国際ニュース

【時系列まとめ】北朝鮮が弾道ミサイル2発発射 日本海に落下か | 北朝鮮 ミサイル

防衛省によりますと、19日午前10時15分と午前10時16分ごろ、北朝鮮の東側から弾道ミサイル2発が発射されたということです。いずれも東部のシンポ(新浦)付近から東方向に発射したとみられ、このうち1発は、最高高度が50キロ程度に達し、変則的な軌道でおよそ600キロ飛んで、朝鮮半島東側の日本海に落下したと推定されるということです。落下地点は日本の排他的経済水域の外側と推定されています。

北朝鮮が弾道ミサイルや、その可能性があるものを発射したのが確認されるのは9月28日以来で、ことしに入り4回目です。

自民 甘利幹事長「情報収集や状況把握に努める」

自民党は19日夜、甘利幹事長や高市政務調査会長らが党本部に集まり、内閣官房の幹部から弾道ミサイルの発射の状況などについて説明を受け、このあと甘利氏は、記者団に対し「今回の行為は明らかに国連の安保理決議違反であり、抗議する。政府と連携しながら、いかなる事態にも対応できるよう、情報収集や状況把握に努める」と述べました。

一方、立憲民主党の枝野代表が、今回、岸田総理大臣と松野官房長官の2人が東京を離れていたことをめぐり「危機管理意識が足りない」などと批判していることについて「今までの政権がルール化した対応により、官房副長官が待機し、今回は、あわせて防衛大臣も在京していた。岸田総理大臣自身は事態によっては即、帰って来られるよう自衛隊機を待機させていた」と述べ、政府の対応に問題はなかったという認識を示しました。


日米韓3カ国の情報機関トップが会談と発表

韓国の情報機関「国家情報院」は、19日午前、ソウルでパク・チウォン(朴智元)国家情報院長と、日本の瀧澤内閣情報官、それにアメリカのヘインズ国家情報長官が会談したと発表しました。
それによりますと会談では、朝鮮半島の情勢や懸案など共通の関心事について意見を交わし、今後も3か国の連携を強化していくことで一致したということです。
また、北朝鮮による19日のミサイル発射についても情報を共有したとしています。


16:30すぎ 首相 NSCのあと「警戒監視の徹底など指示」

岸田総理大臣は、NSC=国家安全保障会議の閣僚会合を開催したあと、記者団に対し、警戒監視の徹底などを関係閣僚に指示するとともに、SLBM=潜水艦発射弾道ミサイルの可能性も含め、分析していることを明らかにしました。

また記者団が、北朝鮮による弾道ミサイル発射を受けて、福島市で取材に応じたあと仙台市に向かった理由を質問したのに対し「まずは情報収集と分析を行わなければいけない。その間の作業や帰りの東京への列車の事情などを総合的に勘案した結果、ご指摘のような日程に落ち着いた」と述べました。


16:10すぎ(日本時間)中国外務省報道官「関係国は自制を」



中国外務省の汪文斌報道官は記者会見で「現在の朝鮮半島情勢は重要な時期にある。関係国は大局に焦点を当て自制を保ち、朝鮮半島の平和と安定の維持に力を注ぎ、ともに政治的な解決のプロセスを推し進めるべきだ」と述べました。


15:00すぎ 立民 枝野代表「危機管理意識が足りないこと露呈」

立憲民主党の枝野代表は、東京・杉並区での街頭演説で「ミサイルが飛んだ時、総理大臣と官房長官が2人とも東京におらず、危機管理意識が足りないことが露呈した。また発射後、岸田総理大臣は一刻も早く東京に戻るべきだったが、東北新幹線で北に向かい、仙台で遊説してからのんびりと帰京したそうだ。2人そろっていない時に東京で直下型地震があったらどうするつもりだったのか」と批判しました。


15:00すぎ 首相 官邸に到着「危機管理で十分な態勢とっていた」

岸田総理大臣は、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した際、みずからと松野官房長官のいずれも東京を離れていたことについて、磯崎官房副長官が官房長官の代理として在京で職務にあたるなど、危機管理で十分な態勢をとっていたという認識を示しました。


韓国軍 “SLBM=潜水艦発射弾道ミサイルと推定”

韓国軍の合同参謀本部は、北朝鮮が東部のハムギョン(咸鏡)南道シンポ(新浦)付近から発射したミサイルについて、SLBM=潜水艦発射弾道ミサイルと推定されると発表しました。飛行距離や高度などについては、明らかにしていませんが、韓国軍は、短距離の弾道ミサイル1発だとしています。


14:45 米インド太平洋軍 日韓の防衛に対する米の関与揺るがない

アメリカのインド太平洋軍は声明を発表し「われわれは北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことを把握しており、日本や韓国などと緊密に協議している。アメリカはこのような行為を非難し、北朝鮮に対して状況を不安定化させるさらなる行為を控えるよう求める」としています。
そして「今回の発射はアメリカの人々や領土、あるいは同盟国への差し迫った脅威ではないと判断しているが状況を監視し続ける。日本と韓国の防衛に対するアメリカの関与は揺るがない」として日韓両国と連携する姿勢を強調しました。


13:00すぎ 松野官房長官 地元から首相官邸に



地元の千葉県で予定していた日程を取りやめた松野官房長官が、総理大臣官邸に入りました。


13:00すぎ 首相 街頭演説後 仙台から東京へ

岸田総理大臣は、JR仙台駅前で街頭演説を行ったあと午後1時前に東京行きの新幹線に乗りました。午後3時前に東京駅に到着する予定で、その後、総理大臣官邸に入り対応にあたることにしています。


訪米中の外務省局長が米国務省特別代表と電話協議

ワシントンを訪れている外務省の船越アジア大洋州局長は、アメリカ国務省のソン・キム北朝鮮担当特別代表と電話で協議し、北朝鮮の弾道ミサイル発射に関する最新の情報を共有し、引き続き緊密に連携してくことを確認しました。


松野官房長官 地元千葉県での午後の日程とりやめ官邸へ

衆議院選挙の公示に伴って地元の千葉県に入っていた松野官房長官は、予定していた午後の日程を取りやめて総理大臣官邸に戻り、対応にあたることになりました。


11:45ごろ 岸防衛相 落下地点 飛距離 軌道などいずれも分析中



岸防衛大臣は、防衛省で記者団に対し「北朝鮮は令和元年5月ごろから頻繁な発射を繰り返しておりその目的がミサイル技術の向上にあることは明らかだ。北朝鮮による弾道ミサイル等の度重なる発射は、わが国を含む国際社会全体にとっての深刻な課題だ。私から引き続き情報収集、警戒監視に万全を期すよう指示を出し、関係幹部会議を開催するなど対応に万全を期している」と述べました。
一方、推定される落下地点や飛距離、軌道などについてはいずれも分析を進めていると述べるにとどめました。


11:40すぎ 磯崎官房副長官「安保理決議違反 極めて遺憾」



磯崎官房副長官は記者会見で「今般の北朝鮮の行動は、わが国と地域の平和と安全を脅かすものであり、これまでの弾道ミサイルなどの度重なる発射を含め、わが国を含む国際社会全体にとっての深刻な課題だ」と述べました。
そのうえで「このような弾道ミサイル発射は関連する国連安保理決議に違反するものであり、極めて遺憾だ。わが国としては、北朝鮮に対して、厳重に抗議した。強く非難する」と述べました。
またNSC=国家安全保障会議の閣僚会合の開催予定について「岸田総理大臣の指示を踏まえて、情報の分析を行っているところであり、NSCの開催の可能性も含め判断していく」と述べました。


韓国軍合同参謀本部 “10:17ごろ弾道ミサイル1発発射”

韓国軍の合同参謀本部は、北朝鮮が午前10時17分ごろ、東部のハムギョン南道シンポ付近から日本海に向けて弾道ミサイル1発を発射したと、明らかにしました。


岸田首相 予定変更し帰京へ

岸田総理大臣は、昼過ぎからJR仙台駅前で街頭演説を行ったあと、秋田県に入る予定を変更し総理大臣官邸に戻ることになりました。


11:15ごろ 首相 「北朝鮮から発射は2発」訪問先の福島市で



北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたことを受けて、岸田総理大臣は、訪問先の福島市で記者団に対し、発射されたのは2発だと明らかにしました。


11:10すぎ 首相 ツイッターに「毅然と対応」と投稿

岸田総理大臣は、みずからのツイッターに「毅然と対応してまいります」と投稿しました。


11:00 公明 山口代表「断じて許されず きぜんと対応すべき」

公明党の山口代表は、川崎市で記者団に対し「国連安保理決議に違反するもので、断じて許されない。東アジア地域の平和と安定を脅かすものであり、二度と行われないよう国際社会が連帯して阻止しなければならない。政府は、きぜんと対応すべきだ」と述べました。


10:54 岸防衛相が防衛省着 「これから情報収集」



岸防衛大臣は防衛省に登庁した際、記者団に対し「いろいろ連絡は受けているが、これから情報収集・分析を進めていく」と述べました。


10:38 海上保安庁「すでに落下」発表



海上保安庁は弾道ミサイルの可能性があるものは、すでに落下したとみられると10時38分に発表しました。


首相 情報収集のほか不測の事態に備え態勢とることなど指示

北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたことを受けて、岸田総理大臣は、情報の収集と分析に全力を挙げ、国民に対し迅速・的確な情報提供を行うこと、航空機や船舶などの安全確認を徹底すること、それに不測の事態に備え、万全の態勢をとることを指示しました。


首相官邸では磯崎官房副長官が対応にあたる



衆議院選挙の公示に伴い、岸田総理大臣は応援演説で福島市を訪れているほか、松野官房長官は千葉県の地元に入っていて、総理大臣官邸では、磯崎官房副長官が対応にあたっています。


10:30ごろ 官邸対策室で緊急参集チームが情報収集や被害確認



北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたことを受けて、総理大臣官邸には、午前10時半ごろから、防衛省や外務省の担当者らが集まっています。
関係者によりますと、総理大臣官邸の危機管理センターに設置している官邸対策室に関係省庁の担当者をメンバーとする緊急参集チームを招集し、情報の収集と被害の確認などにあたっているということです。


水産庁 各地の無線局通じ沖合の漁船に対し注意呼びかけ

北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたことを受けて、水産庁は各地の無線局を通じて沖合の漁船に対し、注意を呼びかけるとともに、被害などの情報がないか確認を進めています。


防衛省や内閣官房も「弾道ミサイルの可能性があるもの発射」発表

防衛省は北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたと発表しました。
付近を航行する船舶や航空機に安全を呼びかけるとともに、情報の確認を急いでいます。


10:23 海上保安庁「北朝鮮から弾道ミサイル可能性あるもの発射」

海上保安庁は「北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されました」というミサイル発射情報を午前10時23分に発表しました。
航行中の船舶に対し、今後の情報に注意するよう呼びかけています。


北朝鮮 発射は9月28日以来

北朝鮮が弾道ミサイルや、その可能性があるものを発射したことが確認されるのは9月28日以来で、ことしに入り4回目です。
防衛省によりますと、前回は北朝鮮内陸部から1発が東方向に発射されました。
このときの発射について政府は、弾道ミサイル技術を使用したものだとしていますが、飛距離や高度、それに日本の排他的経済水域への落下がなかったのかなど、詳しい分析結果は明らかになっていません。

北朝鮮はおととしに13回、合わせて25発の弾道ミサイルなどを発射し、去年は3月の1か月間で4回、合わせて8発の発射が確認されていました。


韓国軍の合同参謀本部「飛しょう体を発射」

韓国軍の合同参謀本部は、北朝鮮が日本海に向けて飛しょう体を発射したと明らかにしました。韓国軍はアメリカ軍とともに詳しい情報の収集や分析を急いでいます。
北朝鮮は、9月11日と12日に新たに開発した長距離巡航ミサイルの発射実験に成功したと発表したほか、15日には、列車から日本海に向けて短距離弾道ミサイル2発を発射し、日本の排他的経済水域の内側に落下したと推定されています。
また、9月28日には北部のチャガン(慈江)道から短距離ミサイル1発を発射し、その翌日には、極超音速ミサイル「火星8型」の発射実験を初めて行ったと発表しました。
さらに9月30日に、新たに開発した対空ミサイルの発射実験を行ったと発表しています。


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button