国際ニュース

全米&全豪制覇の大坂なおみが「なぜ世界2位止まり」? 不在だったライバル復帰で「真の女王争い」へ – 女子テニス – Number Web

 いま、女王にふさわしいのはアシュリー・バーティか大坂なおみか――。

 1位奪還を強く意識してはいないという大坂の心情をよそに、全豪オープン以降、世界中のファンや専門家が現在のWTAランキングの算出システムに疑問を投げかけてきた。昨年8月のツアー再開以降、2度もグランドスラムを制した大坂がいまだ2位に止まり、全米も全仏も欠場して今年の全豪オープンもベスト8に終わったバーティが1位に君臨し続けているのはおかしい、ランキング・システムに大きな問題があるせいだ、と。

本来であれば、大坂なおみが“世界1位”だが……

 WTAはコロナ禍での暫定的な措置として、ツアー停止が始まった2020年3月16日付けのランキングをいったん凍結し、ツアー再開後は2019年の3月以降で獲得ポイントの多かった上位16大会のポイントを合計してランキングを決定していた。本来、加算されたポイントは1年(52週)後に消滅する。しかしこのシステムのおかげで、バーティはコロナ感染のリスクと隔離義務を避けるため昨シーズン末まで全ての大会を欠場したにもかかわらず、2019年に獲得した全仏オープンやWTAファイナルズの優勝ポイントなどを失わずに保持し、1位の座を守ってきた。


 4月5日付の最新ランキングでは、1位がバーティ(9186ポイント)、2位が大坂(7985ポイント)である。しかし昨年8月のツアー再開後に獲得したポイントだけを見れば、大坂がツアーでダントツの4985ポイントで、バーティは1901ポイント。ちなみに、全米オープン準優勝のビクトリア・アザレンカは3181ポイント、全仏オープン優勝のイガ・シフィオンテクは3067ポイントを獲得している。

 ツアー再開時に10位だった大坂は2位へ、58位だったアザレンカは15位に、50位だったシフィオンテクは16位へとそれぞれアップし、それなりに成績はランキングに反映されているが、バーティが1位を保っていることへの違和感が拭われるわけではなかった。

論争のなか「バーティのマイアミOP連覇」

 先週開催されたマイアミ・オープンで、大坂が優勝してバーティが準決勝までに負ければ順位は入れ替わるはずだったが、大坂は準々決勝で敗れ、バーティが優勝した。この大会は昨年中止されたため、2019年に優勝したバーティの実質連覇である。ランキング・システム論争の中で居心地の悪い立場にあったバーティにとっては、面目躍如の栄冠となっただろう。ただし、優勝会見でのコメントはあくまでも強気だった。

【次ページ】 「私がナンバーワンの場所にふさわしいのだと」

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button