国際ニュース

オープンワールドアクション『Suicide Squad: Kill the Justice League』正式発表。ハーレイ・クインら「スーサイド・スクワッド」が“スーパーヒーロー”に立ち向かう

WB GamesおよびDCは8月23日、バーチャルファンイベント「DC FanDome」にて『Suicide Squad: Kill the Justice League』を正式発表した。対応プラットフォームはPC/PlayStation 5/Xbox Series Xで、2022年に発売する。

『Suicide Squad: Kill the Justice League』は映画「スーサイド・スクワッド」をベースにした1〜4人用のアクションシューターゲーム。開発を手がけるのは『バットマン:アーカム』シリーズを生みだし続けてきたRocksteady Studiosだ。おなじみのDCユニバースにもとづき、ハーレイ・クイン/デッドショット/キャプテン・ブーメラン/キング・シャークら4人のヴィランの戦いを描く。彼女らは頭に爆弾を埋め込まれ、政府の命にしぶしぶ従う悪党集団「スーサイド・スクワッド」。その使命はDCのスーパーヒーローチーム、ジャスティス・リーグを倒すことだ。

スクワッドに属するプレイアブルキャラクターたちはそれぞれ独自の能力をもつ。広大なオープンワールドとなったメトロポリスを探索しながら武器をカスタマイズし、スキルを育てて強化しよう。キャラクターを切り替えながらシングルプレイで遊べるほか、最大4人でのオンラインCo-opにも対応するという。

「おなじみのDCキャラクターにもとづき、素晴らしいストーリーテリングと卓越したゲームプレイを組み合わせるRocksteady Studioの技術を本作はよく示しています」と語るのはWB Games社長、David Haddad氏だ。「チームはかつてないやり方で、一筋縄ではいかないスーサイド・スクワッドを生き生きと描き、新たなジャンルを生みだす体験を創りだしています」。

またRocksteady Studiosのクリエイティブディレクター/共同設立者のSefton Hill氏も「チームが本作を公式にアナウンスし、最新プロジェクトの一端をお見せできることに興奮しています」とコメント。「Rocksteadyならではの、リッチでキャラクターを引きたたせるストーリーテリングと、ほかにないゲーム体験を創りだす革新的なプレイの特色を組みあわせ、スーサイド・スクワッドに対する独自の取り組みをお見せします」。

『Suicide Squad: Kill the Justice League』は2022年リリース予定。対応プラットフォームはPC/PS5/Xbox Series Xとなる。



クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button