国際ニュース

eスポーツ英会話、「NASEF JAPAN 国際教育eスポーツサミット 2021」にて探求ベースの教育として高く評価:時事ドットコム

[ゲシピ]

ゲシピがeスポーツ国際教育の民間事業代表として登壇

eスポーツ教育スタートアップ企業のゲシピ株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役:真鍋 拓也、以下「ゲシピ」)は、2021年3月20日(土)に開催された北米教育eスポーツ連盟 日本本部(North America Scholastic Esports Federation JAPAN/以下、NASEF JAPAN)の大規模セミナー「NASEF JAPAN 国際教育eスポーツサミット 2021」に、eスポーツ国際教育の民間事業代表として登壇しました。
国際教育評論家の村田学氏らとeスポーツの国際教育への活用についてディスカッションをし、ゲシピが提供する「eスポーツ英会話」の可能性の大きさや広さについて意見交換を行い、探求ベースの教育として高く評価いただきました。

ゲシピではこれまでも「eスポーツを通して人々の成長を加速する」をミッションに、「eスポーツ英会話」や「eスポーツジム」などeスポーツに関する様々な教育事業を展開してきました。サッカーや野球といった運動、受験や資格の勉強、絵を描いたり楽器を弾くのと同じように、eスポーツを通して人は成長できるという信念をもち、そのために学び手である生徒と、教え手であるeスポーツプレイヤーを結びつけてきました。その挑戦と成果が認められ、この度「NASEF JAPAN 国際教育eスポーツサミット 2021」に参加することに至りました。

■「eスポーツがもたらすグローバル教育の可能性~ゲシピ:eスポーツ英語教育~」
世界でも若者たちの間で人気のeスポーツ。そのeスポーツをツールとして国際教育に力を入れるオンライン教育サービス「ゲシピ」の事例をもとに、国際教育評論家の村田学氏を交えながら、オンラインゲームを通じた子どもたちの英語力を踏まえた成長の過程を深掘りしました。
eスポーツ英会話については、村田学氏からも、子供たちが学びたくなる仕組みと知識を用意する「探求ベース」の教育であり、コミュニケーションの量と質を増やすのに海外の人と触れあえるeスポーツは向いており、多文化理解や言語・文化を知る事へ繋がると、高く評価をいただきました。

■「NASEF JAPAN 国際教育eスポーツサミット 2021」について
「NASEF JAPAN 国際教育eスポーツサミット 2021」(https://nasef.jp/sympo2103/)は、eスポーツやビデオゲームの活用による次世代の成長を促す手法や環境づくりなどを、改めて考え、論議しながら、具体的に実行に移すキッカケの創出を目指す国際教教育セミナーです。『eスポーツ×教育』をテーマに米国教育研究者、学校関係者、eスポーツ関係者など各分野の有識者を迎え、“教育”の視点でeスポーツがどう関わっているか、実際の事例を基にオンラインでの講演、クロストークセッションを行いました。

■ゲシピについて

会社名:ゲシピ株式会社
所在地:東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフト秋葉原ビル12階
設立:2018年1月
代表者:代表取締役 真鍋 拓也
資本金:6,044万円(準備金含)
事業内容:eスポーツ教育事業
コーポレートサイト:https://gecipe.co.jp/

– オンライン国際教育「eスポーツ英会話」
https://gecipe.jp/esports-english
– eスポーツトレーニング事業「eスポーツジム」
https://twitter.com/esportsgymtokyo
– eスポーツクラブ活動支援サービス「eブカツ」
https://ebukatsu.gg/

企業プレスリリース詳細へ
(2021/03/31-19:46)


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button