国際ニュース

「世界629クラブ」を海外メディアがランキング 注目の“TOP10”、Jリーグ勢の最上位は?(Football ZONE web) – Yahoo!ニュース

独自指標“SPI”を用いて算出 3冠王者バイエルンが2位、南野所属のリバプールが3位

 米インターネットメディア「ファイブサーティエイト」が世界629クラブのランキングを公開し、プレミアリーグの強豪マンチェスター・シティ(イングランド)が1位に輝いた。2位にはブンデスリーガ8連覇を果たし、7年ぶりのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝で3冠を達成したバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)が入り、30年ぶりのリーグ優勝を飾った日本代表MF南野拓実が所属するリバプール(イングランド)は3位にランクインした。日本のクラブでは、川崎フロンターレが122位で最上位となった。

【一覧】「世界629クラブ」ランキング、「TOP30」&「J1リーグ勢の全順位」

「ファイブサーティエイト」は、アメリカの統計学者ネイト・シルバー氏が立ち上げたブログで、2013年には米スポーツ専門局「ESPN」が買収。現在は米放送局「ABC」の傘下となっている。独自指標のSPI(Soccer Power Index)によって、世界中の全629クラブをランキング化し、その要素には単なる勝敗だけではなく、得失点、タイトル、順位などが含まれている。さらに、保有選手の市場価値なども加味して評価される。

 8月24日時点の最新ランキングで、1位に輝いたのはマンチェスター・シティ。2位にはCL覇者のバイエルン、3位にはプレミア王者のリバプールが入った。以下トップ10には、4位にCL準優勝のパリ・サンジェルマン(フランス)、5位バルセロナ(スペイン)、6位にスペイン王者のレアル・マドリード(スペイン)、7位マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)、8位RBライプツィヒ(ドイツ)、9位チェルシー(イングランド)、10位アトレティコ・マドリード(スペイン)と続いた。

 日本代表MF久保建英が期限付き移籍したビジャレアルは25位にランクイン。そのほかの日本人所属クラブでは、MF奥川雅也のザルツブルク(オーストリア/15位)、日本代表MF中島翔哉のポルト(ポルトガル/31位)、元日本代表MF長谷部誠と日本代表FW鎌田大地が所属するフランクフルト(ドイツ/43位)、日本代表MF乾貴士のエイバル(スペイン/57位)、日本代表DF酒井宏樹のマルセイユ(フランス/65位)、U-23日本代表DF菅原由勢のAZ(オランダ、67位)、日本代表FW大迫勇也のブレーメン(ドイツ/82位)、日本代表MF堂安律のPSV(オランダ/85位)などが、トップ100に入っている。

Jリーグ勢最上位は川崎の122位、アジア勢では広州恒大が96位でトップ100入り

 欧州クラブが上位を占めるなか、それ以外の地域で最上位になったのは昨年の南米王者であるブラジルのフラメンゴで、全体の53位。同じくブラジルのパルメイラス(62位)、グレミオ(69位)と続いた。アルゼンチンの名門リーベル・プレートが77位、アジア勢最上位として広州恒大(中国)が96位とトップ100に入った。

 日本のクラブではJ1リーグに所属する18クラブが対象となり、最上位は今季のリーグ戦で首位を快走する川崎で122位。昨季J1リーグ王者の横浜F・マリノスが2番手で230位、今季リーグ戦で現在2位のセレッソ大阪が3番手で290位。最下位は昇格組の横浜FCで、全体の572位となっている。

Football ZONE web編集部

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button