ゲームニュース

「ZenBook 17 Fold OLED」レビュー:折り畳める画面を“持ち運べる大型ディスプレイ”と考えれば将来性がある | WIRED.jp

ノートPCモードと同じように、この画面を折り畳めるPCの全体的な持ち運びやすさには魅力を感じる。もちろん一般的なノートPCに比べると厚みがあるが、巨大なディスプレイを持ち運べるのだ。

本体の面積は小さいので、最初は実際の重さより重く感じる可能性がある。だが、重さは1.5kgと、14インチ版の「MacBook Pro」(1.6kg)より軽いのだ。重さを感じるようなPCではない。17.3インチのディスプレイを比較的気軽に持ち運べる点は、ZenBook 17 Fold OLEDの真の売りのように感じられる。

非常に薄型のデバイスなので、ポートの種類とスピーカーにまで期待することは愚かだ。とはいえ、3,500ドルもするのだから、大目に見ることもできない。最近のほとんどのハイエンドな仕事用ノートPCと匹敵する価格だが、Thunderbolt 4のポートが2つと、ヘッドホンジャックが1つしかないのだ。

音の面ではうれしい驚きがあった。ZenBook 17 Fold OLEDは満足のゆく豊かさと再現性を保ちながら、かなり大きな音を出せる。ただし、低音の響きは物足りない。

ダークブルーのマグネシウム合金製の外装、フェイクレザーでできた黒色のスタンド、厚いプラスチックのベゼルを使った端末は、全体的にきれいなデザインである。ライバル製品であるレノボ のThinkPad X1 Foldよりも本のような無骨さはなく、大きな財布兼ノートPCのようだ。それに本体とキーボードを収納するケースも付属している。

キーボードに使われているレザー調のコーティングには、機器の端を少し覆う形状で摩耗しやすい点など多少の不満はある。だが、疎水性の素材であることから、拭き取るだけで水は落ちる。ただし、全体として3,500ドルの価値を全面に体現している品質ではない。この値段はデザイン性よりも、イノベーションを反映したものだ。

PHOTOGRAPH: ASUS

レノボに追いつくための課題

繰り返すが、この世のものとは思えないほど高価格な端末の歯がゆい欠点を考えると、このデバイスをおすすめすることはできない。だが、画面を折り畳めるノートPCは、今後の注目製品になる可能性がある。

画面を折り畳めるノートPCには、明確な用途があるのだ。それはおそらく、その形状を正当化するためにあらゆる欠点を改善する必要を感じている折り畳み式スマートフォンより明確なものかもしれない。これはサムスンが優れた折り畳み式スマートフォンである「Galaxy Z Flip 4」を90度傾け、横向きにしてビデオカメラになると宣伝していることからも見てとれる。

これに対して画面を折り畳めるノートPCは、場所が限られているときにはノートPCとして使用できる。そして広げたいときには、持ち運び可能なモニターのような大画面のオールインワンPCとなるのだ。

ASUSには価格から消費者の目をそらさせる以外に、この分野で2年ほど先行しているレノボに勝つという別の課題もある。

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button