ゲームニュース

SLJやタイラバゲームの食わない状況を突破する救世主!重量可変式ジョイント式スイムジグON THE BLUE「Jigggy」の使いドコロとは? | 釣りの総合ニュースサイト「LureNewsR(ルアーニュース アール)」

皆さん! こんにちは。

ON THE BLUE代表であり遊漁船「日登美丸」の船長を務めている“錦野 憲彦”と申します。ルアーニュースRでON THE BLUEの製品を紹介するようになってから、より多くの方に各製品を使っていただけるようになりました。日頃から「コレは釣れる、コレで釣りたい」、「コレはありそうで無かった」を開発の流儀として製品開発を行っている訳ですが、これまで開発してきた中でも特に特徴的で、使い方や出しドコロについて質問の多いルアーが、重量可変式ジョイント式スイムジグ「Jigggy」。

ジグに見えたりタイラバに見えたり…、はたまたミノーにも見えたり。そんな様々な要素を秘める特殊ルアーの「Jigggy」。今回は気になっている方も多い、使い方や出しドコロなどについて、この場で説明させていただければと思います。

錦野 憲彦(Norihiko Nishikino) プロフィール

SLJ/タイラバをオールシーズン案内する遊漁船「鹿児島県錦江湾/日登美丸」の船長。日々のガイドで“もっと釣れる、もっと楽しい!ありそうで無かった物”を日々考え続け開発。船上開発メーカー”ON THE BLUE”を通し、アングラーと一緒に更なる楽しみを追求することをライフワークにしている。

船上開発の「Jigggy」
タイラバ&SLJのどんな時に使う?

そもそも「Jigggy」は、オフショア・ショアキャスティングゲーム両方で活躍する万能ルアー。ただ、船上開発なので、SLJやタイラバゲームで比較的需要が多いです。

一般的にSLJであればメタルジグ、タイラバゲームであればタイラバを使う訳で、どのタイミングに「Jigggy」を使うのか把握していないと、切り替えるタイミングも難しいハズ。そこで、SLJとタイラバゲームにおける使いドコロを解説! ぜひ参考にしていただき、解説させていただいた条件に当てはまる際は、一度試してみてくださいね。

シーン1 タイラバゲームのベイトフィッシュパターン

まずはタイラバゲームの出しドコロについて解説。

マダイがベイトに付いていて、タイラバに中々反応しない時。もしくは反応はするけど中々フッキングまで至らない…。そんな時に有効なのが「Jigggy」。ジョイント式によってベイトフィッシュに似せた動きを演出できるのはモチロン、ヘッドにもフックを搭載しているので、思っている以上にフッキングを決めやすいです。

使い方はモチロン“タダ巻き”。タックルも普段お使いの物で大丈夫だと思います。

シーン2 SLJでジグのジャークに反応が薄い時

SLJの使いドコロはジグのジャークに反応がイマイチな時。

反応があってもジャークに反応しない時ってカナリあります。そんな時「Jigggy」の“タダ巻き”で魚を驚かせず警戒させずに、スーッと逃げるような動きを演出でき、バイト率アップを狙うことができますよ。

シーン3 バーチカルで食わない時

SLJもタイラバゲームも同様、バーチカルの縦の動きで食わない時はカナリ効果的! 「Jigggy」を軽く船から離すようにキャストをして、横方向へ追いやすい角度で逃げる演出で食わせます。こちらに関してはON THE BLUEのYouTubeチャンネル「ON THE BLUE」(キャスジギ動画参照)でも詳しく解説させていただいていますので、そちらで詳しい内容はチェックしてみてくださいね。

出典:YouTubeチャンネル「ON THE BLUE」

シーン4 タングステンジグではサイズが出ない時

SLJにおいて、タングステンジグでサイズが上がらない時。シルエットによるアピールとアクションによるアピールが組み合わさる「Jigggy」はサイズも出ます。ビッグルアー=ビッグフィッシュ。サイズアップを狙いたい時にも出番です。

シーン5 タイラバかジグの選択に迷った時

最後はズバリ! タイラバかジグのどちらにしようか迷った時。

迷ったら釣れなくなる…。と分かっているのに迷う。釣りをしていると良くあります。そんな時に迷う必要を無くしてくれるのが「Jigggy」。タイラバとジグのイイとこ取りだからこそ、ジグでもないタイラバでもないという状況で活躍してくれます。

以上! 「Jigggy」のSLJやタイラバゲームにおける使いドコロを紹介しました。まだまだ色々な魚種を狙って楽しめるシーズンですので、ぜひ活用してみてください。よろしくお願いします!

こちらの記事もご一緒に!

食い渋る低水温期を追い風に変える“爆釣メソッド”とは?ON THE BLUE代表“錦野 憲彦”による「Jigggyの使いこなし術」

ON THE BLUE

2019年に設立。年間釣行300回超えの遊漁船による船上開発ブランド。タイラバ/SLJ/ライトジギングをメインに「どうしたらもっと釣りが面白くなるだろう?」を常に考え続け、「これは釣れる!」と「これで釣りたい!」の両立、「コレはありそうで無かった」を開発の流儀としている。

ON THE BLUEの最新情報は以下からもチェック!

公式Instagramページはこちら

公式YouTubeチャンネルはこちら

遊漁船 日登美丸詳細ページはこちら


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button