ゲームニュース

「GREE」PC版終了 「招待制SNS」にClubhouseと重ねて懐かしむ人: J-CAST トレンド【全文表示】

   グリーが運営するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「GREE」が、2021年6月24日でパソコン(PC)版のサービスを終了する。SNSの先駆けとして運営されてきたが、近年はツイッターやフェイスブックが主流となった。

   かつて利用していた人は「懐かしい」と当時を振り返る。

  • 「GREE」がPC版のサービス提供終了を発表(画像はGREEのスクリーンショット)

    「GREE」がPC版のサービス提供終了を発表(画像はGREEのスクリーンショット)

  • 「GREE」がPC版のサービス提供終了を発表(画像はGREEのスクリーンショット)

利用者が1000万人を突破した時期も

   スマートフォン版は今後も引き続き使えるが、PC版ではゲームやコインの購入、チャットやコミュニティーなどのSNS機能、アバター機能なども利用ができなくなる。

   「GREE」は2004年2月にサービスをスタート。登録無料で、登録の際にau、NTTドコモ、ソフトバンクいずれかの携帯電話会社の「キャリアメール」のメールアドレスが必要だった。

   ゲームやニュース閲覧に加え、ツイッターのように140字までの文章を投稿し公開できる「ひとこと」機能や、ブログに似た「日記」、利用者間で交流できる「チャット」が備わっていた。ガールズユニット「ももいろクローバーZ」をはじめ、多くの芸能人もGREEで公式ブログを開設し、テレビではCMも放送され一時期大流行。サービス提供開始から5年後の09年4月には、利用者が1000万人を突破した。

   ツイッターには、「実は最初のSNSデビューは中学生のころに始めたGREEでした・・・ネットの世界に初めて踏み込んだサービスとして良い思い出です」、「初めてインターネットに触れたのも、トラブルに巻き込まれて苦い思いを経験したのもGREEだった」と、懐かしみ、過去を振り返る人が多い。とくに初めて利用したSNSがGREEだったという人が散見される。

   こんな書き込みも。近頃、急速に流行しているSNSアプリ「Clubhouse」とGREEを重ねる人がいる。Clubhouseは音声で他のユーザーとコミュニケーションをとれるSNSで、インターネット上では「音声版ツイッター」とも呼ばれている。利用にあたっては招待制となっており、利用には既存のユーザーからや公式からの招待を待つ必要がある。

   GREEは基本的に招待制で、招待した人はGREE内で利用できるコインがもらえる仕組みがあった。似たようなシステムということもあり、重ねる人が多いのだろうか。

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button