国際ニュース

in light ofって何の光? 「light=光」と直訳すると誤解につながる仕事英語(NIKKEI STYLE) – Yahoo!ニュース

◇   ◇   ◇

今回は、人権侵害が世界的にも問題になっている、ウイグル自治区弾圧に関する記事をご紹介します。バイデン政権は携帯電話をはじめ、綿製品やおもちゃなどのあらゆる分野において、ウイグル地区にサプライチェーンを持つ企業に対して、人権侵害にあたり、アメリカの法律に違反へのリスクがある、という警告文を発表しました。その背景には、中国政府によるウイグル地区への弾圧が激しさを増しているためであるようです。

Let’s read !!! 早速記事の一部を読んでみましょう。

US State Department warns companies connected to Uyghur exploitation that they “run a high risk of violating US law”米、ウイグル取引に警告 国務省「違法の恐れ」 On the 13th, the US Biden administration released a document warning that companies with supply chains in China’s Xinjiang Uyghur Autonomous Region “could run a high risk of violating US law.” It pointed to the situation of forced labor and other human rights violations by the Chinese government.Six federal executive departments, including the State Department, have jointly issued an advisory document for businesses regarding Xinjiang. In light of China’s increasingly severe oppression of the Uyghur people, the administration updated a document issued by the previous Trump administration in July 2020.It urged companies to be cautious, citing the possibility that they could be involved with Chinese companies and organizations complicit in human rights abuses. It gave examples including investment in and joint ventures or research cooperation with Chinese companies dealing with Uyghur surveillance technology, and also the procurement of products made through forced labor.(LissN 2021年7月29日配信)【Words and Phrases】warning 警告するUyghur Autonomous Region 新疆ウイグル自治区violate 違反するjointly 共同でIn light of ~を踏まえてoppression 弾圧complicit 加担する

【日本語訳】バイデン米政権は13日、中国の新疆ウイグル自治区にサプライチェーン(供給網)を抱える企業に対して「米国の法律に違反する高いリスクを冒す可能性がある」と警告する文書を発表した。強制労働など中国政府の人権侵害に関わる事態を指摘した。国務省など6省庁が共同で、新疆に関する企業向けの注意文書を出した。中国のウイグル族への弾圧が激しくなっていることを踏まえ、トランプ前政権が2020年7月に出した文書を更新した。人権侵害に加担する中国の企業・団体と関わる可能性があるとして、企業に注意するよう求めた。ウイグル族の監視技術を扱う中国企業への投資や合弁会社の設立、研究協力、強制労働でつくられた製品の調達などの事例を挙げた。

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button