国際ニュース

韓国女子ゴルファーが世界で勝てる理由 背景に「強くならないといけない」育成環境 | THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「THE ANSWER」は各スポーツ界を代表するアスリート、指導者らを「スペシャリスト」とし、第一線を知る立場だからこその視点で様々なスポーツ界の話題を語る連載「THE ANSWER スペシャリスト論」をスタート。女子ゴルフでツアー通算6勝を挙げた北田瑠衣(フリー)が「THE ANSWER」スペシャリストの一人を務める。2006年から10年連続でシード権を保持した実力者。ゴルフ界のトレンドやツアーの評論、自身の経験談まで定期連載で発信する。

北田瑠衣が語った韓国勢の強さの理由とは【写真:荒川祐史】
北田瑠衣が語った韓国勢の強さの理由とは【写真:荒川祐史】

「THE ANSWER スペシャリスト論」女子プロゴルファー・北田瑠衣

「THE ANSWER」は各スポーツ界を代表するアスリート、指導者らを「スペシャリスト」とし、第一線を知る立場だからこその視点で様々なスポーツ界の話題を語る連載「THE ANSWER スペシャリスト論」をスタート。女子ゴルフでツアー通算6勝を挙げた北田瑠衣(フリー)が「THE ANSWER」スペシャリストの一人を務める。2006年から10年連続でシード権を保持した実力者。ゴルフ界のトレンドやツアーの評論、自身の経験談まで定期連載で発信する。

【特集】世界選手権14度出場の“レジェンド”が繋ぐアイスホッケーとスポーツの魅力 / アイスホッケー・鈴木貴人さんインタビュー(GROWINGへ)

 今回は「なぜ韓国人ゴルファーは強いのか」。世界ランクでは3位まで独占し、100位までに33人が名を連ねる韓国勢。国内ツアーでは、黄金世代やさらに下の若手日本人の活躍が印象的だが、いまだ優勝争いで脅威となる存在だ。ジュニア育成、精神面、勝負強さの背景など韓国選手が強い理由について、北田がゴルフをあまり知らないライト層のファンにもわかるポイントを語ってくれた。

 ◇ ◇ ◇

 日本や米国のツアーで活躍している韓国人ゴルファーはもの凄く多いです。理由を総じて言えば、やはりハングリーなところですよね。でも、ハングリー精神だけでは説明できない部分もたくさんあります。

 韓国のジュニア育成について話を聞くと、国レベルのプロジェクトをやっているそうです。強化選手に選ばれると、1年の3分の2くらいゴルフだけやれる環境。トレーニング、コーチなどの資金面でも手厚いサポートを受けられる。選ばれるためには強くならないといけません。

 選ばれることも大変ですが、選ばれたからといって安心してはいけない。そこからふるいにかけられます。だから、ジュニア時代から韓国選手には「国を代表している」という責任感の強さを感じます。日本にもJGA(日本ゴルフ協会)のナショナルチームがあり、選ばれるのは凄く光栄なことですが、韓国はサポート体制の規模が全く違う。韓国選手に聞いた時に「これは強くなれるな」と感じました。

 韓国は日本のようにゴルフ場が多くありません。もしかしたら今は少し変わってきたかもしれませんが、そういう面でも国がしっかりサポートしてくれる。コーチ、トレーナーも専属だそうです。

 日本は文武両道が求められる雰囲気があります。ジュニアでも「ゴルフばっかりやっているんでしょ?」と見られがちです。勉強もある程度やるのが前提で、ゴルフも頑張りなさいという考え。韓国は代表に選ばれたらゴルフばかりやってもいいですし、逆にゴルフをやっていないとサポートを受けられなくなります。どちらかの考えが正解というわけではありませんが、韓国はジュニア育成に非常に力を入れているということです。

 日本でも家族を思ってプレーする選手はいますが、韓国選手は「家族の生活ため」という姿を目に見えて強く感じます。気持ちが強い姿にはそういった背景があるのでしょう。言葉の壁は大きいですが、日本で活躍している韓国選手は日本語を覚えるのが凄く早いですよね。それくらい努力家です。早く日本に馴染みたいという気持ち、壁を自分で乗り越えるという意志があるのだと思います。活躍するためにジュニア時代から全てを捧げている印象です。

申ジエは「いい意味で周りを気にしない」、駆け引きや勝負強さも存在

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button