ゲームニュース

ファミ通.com2020年間PVランキングTOP100!2020年のニュースを振り返る【年末特別企画】 – ファミ通.com

2020年のゲーム・エンタメ業界を年間PVランキングでおさらい

 激動の2020年もあとわずか。ファミ通.comでは今年もさまざまな記事を掲載してきたが、読者の注目を集めた記事はどんな記事だったのだろうか。

 ここでは、ファミ通.comの年末恒例記事となる、2020年年間PVランキングTOP100をお届けする。

※集計期間:2020年1月1日~12月26日

ファミ通.com 2020 年間ランキング1位~10位

 2020年で閲覧数のもっとも多かった記事はNintendo Switchのおすすめソフトを紹介する記事“ニンテンドースイッチおすすめソフト57選! 歴代クロスレビュー高得点まとめ”。この記事、じつは2019年11月に公開された記事なのだが、Nintendo Switchユーザーの“おもしろいソフトを知りたい”という要望に応える形で、2020年を通してコンスタントに見てもらえる記事となった。それだけ2020年もNintendo Switchが圧倒的な人気を誇った年と言えるだろう。本記事は、週刊ファミ通で高得点を取った記事を順次更新しているので、2021年もソフトを選ぶ際の参考にどうぞ。

 なお、同じ趣旨でプレイステーション4ソフトを紹介する“PS4おすすめソフト116選! 歴代クロスレビュー高得点まとめ”も年間で6位に入っている。

 先述の通り、2020年はNintendo Switchが圧倒的な人気を誇ったが、本体が品薄状態になったのも記憶に新しいところ。そのためどこで本体を入手できるのかにも関心が集まり、2位に入った“Switch本体各種の販売情報まとめ。ヨドバシで『リングフィット アドベンチャー』の抽選販売も”を筆頭に、Nintendo Switch販売情報の記事が15本もTOP100内にランクインしている。

 ハードということでいうと、2020年11月12日に発売されたプレイステーション5関連の記事も注目度が高く、4位の“PS5のデザインが公開! デジタルエディションと2バージョンで発売。PS5向け28タイトルも発表【リリース追記】”を始め、販売情報やソフトラインアップのトピックも含めると、TOP100内に14本の記事が入り、大きな存在感を見せた。

 ソフトでは、やはり『あつまれ どうぶつの森』。世界累計販売本数が2604万本を超え、2020年圧倒的な人気を誇った同作だが、記事に対する注目度も当然のこと高く、“あつ森 セット”の情報なども含めると、関連記事が28本もランクインしている。まさに、2020年の顔といったところ。

 そしてなんといっても『鬼滅の刃』。劇場公開中の映画『鬼滅の刃 無限列車編』の興行収入が歴代1位になるなど、一大ブームとなっている『鬼滅の刃』の刃。その勢いはファミ通.comでも顕著で、アニメや映画、マンガ、ゲーム、グッズなど幅広いジャンルの18本の記事が年間PVランキングTOP100内に入っている。

【1位】
ニンテンドースイッチおすすめソフト57選! 歴代クロスレビュー高得点まとめ

【2位】
Switch本体各種の販売情報まとめ。ヨドバシで『リングフィット アドベンチャー』の抽選販売も

【3位】
【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』島クリエイターを使いこなして島を発展させる方法をご紹介

【4位】
PS5のデザインが公開! デジタルエディションと2バージョンで発売。PS5向け28タイトルも発表【リリース追記】

【5位】
ポケモン ソード・シールド』エキスパンションパス『鎧の孤島・冠の雪原』を発表【ポケモンダイレクト2020.1.9】

【6位】
PS4おすすめソフト116選! 歴代クロスレビュー高得点まとめ

【7位】
【ポケモン剣盾】攻略/ストーリーの進めかた&ポイントまとめ【ポケモン ソード・シールド】

【8位】
『鬼滅の刃』PS4&アプリゲーム最新情報まとめ。『ヒノカミ血風譚』『血風剣戟ロワイアル』の画像や動画をチェック

【9位】
【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』Switch本体セットが抽選販売開始。家電量販店Webサイトにて

【10位】
PS5はいまどこで買える? 抽選販売情報まとめ【プレステ5】

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button