要なビジネスシナリオを創出することも視野に入れています。

Procter & Gamble について

P&G は、Always®、Ambi Pur®、Ariel®、Bounty®、Charmin®、Crest®、Dawn®、Downy®、Fairy®、Febreze®、Gain®、Gillette®、Head & Shoulders®、Lenor®、Olay®、Oral-B®、Pampers®、Pantene®、SK-II®、Tide®、Vicks®、Whisper® といった、高い品質と市場の信頼で知られる、世界有数のブランドポートフォリオで世界中の消費者にサービスを提供しています。P&G グループは、世界約 70 カ国で事業を展開しています。P&G とそのブランドに関する最新のニュースや情報は、http://jp.pg.com をご参照ください。その他の P&G 関連ニュースについては、https://jp.pg.com/newsroom/ をご参照ください。

日本マイクロソフト株式会社について: http://www.microsoft.com/ja-jp

日本マイクロソフト株式会社は、マイクロソフト コーポレーションの日本法人です。マイクロソフトは、インテリジェントクラウド、インテリジェントエッジ時代のデジタルトランスフォーメーションを可能にします。「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。

マイクロソフトに関する詳細な情報は、下記マイクロソフト Web サイトを通じて入手できます。

日本マイクロソフト株式会社 Web サイト http://www.microsoft.com/ja-jp/
マイクロソフトコーポレーション Web サイト http://www.microsoft.com/

* Microsoft、Azure は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

Tags: Case Studies, Cloud Computing, Digital Transformation, 人工知能 (AI)

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button