ゲームニュース

【FGO】虚数大海戦イマジナリ・スクランブル(ノーチラス)攻略とドロップまとめ|効率的な進め方 | AppMedia

イマジナリスクランブル

FGOのイベント2部4.5章「虚数大海戦”イマジナリ・スクランブル”(ノーチラス浮上せよ)」について紹介している記事です。イベントの最新情報をはじめ、効率的な進め方を含む攻略方法やドロップの良い場所を掲載していますので、「ノーチラスイベント」を攻略をする際にぜひお役立てください。

FGOイベントまとめ

「虚数大海戦イマジナリ・スクランブル(ノーチラス)」の最新情報

ノーチラスの基本情報

期間 11月中旬
参加条件 2部1章クリア
形式 不明

放送後即スタートかも

1週間の余裕を持って生放送の告知がされているため、11/11(水)の放送後に即イベントスタートの可能性は十分あるだろう。

カルデア放送局「イマジナリ・スクランブル配信直前SP」放送予定

配信日 11月11日(水)19:00〜
出演者 大和田仁美
川澄綾子
島﨑信長
マフィア梶田

11月11日(水)19:00〜から生放送が放送予定。久しぶりに川澄さんとカノウさん以外の出演者がいらっしゃる模様。

生放送最新情報まとめ

4.5章考察掲示板を用意【New

4.5章考察掲示板

ストーリーの展開や登場サーヴァントの予想などを投稿する掲示板を用意。本記事のコメント欄は古い順に消えてしまうため、考察などを書き込みたい場合はこちらをご利用ください。

4.5章考察掲示板

虚数大海戦イマジナリ・スクランブル(ノーチラス)の特攻情報

「イマジナリ・スクランブル」の特攻サーヴァント

特攻、泥増加、絆ポイントアップのボーナスがあるとのこと。

水着以外で特攻となっているサーヴァント

水着、水着霊衣以外で特攻となっているサーヴァントは上記の9騎。フォーリナー関連かつ、スカディや項羽、BBなどの不穏なサーヴァントが目立つ。

イマジナリ・スクランブルの特攻礼装

今回のイベントでは上記2種の桜礼装に攻撃威力アップの特攻が乗るようだ。特に虚数魔術はNPチャージ礼装なので周回でも攻略でも活躍するはず。ドロップ増加礼装はいつも通り別で限定ピックアップに用意されているだろう。

「虚数大海戦イマジナリ・スクランブル(ノーチラス)」の事前予想

噂の2部4.5章

FGO_2部4.5章

雑誌での奈須きのこ先生へのインタビューにおいて明言された2部4.5章がおそらくこれ。参加条件こそゆるいが、ストーリー上は2部4章の後に相当するという公式からの注意もあるので、ストーリーに深く関わるイベントであることは間違いなさそう。

ノーチラスということでついにネモ実装?

キャプテン・ネモ・トリトン

イベントのサブタイトルが「ノーチラス浮上せよ」。ということで待望のキャプテン・ネモが実装されると予想している。ほぼ間違いなくカルデア側の味方サーヴァントのはずなので、イベント開始のピックアップで実装されると見て良いはず。

ネモの詳細はこちら

おそらくノーチラスの試験運転のこと

ノーチラス試験運転

2部4章と2部5章の間に行われたと思われる「ノーチラス号の試験運転」。2部5章アトランティスのintroで軽く触れられたが、試験としておそらく虚数潜航しているため、どこかとんでもないところに繋がっていてもおかしくはない。ちなみにカルデアからの同伴者はマシュ+ネモ

主人公&マシュの記憶が曖昧=かなりヤバそう

記憶が曖昧 ムービー収録-38-2

キャプテンが試運転をした報告をしているため、試運転自体は行われていたはずだが、主人公もマシュも内容を覚えていない。ホームズやダヴィンチからの補足情報もないので、虚数潜航先での出来事を正確に把握しているのはネモだけなのかも。

これまでのイベントで発生した事件をマスターが記憶していないのは、BBによって虚数事象化されたCCCイベントなどごく限られたものだけ。特に理由もなく記憶がないのは不自然なので、記憶を消されるような事件に巻き込まれたとみるのが自然だろう。

楊貴妃が主要人物になりそう

FGO_楊貴妃 虚数大海戦

今年の正月に実装された「楊貴妃」はストーリーつきの体験クエストもなく、オリュンポスにも登場していないのでどのような存在なのかいまいち分かっていない。今回のイベントの事前PU対象な上、水着以外で特攻に入っているサーヴァントに武則天(関係者)もいるので、楊貴妃がイベントの重要サーヴァントになる可能性が高いと予想している。

フォーリナーが活躍するイベントになる?

アビゲイル_アイキャッチ

特攻サーヴァントにフォーリナー全員とフォーリナーと縁が深いBB、術ジルが登場。さらに今回のイベントシナリオをゲストライターの「amphibian氏」が担当。ホラー、ミステリ系に強い作家さんなので、クトゥルフ色のあるイベントになることが予想される。

amphibian(あんひびあん)氏

「デスマッチラブコメ!」「レイジングループ」などが代表作のシナリオライター。FGOのアンソロジーコミック「カルデアの事件簿file.2/鎌切村忌譚」も担当されている。

人類の脅威特攻が活躍するかも

クトゥルフ神話に関連するフォーリナークラスのサーヴァントは特性「人類の脅威」を持っており、仮にイベントクエストに人類の脅威をもつエネミーが頻出した場合は、エルキドゥやキャストリアの人類の脅威特攻が活躍するかもしれない。

人類の脅威特攻宝具を持つ謎のヒロインXXも直前キャンペーンで強化されているため、CCCでの魔性菩薩や大奥での愛欲の魔王のような大ボスに刺さるように調整してきたのかも。

サクラ系サーヴァントもいるかも

BB_アイキャッチ

特攻サーヴァントにBBがいるため、サクラ系サーヴァントで未実装のカズラドロップヴァイオレットが登場する可能性もある。ただ、特攻サーヴァントには他のサクラファイブが揃っていない(派生の水着ラムダはいるが…)ので、実装される確率はそこまで高くない気がする。

サクラファイブ

BBによって生み出された5騎のアルターエゴのこと。BBが切り離した5つの感情から作られたキャラで、カズラドロップは「慈愛」、ヴァイオレットは「純潔」が該当する。

FGOにはすでに下記の3騎がアルターエゴクラスで実装済み。

“複数の海域”が気になる

ノーチラス

イベント概要の記載に「複数の海域の踏破」とあり、3.5章にあたる大奥の”踏破系”のようなイベント形式になる気がする。大奥やCCCのようにイベントマップが複数あり、ユーザーによってはやることが多くて難しいイベントとなるかもしれない。

ビースト案件の可能性も

2部3.5章にあたる大奥、1.5部の一部であるCCCコラボと、サクラ系のサーヴァントが絡むイベントではビーストが連続で登場しており、今回ももしかしてビースト案件なのでは?と予想する方もいるようだ。

前回のカルデア放送局ライト版でカノウさんが「難易度高めのイベント」と発言していたので、ビーストがボスとして登場する可能性も低くはないだろう。

イベント素材が多いイベントかも

ノーチラス特攻情報

イベント特攻の説明画像に「イベントアイテムのドロップ獲得数がアップ!」という記載があるため、セイバーウォーズのアルトリウムやぐだぐだイベントの軍備や復興資材のようなものが用意されていそう。

交換所で使用する金銀銅の他にイベントアイテムがある場合、獲得数でミッションが進んだり、マップをそのアイテムで開拓していくというイベント形式が多いため、周回時にはイベント特攻鯖を編成するのが効率よく進めるためのカギとなるだろう。

虚数大海戦イマジナリ・スクランブル(ノーチラス)

復刻クリスマス2019_アイキャッチ

ノーチラス攻略まとめ

ノーチラス直前キャンペーン

info_image_04

ノーチラス攻略まとめ






AppMedia厳選ランキング

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button