ゲームニュース

カヤック、VRイベント「ソードアート・オンライン Synthesis -The Period of Alicization Project-」内のVR空間の制作企画から開発までを担当


カヤックは、12月26日・27日の2日間にわたり、アニプレックスによるTVアニメ「ソードアート・オンライン」《アリシゼーション》編をテーマに開催されるVRイベント「ソードアート・オンライン Synthesis -The Period of Alicization Project-」内のVR空間の制作企画から開発までを担当していることを明らかにした。本イベントでは、空間演出からライブ配信までの全てにゲーム開発エンジンUnityを使用して開発している。

VR空間内に出現するモニターでは、トーク番組の配信や、ここでしか体験できないVRならではの空間体験が展開される。また、VR空間に参加できない方向けにスマートフォンやパソコンから気軽に楽しめるよう、YouTube Liveで配信が行われる。

【「ソードアート・オンライン Synthesis -The Period of Alicization Project-」開催概要】

イベント名:「ソードアート・オンライン Synthesis -The Period of Alicization Project-」

日程:12月26日(土)0:00~12月27日(日)23:59

イベント特設ページ(日本語):https://www.swordart-online.net/VRFM2020/

イベント特設ページ(英語):https://www.swordart-online.net/VRFM2020/en/

参加費:無料

推奨デバイス:HTC Vive、Oculus Rift、Valve Index、Windows PC(OS10以降)

※「VRChat」への参加方法:https://www.swordart-online.net/VRFM2020/vrchat/

※携帯電話・スマートフォンではVR空間内にアクセスすることはできない。トークイベントの模様は、YouTube Liveでの配信で楽しもう。

最新のVRChat SDK3 (Udon)のプログラマブルな開発環境や新しい機能で様々なギミックや演出が入ったワールドをUnity環境で開発している。VR Chatのプラットフォーム上でカヤックが独自開発した全世界リアルタイム同期配信システムにより、音楽ライブやトークステージと同期したワールドギミックで世界中のユーザーが同時に体験することができる。



また、パーティクルなどの既存機能に加え様々なオリジナルシェーダーを開発し、多様な演出表現を制作している。

VR Chat SDKに新たに提供されたノードベースプログラミング言語「Udon」を駆使し、インタラクティブな体験を制作。フィナーレでは40分間にわたるオーケストラライブの実施を予定している。VR Chat空間に最適化したシェーダーやパーティクルシステムによるエフェクト演出を世界中のプレイヤーが共体験できる。

ソーシャルプラットフォームに向けてパフォーマンスを極限まで最適化し、美麗でフォトリアリスティックなSAOの世界観をVR Chat空間に完全再現した。

さらに、VR空間内には驚きの仕掛けなど用意している。

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button