国際ニュース

アップルのAirTagと“合体”すれば、「リモコンがなくならない世界」がやってくる | WIRED.jp

家電のリモコンを紛失する事態は、人生における危機的状況のなかでも極めてささいなものである。実のところ「困りごと」とも言えないレヴェルの出来事で、たいていはソファーのクッションをいくつかひっくり返せば発見できるだろう。

だからこそ、ディスラプション(創造的破壊)をもたらすような人々による解決策の登場には、これほどまで長い時間が必要になったのである。しかし、喜ばしいことに解決策がようやく登場したのだ。

その最初の功績は米国で人気のストリーミング端末「Roku」にある。Rokuは何年も前に、リモコンを“発見”する機能を生み出したのだ。一方で、その機能はハイエンド機種専用だった。

ところが、この数カ月で“リモコンの発見”という世界に小さな革命が起きている。しかも、さまざまな機能拡張や改良、これまでに検討されたこともないオプションまで加わっているのだ。

AirTagを内蔵できるリモコンケースが続々

こうした小さな変化の恩恵を最もはっきりと受けるのは、「Apple TV」のユーザーだろう。専用リモコン「Siri Remote」は薄くて小さく、まるで発見できない場所にわざと滑り込むように設計されたように思える。部屋の中で見つからなくなった場合は、スマートフォンの「Apple TV Remote」アプリを使うほかに見つけ出す方法がないのだ(ちなみに、このアプリはリモコンが見つからない“非常事態”には役立つが、ディスプレイの表面をタップするよりも物理的なリモコンのほうがずっと使いやすい)。

今年になってSiri Remoteの新ヴァージョンが発売されたが、この新しいリモコンでさえこうした欠点を修正できていない。アップルが「探しものをする」ことを主なミッションとする独自チップ「U1」を投入したことを考えると、これは驚きと言っていいだろう。

だが、ありがたいことにアップルは紛失防止タグ「AirTag」にU1チップを採用している。そこに商機を見いだしたのが、3Dプリントショップ「PrintSpired Designs」を経営しているデリック・エンスリーだ。

AirTagが発表されると同時にエンスリーは、薄型のSiri Remoteケースの設計に取りかかった。AirTagを収納する空間のあるこのケースは、現行モデルだけでなく旧モデルのSiri Remoteにも対応している。こうして完成したケースのみならず、エンスリーは自力で3Dプリントする人向けに設計データも販売している。

「このリモコンは薄くて滑りやすい素材なので、ソファーのクッションの間に簡単に滑り込んでしまうんです」と、エンスリーはSiri Remoteについて語る。「もちろん、どうしてリモコンが部屋の中で“消えて”しまうのか理解できない、という人もたくさんいます。でも、2歳児がいる父親の立場から言わせてもらうと、すぐ行方不明になってしまうものなんです」

エンスリーによると、一部のテック系ニュースサイトで記事になった当初は一気に注文が殺到したが、いまも毎週数十ケース分が売れているという。彼は自分のビジネスがアップルの設計方針の恩恵を受けていると感じる一方で、困惑してもいる。リモコンをなくしてしまう人々に対してアップルが“命綱”を提供しておらず、リモコンにU1チップさえ搭載していないからだ。

「なくしたときのために第2世代のSiri Remoteに小さなスピーカーを埋め込むことくらい、アップルにとって簡単なことだったはずです」と、エンスリーは言う。「AirTagに搭載されたU1の能力をリモコンに使うのは、やり過ぎかもしれません。でも、Siriに『リモコンのAirTagで音を鳴らして』と頼むだけで、すぐにリモコンが見つかるんですよ」

だが、実際は紛失時にリモコンを探せる機能はないことから、AirTagを収納できるリモコンケースがあちこちで登場している。例えばアクセサリーメーカーのelagoは7月下旬、AirTagを入れるスロットがある分厚いシリコンシェルケース「2021 Apple TV Siri Remote R5 Case」を発表した。elagoは以前、リモコンケースに磁石を内蔵して金属面に固定できるようにするなど、“リモコン問題”に取り組んできたメーカーだ。

「アップルがAirTagを発表したことで、新たなリモコンケースへと自然に移行する必要性を感じたのです」と、elagoのジェネラルマネージャーのマイケル・リムは語る。「こうした機能的なケースの需要があることは、(磁石を内蔵したリモコンケースの)R1の売れ行きからわかっていました」

端末のリモコンも進化

エンスリーによると、ほかのメーカーのリモコン用ケースもつくってほしいという要望を受けているという。なかでも「Roku」のリモコンケースへの要望が多かったそうだが、米国での普及率を考えれば当然だろう。しかし、一部のRokuユーザーにとっては、こうしたケースは意味がない。すでにRokuの一部モデルには、こうした機能がリモコンに搭載されているからだ。

米国ではストリーミング端末の“王者”であるRokuにとって、リモコン探しの機能は一部の上位モデルに限定されてきた。だが、高価な製品を購入すれば見返りがある。ストリーミング端末の「Roku Ultra」と「Roku 4」の本体には、ボタンを押すとリモコンから音が鳴る機能が搭載されているのだ。

音が鳴り続ける時間は1分間か、もしくはリモコンが見つかるまで続く。さまざまな音が用意されており、その種類は設定画面から選べるようになっている。

その機能の一部をRokuは、音声対応の拡張リモコンに数年前に組み込んだ。しかし、この機能は対応している上位モデルのRoku本体と、スマートテレビ「Roku TV」、そしてサウンドバー「Roku Smart Soundbar」と組み合わせた場合にしか動作しなかった。最高の機能に最高の金額を気軽に払える人には問題ないだろうが、Rokuユーザーの大半にとってはそうではない。

こうした状況が変わったのは4月のことだった。ほぼすべてのRoku端末に対応し、音声操作が可能なリモコン「Voice Remote Pro」を発表したのである。「ヘイ、Roku。リモコンはどこ?」と話しかけるか、Rokuアプリの設定から「リモコンを見つける」を探せば、音が鳴って知らせてくれる。これは素晴らしい。

PHOTOGRAPH BY ROKU

「リモコンがなくならない世界」

残念なことに、こうしたソリューションの大半には共通点がある。買い換えをするか、別売りの製品を購入する必要があるということだ。

RokuやApple TV以外のユーザーが似たような機能を必要とするなら、恐らく最も確実なのは貼り付けて使える追跡タグ「Tile Sticker」を使うことだろう。ただし、タグそのものはうまく機能するはずだが、リモコンに不格好な出っ張りができてバランスが悪くなる。

いいニュースがあるとすれば、こうした技術がすでに手元にあるということだろう。リモコンに“探せる”機能が何らかのかたちで搭載されていて当然という世界は、もう手が届きそうなところにまで来ているようだ。

とはいえ、一般的に「追跡」と聞いてプライヴァシーの面で警戒するのは健全なことだが、リモコンに関してはそこまで不安に感じることはないだろう。そもそも、どの部屋にあるのかわかっている可能性が高いからだ。問題はどのクッションの下にあるのか、である。

「リモコンがなくならない世界」にたどり着いたとしても、世界の大問題は何ひとつ解決しないかもしれない。だが、世界の問題を構成する小さな問題のひとつは解決するだろう。なにしろ、一日を台無しにするイライラがひとつは減るのだ。

リモコン──。それはいつだって、目の前にある。たとえ見当たらないとしても。

※『WIRED』によるApple TVの関連記事はこちら。

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button