ゲームニュース

老人ホームを7年利用したら…まさかの金額に衝撃 Twitter体験談にみる「老後の備え」の難しさ: J-CAST ニュース【全文表示】

   人生100年時代と叫ばれる昨今、老後の生活に今から不安を覚えている人も少なくないのではないでしょうか。Twitterでも、資金をはじめ、さまざまな角度で老後について考える話題がよく拡散されます。

   ツイートまとめサービスのTogetter(トゥギャッター)が、Twitterユーザーによる「老後への備え」を辿ってみました。

  • 画像はイメージ

    画像はイメージ

  • 画像はイメージ

老後資金に不安あり

   2019年に金融庁の金融審議会「市場ワーキング・グループ」が、「老後資金に30年間で2000万円必要」という内容の報告書を公表して以来、Twitterでも老後資金に関する話題がつきません。

   もちろん、必要な額は各家庭の状況によります。しかし、老後資金が潤沢にあったほうが安心なのは間違いありません。そんな中、曾祖母が特別養護老人ホームに7年入った結果、施設料だけで1300万円かかった、という体験談が注目されました。

ひいおばあちゃんが特別養護老人ホームに7年入ってた→施設料だけで1300万円掛かった「老後のための貯金がネックに…」- Togetter

   投稿したTwitterユーザーによると、曾祖母の年金で支払うことができたのは7年間で400万円で、残り900万円分を貯蓄や親族の出資によって賄う必要があったとのこと。

   この体験談について、特別養護老人ホームにかかる費用の大きさへの驚きとともに「老後資金2千万ってすっごい少なく見積もってますよね!」という声も。特殊な事情で想定外の出費が発生する可能性を考えると、貯蓄への不安はさらに大きくなります。

   一方で、将来に向けてお金を貯めることばかり重視して、今の生活に張り合いがなくなるのも困りもの。

   エッセイストのあたそさんは、老後に備えるためにファッションや食事、芸術鑑賞など「今しか楽しむことのできない娯楽」をおざなりにすることについて「見えない将来のために少しずつ諦めている気がして、馬鹿みたいだなってたまに思う」と述べています。

老後に向けて2000万貯めるのは大切だけど、今しか着れない服、聴けない音楽を少しずつ諦めるのが辛い→「バランス難しすぎる」「生命維持チューブのために貯金してる」- Togetter

   あたそさんの考え方について「若いうちにしかできないことは無限にあるから、そっちが大事でしょ」という意見もあれば、「貯金や投資に回すべきお金を使わないとできない遊びは、身の丈に合っていないと思うようにしてる」という声もありました。

   今の暮らしと将来の備えについてどうバランスを取るか、人によって考え方が異なることがよくわかる話です。

老後の住まいをいかに確保するか

   「住まいの確保」も、老後の不安の代表例として挙げられます。

   自分の周りにいる社会人の独身男性たちが、「老後は保証人が見つからないから、激安中古マンションを現金一括で買って、住むところだけは確保したい」と言っている、という投稿が注目されました。

独身おじさん達が「老後は保証人が見つからないから激安中古マンションを現金で買って住むところだけは確保したい」ってみんな言っていて勉強になった – Togetter

   こちらの投稿について、将来的な住まいの確保のいち手段として激安中古マンションの購入に賛成する声があがる一方で、「中古マンションは旧耐震基準だったり自主管理の場合が多いので老後にまともに住めるかはかなり賭けになると思う」など、懸念を示す人もいました。

   老後の住宅の確保は、資金面以外にも考えるべきポイントが複数あるからこそ、議論や検討を伴って拡散されやすいようです。

「老後はゆっくり趣味を…」もままならないかも?

   もちろん、老後の備えは「生活の豊かさ」のみ確保できればよいわけでもありません。趣味や娯楽など「心の豊かさ」も大事なポイントです。

   長年趣味を持たなかった男性が、退職などをきっかけに突然「手打ちそば」や「完成に4日かかるカレー」など手間のかかる料理を始めた、という話を聞いたことがある人も多いのでは。

   この現象について、あるTwitterユーザーが「手の込んだ料理よりも『普段の食事』を作れるようになった方が家族からよほど感謝されるし、本当の意味で老後の備えにもなるのでは」という意見を投稿しました。

男の人が50歳を過ぎて趣味を見つけようと強迫観念から蕎麦打ちなどを始めたりするが、実はこういう事をやった方がよっぽど良いのではないだろうか?という意見 – Togetter

   こちらの投稿について、実際に父親が料理を始めたことで家族が苦労をした話や、逆に最初はうまくいかなかったけど最終的に良い形に落ち着いた話、また「趣味がなくても生活そのものを楽しめばいい」といった意見を述べる人もいました。

   趣味に関連して「今は忙しくてできないけれど、老後に思いきり趣味を楽しみたい」という願望に「待った」をかけるネタも鉄板です。

   たとえば「今はビデオゲームを遊ぶのを我慢して、老後の楽しみにとっておこう」と考えている人に向けて、年を取ってからゲームを始めた結果、身体的な衰えによって十分に楽しめなくなってしまったことに気付いたTwitterユーザーからの悲痛な訴えが注目されました。

ゲームは老後の楽しみに→肉体の衰えで、面白さが減衰するから止めておけという話「老眼で縮小マップで自分の向きがわからない…」 – Togetter

   Twitterでの話題を見ていると、老後の楽しみ方を一つとっても、若いうちに考慮しなければならないポイントが多いことが分かります。

   老後の生活は当事者になってみるまでどう転ぶか分からないもの。また準備に必要な要素が多岐にわたることも、不安に拍車をかける原因のようです。

   あまり悲観的になりすぎるのも考えものですが、Twitterなどの話題をきっかけに、折に触れて備えについて考える機会を作ると、将来をよりよく過ごすヒントが見つかるかもしれません。

   以上、Togetterがお送りする「3分くらいで分かる週刊Twitterトレンド出張版」でした。

   今回紹介したTogetterまとめを振り返りたい方はこちらからどうぞ。次回もお楽しみに。

まとめ一覧

ひいおばあちゃんが特別養護老人ホームに7年入ってた→施設料だけで1300万円掛かった「老後のための貯金がネックに…」- Togetter

老後に向けて2000万貯めるのは大切だけど、今しか着れない服、聴けない音楽を少しずつ諦めるのが辛い→「バランス難しすぎる」「生命維持チューブのために貯金してる」- Togetter

独身おじさん達が「老後は保証人が見つからないから激安中古マンションを現金で買って住むところだけは確保したい」ってみんな言っていて勉強になった – Togetter

男の人が50歳を過ぎて趣味を見つけようと強迫観念から蕎麦打ちなどを始めたりするが、実はこういう事をやった方がよっぽど良いのではないだろうか?という意見 – Togetter

ゲームは老後の楽しみに→肉体の衰えで、面白さが減衰するから止めておけという話「老眼で縮小マップで自分の向きがわからない…」 – Togetter

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button